堀江貴文の新書「すべての教育は『洗脳』である」を読んでたら

「ブログで稼げる」とホリエモンに、昔言われた記憶が甦ってきた。

桜子ブログ限定の単独インタビューをしたときである。

当時、私はそれをヨイショと勘違いし、「いやいや」と苦笑いして本気にしなかったのだが、
今思えば、彼が私を褒める義理はなかったし、そもそもお世辞が嫌いそうなタイプだった。

惜しいことをしたもんだ。
あれあれ、私はどうして素直にホリエモンの言葉を受け入れなったのかと内省していたら、
先ず第一に、“私には出来ない”と思っていた。これをホリエモンは『洗脳』と呼んでいた。
なるほど。本を読んで、しばし空を仰いだ。

ホリエモンの本は、先月インタビューした山口周(経営コンサルタント)の発言ともかぶった。


山口「ホントはたくさん選べる道筋があるのに、自分で自分の可能性を凄く狭くしている気がします。この会社じゃ親に言えない、とか大学の同期に馬鹿にされるとか、みんないっぱい、みっともない自分にならないようにウヨウヨ考えていると思うんですけれども、それがなくなった途端、非常にシンプルに自分が楽しいことや、住みたいところを素直に選べる気がしますけどね」

出産して職場復帰したら、よその会社の人から、「なんで会社勤めしているの?」だの「どうして好きなことをしないの?」と言われることが増えた。つまり、夫の収入をベースに、妻の君は好きなことをして生きればいいじゃん、というアドバイスである。

それで、私もずっと、言われて初めて、好きに生きていいのか!と思い直し、自分は何が好きなんだろう、とアラフォーにして遅い自分探しの旅をしはじめているわけだけど、聖書の言葉も思い出した。世界一の富を築いたソロモン王の言葉だ。


私はこのむなしい人生において、すべての事を見てきた。正しい人が正しいのに滅び、悪者が悪いのに長生きすることがある。あなたは正しすぎてはならない。知恵がありすぎてはならない。なぜあなたは自分を滅ぼそうとするのか。
悪すぎてもいけない。愚かすぎてもいけない。自分の時が来ないのに、なぜ死のうとするのか。
一つをつかみ、もう一つを手放さないがよい。神を恐れる者は、この両方を会得している。


幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。
それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。
知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。
その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。
その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。

知恵ある者になりたいものである。~~~\(‐ ̄ )

by桜子


書籍メモ:(「すべての教育は『洗脳』である」抜粋、一部私の編集)

・日本には、僕のような「我慢しない人」を軽蔑する文化がある。そして、「我慢強い人」を褒め称える文化がある。
・投資の本質は先読みだ。自分が何を求め、どんな社会でどう生きたいのか考え抜くことが求められる。
・インターネットの登場がもたらした恩恵は・・・(中略)「所有」の価値を著しく下げたこと
・これからの幸せは「快」のシェア・・・(中略)つながりが関わった人たち全員に豊かさをもたらす。この共感が、これからの世界を動かす原動力だ。
・自分が好きなもの、楽しいと思うものを形にしたら、それに世界中の人が反応してくれた。(例:ピコ太郎)
一つにつながった世界では、こういったグローバル級のヒット現象が当たり前のように巻き起こるのだ。(これからの時代はスペシャリスト)
・没頭している何かについての価値判断より、できていない部分の量によって「バカ度」を図られるのが学校という場なのである。自分で自分のやることを決め、それによって生きていくのであれば、オールB人材でなくてもいい。
親、教師、世間の大人(中略)は、子どもや若者の「没頭」を極端に嫌う。欲望はコントロールできない、という理屈からだ。学校は「禁止」で洗脳する。非常にコストの安い教育手法だ。教師は禁止の柵からはみ出したものを叩いておけばいい。今からでも遅くない。「~してはいけない」という禁止の言葉がよぎったら全力で抵抗しよう。
・大切な教養はそれぞれが好きなことをしていく中で、必要なタイミングで身につけるものだ。
・投資型思考が(中略)大切にすべきは「コスパ」だ。時間対効果、費用対効果。重要なのは知恵。
・「手抜き」で「やりたいこと」の時間を作れ


小学生アフタースクール問題を先取り

わが社には、働くママパパクラブがあり、今日は数カ月に一度の会合が昼休みにあった。
会合といっても、集まって一緒にご飯を食べるだけ。
それでも私の貴重なコミュニティ場に、私は喜々として参加した。今日の参加者は11人也。
口をモグモグしながら、私のアンテナが最も敏感に反応した話題は子の小学校問題である。

すでに子が小学生デビューしているワーママらによると、
小学生になると
①鍵っ子になる ②学童に入る
これは至極当然ーーと受け入れていたが、いかんせん、専業主婦の家庭で育った私はまずそこでモヤモヤした気持ちになってしまった。

まず、“鍵っ子”に私は少し、いや、とてもネガティブなイメージを持っている。
平成の今は違うのだろうか?

昭和の時代は、鍵っ子といえば経済的に恵まれない子が多かった。
(あるいは私の住んでいた地域だけの問題だったのかもしれない、それはよくわからぬ)
学童についても、家庭に何らかの事情がある、という子だけが入っていたので、
幼心になんとなく暗い印象を覚えていた。

今の時代は、働くママが増えているので、鍵っ子の実態も違えば学童の子も多いと推察するが、私は娘が小学1年になったら、家でクッキーでも焼いて、「おかえり〜」とエプロン姿で迎えてあげたい気がする。
あくまで理想だけど。

夫は先日、そんな私を知ってか、
「べべ、小学生になって学校が終わったらさ、パパの会社においで。パソコンとか使っていいよ」
と、言っていた。

「うちで、プログラミングとか覚えたらいいじゃん」
と、早くも娘にPCを与えることを楽しみにしているふうであった。

なるほど夫の会社を学童化する、という手段があったか!と、私は目から鱗であった。それなら、娘の放課後も安心である。
とはいえ、夫を頼りにするには限界もある。
学童があるだけでも十分ありがたいとは思うのだが、どうしても“家庭”のような、ほっと寛げる場で私が帰宅するまでは子供をリラックスさせてあげたい、と思うのは高望みなのだろうか。

まだ見ぬ世界に向けて考えることは次から次へとキリがない。


元電通で文筆家兼コンサルタント、山口周氏インタビュー

「世界で最もイノベーティブな組織の作り方」「外資系コンサルの知的生産術」「読書を仕事につなげる技術」「天職は寝て待て」など、多数のビジネス本を出す外資系コンサルタントで元電通・ボストンコンサルティンググループの山口周氏は現在、住まいを葉山に移し、朝はボディーボードを楽しみ、夜は薪ストーブの火を眺める、という優雅な暮らしを送っている。

折しも、葉山には私の好きな友達パリちゃん一家が住んでいるほか、
近所のママ友の別荘もあり、私にとっては大切な人たちが生息している場所。
そこに彼も加わってしまった。

にしても、現役バリバリで、なぜいま、葉山に?!

色んな疑問に答えてもらいました。
他のビジネス誌には乗っていないような話も聞きだしたと思うので、ぜひ、ご一読いただければと思います。
こちら→桜子が聞く!先駆者たちのワークライフバランス

Yamaguchi_Shu_Sakurako
「今の生活の満足度は80点。あと、20点は勉強会やれたらいいと思うんですよね。なぜって?なんか、その方がかっこいいから。僕はほっとくと何もやらないんですよ。デレデレするのも、大好き。寝るのも、大好き」
by Shu Yamaguchi


恵比寿で新年、水蓮会(女子会)

IoTの会合で親しくなった社長からお声がけを頂き、キャリアウーマンの集う、新年女子会に伺いました。


唄もあり、

笛の音が響く、恵比寿のビストロ石川亭。


他のお客さま、びっくりしたと思う。貸切でなかったから…。

開会は、会長の人材派遣会社プールジャパンの杉田社長の挨拶から。

今年で5年目の会。

参加者は、会社員で頑張ってる女性から起業家、理事長、バレリーナと多士済々。

久しぶりにネットワークが広がり、しばし独身時代を思い出したのでした。


会社で起こったコワい事件

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
VOL.2 日々是                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        *.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*:
                人生、勉強

と、明るく書きつつ、先日とんでもないことが起こりました・・・。

去年の暮れ、赤坂で昼ごはんを食べていたら、以前仕事でお付き合いのあった方から
「大至急、お電話下さいっ」という切羽詰ったメッセージ。
急いで連絡したらなんと、お金を貸して欲しいとのこと。

“金銭の貸し借りはいけません、友達同士でもやめましょう” は、肝に銘じている。

・・・はずだった。

なのに聞けば、お財布を落として窮地に陥り困っているとのこと。
知らない仲ではなかったので、寸前まで迷いつつも、貸してあげた。

それなのに。

そう、皆さんのご想像どおり。彼が、どろんっですよ。どろんっ。
昨日さっそく彼の同僚とお会いしたところ、「実はですね。社内で同じことが何件も
発生しており・・・。」

( ̄○ ̄;)! ま、まじっすか~。

消費者金融に追われていた。家にも帰っていなかった。実家には電話が鳴り響いて
いる。

こんなこと、あってもいいんですかーっ。新年早々、ドラマに出演した気分。

それでも、まだどこかで、その人を信じたい私。「返すつもりでいるんですよね。」
あるいは、「返すつもりで『いた』んですよね。だから私の口座番号聞いてきたんで
すよね。」今、私はPさんが、悔い改めて謝ってくれるのを待っている。

どうにもこうにも、今日はこれを書かずにいられない気分。
思わぬかたちで、ある人のイチ人生を垣間見た気分だったのでした。

by 桜子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※これは私が2003.1.31に書いた某メールマガジンの編集後記です。

昔、自分が書いた記事は、色んな出来事を思い出すことができて懐かしいです。
(当時はガリレオのスタッフのみなさんに大変お世話になりました;;)

ちなみにこのときは4万貸した記憶があります。
(今から大阪出張に行くから、というのが彼の貸してくれ理由)。
お金を貸してあげる数か月前に、この人から「付き合って」と言われ、
ノーと返事をした私は、そういう人がこういうことするんだ・・・と、
その後しばらく人間不信になりました。