作成者別アーカイブ: sakurako

sakurako について

Sakurako,a business working woman who live in Shibuya,Tokyo.

30-40代前半の既婚女性「子供なく肩身狭い」5割

本日の日経新聞の社会面に、民間調査の結果がタイトルに踊っていた。

私はこれを呼んで思った。私が独身の頃は「夫なく肩身狭い」、そう思っていた。幸い、その後、結婚に恵まれ、一気にコマを進めて今は子がいる。

さて、そんな私の心境は、これまた今朝の日経に載っていた、「子供たちには楽しい夏休みだが、働く親には悪戦苦戦の季節」であって、「仕事に忙殺され、子供と接する時間が限られると親は罪悪感を抱きがち。特に母親は、物理的にも心理的にも葛藤を深めやすい(女性面原文そのまま)」。

結婚しても、子供が居ても、満ち足りることは難しいのである。


満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。 (テモテの手紙I 6:6)
私はどんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。(ピリピ 4:11)

私はいったい、幾つになったらキリストの弟子のように、学びました、と胸をはって言える日が来るのであろう。
神様、こんなに歩みがノロい私で、すみません。それでもいつかきっと、こんな私でも役に立つ日がくるだろう、と信じて生きているのである。

2018 Summer in Shingapore

今夏のわが家は、シンガポールへ家族で旅行し、約一週間余滞在した。
が、夫は仕事で多忙を極め、海外にいても、日本と始終連絡を取り合い、睡眠不足に陥っており、一緒に居て今回ほど、海外に無理して来なければよかった、と後悔したことはなかった。

やはり、旅先では仕事から離れたいもの。唯一、最終日に宿泊したフラトンが、ラグジュアリー好きの私には大きな慰めになった。

シンガポールの有名ホテルと言えば、最上階にプールがある、マリーナベイサンズが超人気だ。

が、夫の友人が「絶対にフラートン」というので、今回はココを選んだ。
結果として、私は両ホテルを訪問する機会に恵まれたが、私は、“Miss Tanaka”と常に私を呼んでくれる、フレンドリーで歴史のある、上品なフラートンが圧倒的に好みであった。

※ちなみにフラートンでは、誕生日を迎えた夫のためにチョコレートケーキや風船を用意してくれ、部屋もグレードアップしてくれたほか、娘のナイキシューズを加えた家族全員分の靴を(無料で)磨いてくれたという、ホスピタリティの良さです。

久しぶりに訪れたシンガポールは、やはり国際都市であって、ふだん東京・渋谷に住む私としては、お正月に出かけたニュージーランドの大自然の方が遥かに素晴らしかった、と思うのであった。

こどもサマーキャンプ申込開始!

前回書いた、記事のリマインド。
おススメ夏の子供キャンプ

お申し込みは本日から受付開始。キャンプの詳細はコチラ。教会に集っている方の参加がもちろん多いのですが、毎年始めてくるご家族もたくさんいます。
参加人数は、約150人ぐらいから200人とその年によって異なります(※大人含む)。価格もリーズナブルで、素朴な雰囲気ですが、私が一番気に入っているのは、ママにもリラックスできる環境ということ。うちは母子で例年参加しています。(^^;)

初めてブログを見て、参加していたいけど、知り合いがなくて不安だなという方がおられましたら、私宛にメールくだされば、フォローさせて頂きますので、ぜひ興味があったら参加してみてください🎵