お盆だよ、浅間山3泊4日国内旅行

ここ最近、夏休みは必ず海外だったが、今年は予定が狂い、計画ゼロになった。

ところが、急遽8月12日に長野県上田まで、私に用事が出来た。お盆に新幹線移動かと肩を落とす私を見て、それなら一家心中しよう、と主人が車を出し、家族旅行がお盆の数日前に決まった。しかし、お盆真っ最中に、車で移動って、どうなの?

責任を感じて、渋滞予測をネットで調べてみたら、10日土曜は早朝から道路が真っ赤だ。夫と相談し、金曜夜に移動を決めた。数えてみたら、3泊4日である。思えば、わが家が夏に車で4日間も国内移動するのは初である。

ところが、それは、海外旅行に匹敵するような、充実ぶりだった。
どうしてか?
それは、行く先々で、その場所に応じた恵みがたくさん、あったからである。
私たち家族を助けてくれ、親切にしてくれた人が数多くいた。
その方たちの背後におられる神さまに、深く感謝である。

着くまで知らなかったが、西軽井沢には、娘の友達がたくさんいた。
心配していた娘の過ごし方はどこへやら、彼女は終日友と遊び、私は夫と過ごせた。

日曜は、知人宅の別荘に移動した。
二階建ての、そのお宅は面白くて、各部屋にネーミングがつけられていて、誰もが泊まれるよう、注意書きや、お部屋の使い方メモが吊るされており、私たちが利用させて頂いた部屋は、「マルタの部屋」という名がついていた。

マルタといえば、あまり印象がよろしくない。
新約聖書ルカの福音書に出てくる、女性の名で、こんな箇所がある。
「マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていた・・・」

私は、このマルタと自分はとても似ていると日頃感じていた。
なぜ、この人の名前をここにつけたんだろう、と訝しく思った。

もう少し聖書のくだりを紹介しよう。

マルタは、聖書の中でマリヤと比較される女性である。現に神の子であるイエスにこう注意される記載がある。

「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

今思うと、私の生き方に対して、神様がこういってるのだろうか?
え?考えすぎ?? 

閑話休題。

さて、知人の庭には、ブルーベリーやブラックベリーの実がなっていた。
家主が娘に「好きなだけとっていいわよ」と言ったので、私は喜んだ。
というのも、事前に娘を退屈させないよう、調べていた軽井沢や佐久平情報には「ブルーベリー摘み放題」があって、体験させてやりたかった。けれど、結局その暇がなかったのだ。

それが、思いがけない場所で、しかも自然な形で体験とは、なんて、ありがたいんだろう!(ちなみに同地区のブルーベリー摘み体験は300円~2000円が相場)

お友達と、摘んだブルーベリーをいただく。

その夜、6人でする食事が、その日突然、友だち一家も加わって10人で頂いた。
足りないかもしれない、と言っていた奥さまだったが、十分足りた。

昭和の食卓にタイムスリップしたような大人数の卓上は、私にとって懐かしく温かかった。

月曜朝、上田に出かけた。
行ったら、とても良かった。

帰り道は4時間半と、少し渋滞したけれど、神さまが、わたしはお前を愛する。もっと、もっと、自分のためにではなく、わたしのために、よりよく生きろ、と仰っているような気がした。

お盆移動はツラかったが、行ってよかった浅間山近郊旅行だった。

子供のお泊りで2人っ子の親気分

暑い。
日に日に、記録的暑さが更新されていく渋谷である。

先々週は2泊3日で、毎年恒例の「西軽井沢子供キャンプ」へ行ってきた。ありがたいことに去年初参加した親子2人に加え、新たに7人(親含む)が初参加となって、賑やかな一行になった。

そして先週は、朝早く仕事があるママに春から頼まれていた、子供のお泊りを実行に移した。渋谷にある英語のサマープログラム(Vacation Bible School)に通わせたい、2泊頼む、というのが理由だ。
「泣かない?」と心配気に聞いたら、鼻で笑われた。実際、泣くことは全くなく、むしろ、うちの子の一人のようにふるまっていた。1つ年下なのに、たくましい。

職場で、「うちに娘の友達が泊まりに今、来てるんだよね」と、同僚に話したら、
「共働きで、子供預かるんですか?!」と、驚かれた。私も後から(だよね・・・)と自分はバカなのかな、と思った。というのも、やっぱり子供を預かると緊張する。夜はちゃんと寝ているかが気になり、夜中に何度も様子を見ていた。

おまけに、朝は早起きだ。テンションが上がっているから、5時に起きる。それなのに、外出時間になって準備が出来ていない。最後は鬼の形相で、「私は働いているんだから!」と怒鳴るダメママであった。

それでも、
楽しかった。

子供が家に二人いるって、こんな感じかなあ、とぼんやり思った。
その気持ちは主人も同じだったようで、朝目覚めてリビングに来ると、「家の中が一気に子供がいる家になった」とつぶやいていた。

パジャマ姿でソファに寝っ転がって、スポンジボブを観ている姿も、床に座って、何やら遊びを生み出している姿も、すべて微笑ましかった。

親は大変になるけれども、こういう経験は夏休みだからこそ、できる。
楽しい思い出や経験を、たくさん積ませたいものである。

God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try.By Mother Teresa
神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていないわ。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。(マザーテレサ)

真夏の知人宅(わが別宅)

娘は、西軽井沢子供キャンプ、近所のサマースクール(Vacation Bible School)と、普段の学校生活では味わえない思い出をたくさん作り、友だちと遊ぶ夏を満喫。

日曜は、私のために時間を使おう、と親しい知人宅に、上がり込んだ。
その家には、都内近郊というのに、たくさんの夏が転がっていた。
蝉の抜け殻

ゴーヤ

ワンちゃん

明けて「月曜から学童ね」と昨日頂いたトマトを入れ、娘のお弁当を作ったら、なんと、娘38.0の発熱!
・・・親の描く通りの夏休みは難しい。

HPE Discover Forum Tokyo 2019 夏セミナー

一昨日あたりから梅雨明けした東京。
暑い。一気に夏になった。こういう時はセミナー会場で涼むのがいい。

と、私が書くとサボっていると思われるので、一応言い訳しておく。

昨年からプロモーション担当になったことと、7月から勤務時間を1時間増やしたので、外出の余裕ができ、今朝はANAインターコンチネンタルホテル東京(赤坂)へ直行した。

外部セミナー参加は久しぶりだ。私にとって見慣れた光景に、久しぶりだったからハッとした。なぜ女性はこんなにも居ないのだろう?なぜ女性スピーカーは居ないのだろう?なぜ女性は出世しないのだろう?

アメリカから来たと思われる金髪女性の背中が見えて、しみじみと日本はこういう国だよな、と思った。

さて、そんな社会観を抱きながら、私がHPE(ヒューレット・パッカード エンタープライズ)の大イベントに来た理由は3つ。

1:トップの喋りを聞きたかった。
2:プロモーション担当の立場から、運営方法からプレゼン法まで勉強したかった。
3:私の好きな元HPの富岡徹郎さんの居た会社に興味を持った。

富岡さんな現在、国際基督教大学(ICU)の理事長代理で、私と同じIT企業で、転職後にインタビューへ協力していただいた

取材中、印象的だったのは、彼が辞めた会社のことを熱く語った姿だった。
「HPがいかに素晴らしい会社であるか」とHP創業者による「11のシンプルルール」を教えてくれた。

「聖書の言葉じゃないか、と思うような文章が並んでいるでしょう?」と富岡さんは笑った。

会場のプレゼンテーションでは、日本の社長が富岡さんの雰囲気に似ていた。米国から来たプレゼンテーターは、HPがいかに素晴らしい会社かとビデオを流していて、見ながら、富岡さんの話を思い出していた。

もし今でも、創業時の理念が生きているなら、転職したくなるような会社である。

高き理念を持った企業というのは、社会にとって不可欠であり、利益を出している企業は自社だけでなく、周囲を幸せにする取り組みをたくさんしてほしいと思う。