タグ別アーカイブ: 結婚

よく結婚したねえ・・・

昨日吉祥寺に行ったとき、教会の人に言われたこと。

「桜子さん、奇跡だよねえ。
 赤ちゃん出来たなんて信じられない!」
「よく良い人と結婚したねえ・・・」

これは、翻訳すると

*その年で
・よく出産したね
・よく結婚出来たね
・よく良い人をみつけたね

という一般的にはおそらく失礼だと気分を害する言葉の羅列だが、
何を隠そう、私もこれらの言葉を言われるたびに、本当にそうだとしみじみ思うので、否定のしようがないのである。

その人は、こうも言った。

「私ねえ、桜子さんの言ってくれたことで一番印象に残っているのは、『神様はたくさん祈ったから、たくさん良い行いをしたから報いてくださるのではなく、ただ憐れんで下さって恵みを与えてくださる』っていう話。あれ、ホント、実物(=私のこと)見ていて、そう思うもん」

と、これまた良く考えると普通なら怒りかねない言葉だが、これまた、本当にそうだよね、と頷くしかないので、それ、その通りなのである。

私は結婚した時、公の場で証する機会はなかったが、神様を信じている人たちに一つだけ言うことがあるとすれば、『事は人間の努力や願いによるのではなく、憐れんで下さる神様による」は本当だったよ!といいたいなと思った。

ある日突然、神様は自分の行いに関係なく恵んでくださるお方である。

今日もし元気がない人がいたら、そのことを思い出し、また信じて、元気になってもらいたい。


大学時代の友達

 

 大学時代、仲良くしていたグループが幾つかあるが、
 そのなかで、最もワルな4人組と再会した。

 「大学時代の友達がこうして子持ちになっているなんて」
  
 と、言ったら、
 そうだね、と三千絵が笑った。

 こう言っちゃなんだが、
 メンバーの中で一番結婚に向いてた私が(お酒・タバコ一切しないから)
 ものすごい晩婚だった。

 学生時代、私たちはよくこんな会話を繰り返した。

 「どんな結婚をするんだろうね?」 
 「ドレスはMに作ってもらおう!」
 
 なのに、

 いざ結婚の段になったら、私は誰からも招待されず、
 年賀状の挨拶で各自がそれぞれ人生の駒を進めていることを知った。

 あ~あ、
 私抜きで、皆仲良く吊るんでいるんだろうな~

 と思っていたら、卒業後は各々ばらばらと疎遠気味だったといい、
 私が招待した結婚式で皆が一堂に会した、と言う。

 なんと・・・!
 自分一人が仲間はずれ(?)にされたわけじゃなかったのね!

  

 用いられて、ありがたく、
 再び再燃した友情に感謝である。

 人生はかくも、不思議で、面白い。

『天の下では、何事にも定まった時期があり、
  すべての営みには時がある。
  引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。
  黙っているのに時があり、話をするのに時がある。』(伝道者の書)


失くした結婚指輪

sp744_sp745.jpg

妊婦は忘れっぽい

と以前書いたが、
落ちこぼれ妊婦」を書いたとき、
実は裏でもうひとつ、人様に言えない重大な事件が起こっていた。

それは、結婚指輪を失くしたってこと。
まだ一年もたっていないのに!!

も~

ウケる(笑)

面白すぎるよ、私。

って、笑ってる場合じゃないよ。

なんで、私って
こうダメなのかなあ・・・?
(××;)

即座に彼に打ち明けたら、
なんと、ぜんぜん怒らなかった。

「物はいつか無くなるよ」
だって。

ぎゃふん

(++;)寛容すぎる、寛容すぎるよ。
かえって、その分、心がイタイ。

しかし、ここで落ち込んでも指輪は戻らないので、
たいして悔むことなく、一応ダメ元で神様にお祈りして、
数日を過ごした。

そしたら

実家から「食器棚に、指輪があった」
という吉報が入った!!

なんでも、どうやら弟がだいぶ前に発見していたのだが、
実家に指輪がある--ということで、
なにか私に深い事情があるのかと悩んでいた、そうだ。

ありがとう、弟。(><)優しいねえ。

幸い、
姉の結婚生活はまだ続いているよ・・・。

追伸:神様、指輪を再び私に戻してくださりありがとうございます。
これからはもうすこし大事にします(当たり前?)。


友達の結婚式2

既に入籍済みの友達が、今年になって結婚式を挙げました。

 
麻布教会と披露宴 

 

デザートはテラスで、ビュッフェスタイル。
 
生まれて初めて見た気がするブーケトス。
並んでみたかった!

結婚して初めて出席した友達の結婚式。
つい、自分のときのことを思い出して、ウルウル。

友達がどんどん結婚したら嬉しいな。


幼なじみ

a0001_008113.jpg

今年の1月、自宅の電話が突然鳴り、
出てみると、20年ぶりに聞く、幼なじみの声がした。

幼なじみの彼女は、開口一番言った。

「桜子ちゃん、結婚したんだね!!おめでとう!!!」

年賀状で私の結婚を知り、そこに記載してあった新住所の電話番号をみて
連絡したそうで、すごく嬉しい、と彼女は言う。

今のメール時代、プライベートで電話をくれる人なんて滅多にいないから、
軽い驚きを覚えながらもうれしかった。
やっぱり直接届くメッセージは、ダイレクトに愛を感じる。

しかし彼女は、

「なんで結婚式に呼んでくれなかったの~!!?」と言うので、

私は私で、その理由を正直に打ち明けた。

「ごめん・・・・・。忘れてた(笑)」

この、普通なら気まずい空気が流れそうな返答に対して、
幼い頃に知りあった仲だからなのか、ちょっと怒られただけで、その場が過ぎた。

それより彼女は20年という歳月の隔たりをなかったかのように
快活にお喋りしだすので、私もそれに合いの手を打った。

私は改めて、幼いころから今にいたるまで
〝つながっている〝ということはこんなにありがたく、
また素晴らしいんだなと、彼女の電話に、たいへん感動した。

そして、、、
仕事は続けるのか?、とか、赤ちゃんはどうするのか?
もしも欲しいなら計画的に考えないとダメだとか、
早めに産んだ方がいいよ、等といって、結婚歴10年以上の3児母らしく、
先輩として、様々なアドバイスをしてくれた。

私は結婚したばかりだから、そこまではまだ考えられない、
と言いながらも、彼女の気持ちがとてもうれしかった。

感謝、感謝だった。   (※今年1月の話)