作成者別アーカイブ: sakurako

sakurako について

Sakurako,a business working woman who live in Shibuya,Tokyo.

世界で一番星空が美しいテカポ湖へ

翌日、朝から雨!あれ、ニュージーランドって、今は夏じゃなかったっけ?

慌てた私はフロントに交渉すると、なんなくタクシーを頼めることがわかり、なんだそれならもっとたくさん乗れば良かった、と思った。

閑話休題。呼んでもらってPublic bus interchangeに向かった。が、受付嬢にテカポ湖へ行くと告げたら、それならCanterbury Museumのバス停だと言う。

知らなかったよ!長距離バスのIntercityのウェブには乗り場の地図がないんだもん!

大慌てで再びタクシーを呼んだら、また同じ運転手さんで、ハローアゲイン、などと母がギャグを言い、皆で飛び乗って、ちゃんと間に合った。

バスは、クライストチャーチから3時間半揺られて、世界遺産に登録されている星空の美しい街、テカポ湖へトイレ付きバスなのに、施錠されていて使えないというありさま。運転手に聞いたら、知らない、と言われてビックリした。車内アナウンスがあり、そろそろトイレ休憩というので、ホッとしたら、そこから1時間ほど経過してやっと停車した。なぜだ?!

やっぱりここは外国だ。サービスは、日本が一番だ。

車内、娘が何度も吐いて可哀想だった。

私は、娘の看病をしながら、もしもバスが一刻も早く到着するなら、トイレも我慢できるかもしれない、とバカなことを考え、そんな自分にしみじみと、母になったなぁ、と感じた。

Discovery Tekapoで宿の鍵をもらい、オーナーの息子さんに運良く車で送ってもらって家に着いた。一軒家を借りた。2ベッドルーム。庭付き、バーベキュー設備付き。Wi-Fiは飛んでない、と言われたが、使えることになっていた。

ここで初めてインターネット環境が抜群に良くなり、母の携帯に着歴があった。

慌てて国際電話をかけたら、岡山の大叔父が昨夜、召されたと言う。

実は海外旅行に行く2日前に、大叔父が危篤の知らせを受け、大変なショックを受けていた。だが、持ち直した、と聞いていたのだ。

母は天国だから、悲しくないと言ったが、私は91歳で洗礼を受け、97歳まであと1カ月という中で、ボケることなく生きた大叔父に二度と会えないと思うと、最後にひと目会いたかった。

本当は母も会いたかったはずで、旅行中は、これおじさんが好きだから、と綺麗な絵葉書を一枚大切に買っていた。

奇しくも、元気になった娘が、夕方に雨の止んだ外に出て、夫と近所で摘んだ花が、大叔父への葬いのようであった。

夕飯は、夫が白身魚を調理し、ワインはシャルドネを選んだ。

その間、私は家の洗濯機を回し、

「なんだか、ニュージーランド人になった気がする」

と鼻唄を歌っていたら、「体型もね」と言われた。うーむ、確かに。

夜9時20分。

母が散歩から帰ってきた。

こちらの夜は明るく、10時にやっと暗くなる。

クライストチャーチ植物園.Christchurch Botanic Gardens

クライストチャーチの見どころといえば、ココだそう。来るまで知らなかった。

21ヘクタールの広大な敷地と、世界中から集められた花や緑の美しさは確かに必見。芋虫バス(キャタピラー)に乗って散策。1人20ドルで、ドイツからの観光客とわが家で楽しんだ。

必見の温室。国の象徴のひとつ、シダのシルバーファーンも見られる。

ランチ

オークランドからクライストチャーチへ

朝ごはんを食べ、10時にチェックアウト。空港へ向かい、飛行機で1時間半かけて、北島から南島のクライストチャーチへ。クライストチャーチは2011年に大震災があり、現在は復興作業中の南島中心都市だ。

街の至る所が建設中で、ワーキングホリデーで来ている外国人らが、バイトしていた。英国風の街並みは、オークランドよりも平坦で歩きやすかった。

まずは、空港から宿までバスで移動し、荷物を置きに行った。

今夜の滞在先は、迷った結果、バックパッカー御用達のようなカジュアルな宿。共同キッチンやロビーが楽しそうで、ココを選んだ。が、万が一がっかりさせられたら旅が台無しになるので、部屋だけは一番良い所にした。

夫は、夜にはビール片手にラウンジにいた。どうやら仕事をしていた様子。

今回、彼は常に誰かとスカイプで何か話していたり、移動中は本を読んだりと、オンモードで忙しそうだった。そんな彼を心配する私に、母が、「仕事の合間に観光してる、と思えばいいじゃない」というので、私も腑に落ちた。ひとり20ドル払って、のろのろ走るトラム電車に乗る。

物価は高く、500mlのペットボトル水は400円。コンテナ街。別名リスタート(再出発)と言う。ガイドブックには2017年撤去予定とあったが、その様子は見られなかった。

インスタ映え。

シェアバイク。お試し期間中だそう。

オークランドより、クライストチャーチの方が時間がゆったり流れていて、私は好きだ。

NZ最大の都市オークランド2日目

幼稚園か保育園

有名な街のシンボル、スカイタワー。

アイスクリームやさん、400円〜。

至る所にサンタやメリークリスマスの飾りがあり。外国にくると、日本ほど几帳面な国はないと思う。

芝生を見つけ、遊びたい!と娘。

観光よりも、子どもはやっぱり公園がいちばん好き。

水飲み場を発見!

これ、どうやって使うんだろ?

きゃー!出た〜!!と大騒ぎ。

こんなことで大笑い。これぞ、贅沢な観光旅行?!

ランチはそんなわけで、公園で。

調達先はこのスーパー↓

いつもなら爆買いする私も、手荷物を軽くするバックパッカー風旅行なので、お土産も買わず。

バスに乗りました。

ニュージーランドはアイスが有名らしいということで、入ったお店は超高級アイス店。

スイスのアイスクリームで、1個800円弱。普通のアイスだったけど、味は濃い。

かなり甘くて日本人の私にはキツかった。

食後はそこから歩いて五分ほど先にある、夫が以前使ったという、歴史あるオークランドオリンピックプールへ。

ゴーグルを忘れて、娘に泣かれ、係員に相談したら、あとで返してくれたらいいよ、とタダで子供用ゴーグルを貸してくれた。

旅は人の情けがありがたい、としみじみ。

サウナやスチームがあり、男女共同。

ここは水泳帽子なしで使え、おまけにプールサイドを上の写真のように、土足で入れる。

ゆるくて、ラク。まさに、外国。

代官山プールだと、少し走っただけでも、ロッカーに鍵を忘れても、係員が走ってきて注意される。

自己責任スタイルの外国の方が私には気楽で好きな気がする。