祝・山口周「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」

今日は代官山蔦屋で久しぶりに朝カフェ。そこで見つけた、写真入りの山口周!

ビジネス書大賞準大賞2018の他に、なんだか別の賞もいただいたのね。良かった、嬉しい!

桜子による山口周インタビューはこちら

私は彼が好きである。もちろん、友として。

だから、彼の活躍は大変嬉しい。皆さん、良かったらぜひ書店やアマゾンで購入ください。

「負け犬の遠吠え」酒井順子氏の柿


主人が娘に「はい、コレ」とたった1つの柿が入ったビニール袋を手渡した。

「わあ、柿?!」と、娘。

「なに、それ、Aくん(社員からもらったの)?」と、私。
深い意味もなく、何気なく聞いた。いつもならスルーする話だ。だが、ここで夫が言った。

「サカイジュンコさんっていう人。桜子、知ってるかな?」

頭の中にサカイジュンコ…と書いた。知らぬ。

「負け犬の遠吠えっていう(本を書いた)」と、主人の返答を聞いて、合点がいった。それはもしや、週刊文春で連載してる、元博報堂の、私がちょっと憧れている「酒井順子?!えーっ?!すごーい!!!」

最近、主人は名のしれた人と会っている。いや、呑んでいるのだろうか?
よくわからないが、それもこれも、渋谷のラジオ番組に毎週火曜日、レギュラー出演しているせいだ。今秋から頼まれたラジオ出演は生放送で、多忙な夫にその定期活動はあんまりだ、と私は当初、反対していた。しかし、にわかに羨ましく見えてきた。

「来週は、〇〇〇〇さんと会うんだよね」

夫がボソッとつぶやいて、こういうとき私が感動するのは、夫がその話に浮かれるわけでもなく、自慢げに語るわけでもなく、まるで隣の佐藤さんと会うかのごとく、淡々としている点である。

平常心、大事なり。見習うべし、ミーハー桜子。

主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない

今年のクリスマスがやってくる。

わが家は恒例のアドベントカレンダーに、お菓子を1つずつ入れて、その日を指折り数えることにした。

去年と違う点は、字が読めるようになった娘のために、みことばも1つずつ入れた。

今朝のみことばは、コレ。

みことば、というのは、聖書の言葉を指す。

大人の私でも、しびれるような、一文だ。

そうだ、誰もが素晴らしい朝を迎えるわけではない。

会社や学校に行きたくない人、今日という1日さえ、死にたいと思う人や、希望が見出せない人に、この聖書の文章は、心に深く染み込む。

そういえば、私も、色々な人生の局面を経て、今日まで生き抜いてきたとぼんやり考えながら、この言葉は真実である、と思った。

今日も一人一人の上に豊かな神様のお守りがありますように。

ママ友のクリスマスプレゼント

今日ママ友から、ひと足早いクリスマスプレゼントをもらった。

娘でなく、私に、というのが、うれしい。

開けたらジンジャーの香りがした。

買ったとしか思えない出来栄えのクッキーは、なんと、手作りだ。

これを作った彼女は、3人の子持ちで、金曜日が洗濯と料理のピークで一番疲れる、と言った。

なのに、これ、私のこと、思い出して作ってくれたんだね。じーん。

ともあれ、今年はこの彼女と親しくなった一年でもあった。

彼女は外国人で、日本人の友達はぜんぜんいないといった。子供達を有名なインターナショナルスクールへ通わせているが、それはどうやら大使館の関係らしく、そこて知り合うママとは、一切(日本語が話せないから)会話しない、と言った。

で、私は娘の関係で、彼女と知り合った。

私の英語は拙いが、言葉が流暢でなくとも、聖書を間において、私が元気のない時には、私の手を取って、祈ってくれた。

また、ある時は抱きしめて、祈ってくれた。

それがどれだけ私の日常を勇気づけてくれたことだろう。

ビバ、聖書。ビバ、友達。

主に感謝するクリスマスのカウントダウンが、いよいよ明日から始まる。