月別アーカイブ: 2010年1月

マルタ島からのお客様

人生はつくづく驚きの連続だと思う。

私は明後日からオランダへいくにあたって昨夜はその打合せがあり、

本日は会社で仕事がたくさんあって夜も大切な約束があり、

明日は出発前にやらなくてはならないことが山ほどあるのだが

なんと

なんと

なんと

もう、本当にビックリだよ。

ふだん滅多に電話してこない弟が、携帯から、勤務中の私に連絡をしてきた。

「もしもし?フレンツさんがいらしてるよ」

「!?」

「J.Flanz という方が今、僕の目の前に立っているよ」

私は、しばし考えた。

それって、もしかして・・・・・・・・・・・・・マルタ島!?

「そう」

ってーーーーーーーーーーーーーー!!びっくりびっくりびっくりびっくりびっくり

彼女の名前は知っている。
昨年、上海からの帰り道に飛行機で隣だった方が、マルタ島に住む女性だった。
そのことはたまたまブログに書いた(マルタ島からの手紙)けど、
なんと、わが家に訪ねてきた!

っていうか、何も聞いてないし!!

私、仕事中だし!!!

さっそく電話を代わってもらった。
先月末アリゾナへ行ってきたから英語はすらすら喋れた。

「残念だけど、私はいま会社で今夜も忙しくて会えない。
 どうして前もって言ってくれなかったの!?」

「決まってなかったの。台湾(?)へ行く途中で日本に立ち寄ったの」

聞けば、来週の月曜日まで日本にいるという。
せっかく我が家に訪ねてきてくださったのにここでハイさよならなんて、
非情なこと言えないよ~(><。)

「私、日曜日にオランダへ行くんだけど明日なら時間つくれると思う。
 どこのホテル泊まっているの?」

「あ、ちょっと待って」

しばし沈黙があって、電話口から話し声が聞こえてきた。
あれ、母の声。なんだ、いるんだ。よかった、彼女は英語が喋れる!

「ハロー、ハロー」

私は頭の中が大混乱だったので、ともかく母に取り繕ってもらおうと
電話を代わってもらった。だって、あんまりにもびっくりしすぎて、
今すぐ明日のことを即決なんて出来ないよ!

「とりあえず、うちに入っていただいた方がいいかしら?」
と、母が言った。

げ。玄関先!?

そっか、突然、見ず知らずの外人の方が来たんだもんね。
うちの人たちだってさぞ、びっくりしただろう。

だけど、私だって実のところ、彼女のことを知ってはいるけれど、
ちょっと飛行機の中で話した程度で、すごく友達というわけではない。

警戒する気持ちもちょっとわかる。

結局、うちにあがっていただいて、その間、私はパソコンに向かいながら
明日のことを考える。さて、どうしよう。

オランダ・フードバレー視察旅行(the Netherlands)

125px-Flag_of_the_Netherlands_svg.png a trip to the Netherlands

NPO活動の一環で、1月31日から2月7日まで
1週間のオランダ視察旅行へ出かけることになりました。

「オランダに何しに行くの?」

と聞かれるのですが、これは昨年香港出張したことに付随して、
NPO雪氷環境プロジェクトに携わっている関係上、世界的な食品産業クラスター
の先進地として有名なオランダフードバレーを訪問することになったのです。

「オランダフードバレーってなに?」

というのもよく聞かれますが、これは後日レポートします。

ところで、オランダへ行くということになり、羨ましがられたりしますが、


オランダ、サムい。

でも、宿泊はホテルオークラアムステルダム(Hotel Okura Amsterdam)
※オランダ 5 つ星ホテルの中でも最も洗練された最高級ホテル

なので、ホテル大好きな私としては、ホテルライフに期待しつつ、
しばし、厳寒に耐えてこようと思います。

○ワーヘニンゲン大学リサーチセンターについて

・大学附属のリサーチセンターは、オランダ国内の他大学にもあると思われるが
 他大学(他分野)でも、WURと同様、企業との密接な成果・連携を達成しているか?
 WURが特に顕著だとすると、特に、取り組んでいることは何か?
 (例えば、組織機構、予算、理念、構成機関(ビジネススクール、研究所…)、協力機関…)

○関係機関について
●NIZOについて
・NIZOの設立のキーパーソンは誰?
・委託試験研究で経営的に成立しているか?
 (補助金の活用?機器購入予算は売上で捻出できているか?)
・経営を軌道に載せられたポイント
 (突出したスペシャルな分野を保有?最初から食品分野全体で対応?)

●TNOについて
・TNOの設置がこの地になった理由?
 (関連大学の有無?地理的要因?)

○その他
・労働者について
 研究所及び企業の労働者は移住してきた方が多いと思うが、
 住居や宅地の供給について、国・市の関与などあるか?
・職住距離(まちづくり)について
 住居と研究所・企業間の距離はどのくらいが多いか?主な通勤手段は?
・国民性について
 企業・研究所の集積に成功している要因として、食分野だったことに加え、
 貴国が長年、貿易や流通で世界をリードしてきた経験に基づく国民性が重要と認識しているが、
 例えば、食以外の分野でも成功できると思うか?
 実際、食分野以外(環境産業、コスメ、機械…)でも同様の集積を目指す動きはあるか?

本日のおやつ(Today’s sweets)

今日はちょっといいことがあった。

会社の人が「グアムのお土産」と言って、お菓子をくれた。

guam.jpgCookies of Guam

わーい。  うれしい。h3.gif

“I LOVE GUAM”の舶来品に、気持ちが上がるー。emoji250.gifアゲアゲ

あと、お菓子をくれた人は、あんまり話したことなかったから、
ちょっと距離が近くなった感じで、それもまた、うれしいー。

けど、どうしよう。私・・・来週からオランダへ行くんだけど37.gif
今回は荷物の関係でお土産は一切ナシと決めてました。

会社の人たちの分だけは買ってこよう。emoji129.gif

本日の外出

今日はうちの営業マンを連れて、
以前納品したCDROMを紛失した、というお客さんのところへ
再納品を差し上げに顧客先へ伺った。

天気は良かったが、風がビュービュー吹いていて、寒かった。

帰り道、二人して真正面からくる風を受け止めるように
コートの前ボタンを閉めた。

寒いねー、

と、言い合って歩いたけれど、
通りに面した木には小さな梅の花が吹いていた。

ume.jpg

春はもうすぐそこである。