タグ別アーカイブ: Bible

少女パレアナ『なんでも喜ぶ』ゲーム

「少女パレアナという本がお薦めですよ」とJOY DAY20を読んだdurianさんが日々喜びにチャレンジする私に角川文庫を紹介してくれた。

000190.jpg

>主人公のパレアナは【なんでも喜ぶゲーム】をするのが大の得意で周囲の人々をそのゲー>ムの中に巻き込んで明るくさせていくのです

 当初このコメントに半信半疑だったが、本屋さんで手に取ってみると面白そうだった。結局買って読んでみたら、パレアナというのは「亡くなったお父さん(牧師)に教わって、物心ついたときから何でも喜ぶゲームというのを実践する」という少女で、durianさんの言ってることはホントだった。(!)#durianさん、すみません。

 例えば、お人形が欲しかった少女パレアナに、松葉杖が届いた。
そこにはこんな紙がついてあった。
「人形がないから杖を送る、だれか杖のいる子もあるだろうから」と。

さて、このパレアナは、それをどう喜んだでしょう?

1.松葉杖を人形だと思いこんだ
2.松葉杖をもとに、人形を彫って作った
3.松葉杖が松葉杖であることに喜んだ

正解は、3番。

すぐに喜べなかった彼女に対して、お父さんが次のように教えてくれた。
すなわち、パレアナは松葉杖をいらない子である、ということを。

それで彼女はこう言うのである。

「杖を使わなくてもすむからうれしいの。
 ね、わかったでしょう--わかればとてもやさしいゲームなのよ」

(中略)

「それからずうっとやってるのよ。
 喜ぶことを探し出すのがむずかしければむずかしいほどおもしろいわ。
 でもね、ときどき、あんまりむずかしくてどうにもならないこともあるのよ。
 --お父さんが天国へいってしまって、婦人会の方たちよりほかにたよりに
 する人がないときなんかね、とても難しいわ」

 ホロリbikkuri-emo.gif

 今月、自分ではただなんとなく喜び実践をしているが、サンフランシスコの女性といい、少女パレアナといい、世の中で喜び探しというのは、案外どこにでもある発想なのかもしれない。

 今朝も電車の中で「少女パレアナ」を読んでいたのだけど、彼女の喜びに比べると、私の喜び日記はまだまだ序の口、という感じで、どうも嫌々喜ぼうとしている辛さがにじみ出てしまっている。

 それにひきかえ彼女の喜び方は純粋であり、健気であって、大きな力になっている。通勤ラッシュだというのに、朝からにわかに涙腺が緩んでしまう。

 またまたホロリ。bikkuri-emo.gif

 夏の読書にお薦めです。☆5つ、ぜひ。

エレナ・ポーター
Amazonランキング:7007位
Amazonおすすめ度:



JOY DAY22

ba_016.jpg

今日うれしかったこと。

・朝、知り合いにばったり会った→彼女はクリスチャンで自転車からわざわざ降りて話しかけてきた→スゴく嬉しかった

・二年ぶりに知人らと再開し、会食して楽しかった

・会食中、二人ともニコニコしていて笑顔が眩しかった

・別れ際、一人が小田原土産をくれた→その心配りに感動した

・嫌われてるかと思ってた人からメールがきて何か面白いことない?と聞かれた→なんだ、嫌ってなかったのかと胸をなで下ろした

・今やってる社外活動を話したら、スゲー面白そうと言われ、言われたら面白いような気になってきた

・社外の人から香港行きを頼まれた

・家に帰ったらホッとした→暖かくて安らげる家が与えられていてホントにありがたい

思えば、この瞬間のために連日働いているような気がする。


JOY DAY10

000244.jpg

詩篇37.4、5

主をおのれの喜びとせよ。
主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

あなたの道を主にゆだねよ。

主に信頼せよ。

主が成し遂げてくださる。

※三回目


JOY DAY9

考えてみれば、 生きているということにも締め切りがある。

 その日がいつかはわからないが、 良い作品を残したいと思っている。

 

 

flower2.jpg 

いのちというのは、自分だけのものじゃなくて、

だれかのために使えてこそ、

ほんとうのいのちではないかと思いました。 

何か人の役に立てた時、

いのちがいちばん躍動していると思うと同時に、

自分自身の中にも感謝の気持ちが出てきます。

 

 

by Tomihiro Hoshino