タグ別アーカイブ: ニュージーランド,短期移住,家族3人,小学生短期留学

pexels-photo-3483098.jpeg

ニュージーランドの家探し~短期移住4

ニュージーランドの家探し~短期移住3の続き。
白いワンピースを着た初老のエルは、私にとって神々しかった。


しかし、彼女が私たちに与えた部屋は、バックパッカーでもない私たち家族にはしんどかった。
そこはブラジルや、東南アジアなどの移民が住む共同フロアーであった。
でも、ともかく感謝すべきだ、と私たち夫婦は考えた。

それまで私たちは、良い家に住んでばかりだった。
だから、まずは与えられたことに感謝、と。

けれど、その後、エルは言った。
「二泊で150ドル。あとは交渉ね。それでいいか考えておいて」
私はてっきり、彼女の善意で家に泊まらせて頂くのだ、とばかり思っていたのでやや驚いた。
しかし夫は「そうなる可能性がある」と私に事前に言っていて、読みがあたった。


しつこいが、私たち夫婦は、感謝すべき、感謝すべき、と心の中で呪文のように唱えていた。

けれど、悲しいかな、本能は何か言っていた。私の心が泣いている。
私は、この家探しの過程において、実に多くの方の善意に遭う。
そして、地元の教会の週報に「日本人家族が困っている」とお願いしていないのに、取り上げられるほどになって、ぽっと出の私たちがこのような善意に遭うとは、と感動した。
が、物件においては、お会いするクリスチャン家主が、揃って、お金の話になると、いきなり、
「あら、いくらかしら?今まで考えたことなかったわ!人に部屋を貸したことがなかったから」と言って、
たとえ旦那さんが、「週300ドルもいらない」と首を振っても、奥さんは「市場相場は500だから、一泊100ドル、一週間なら泊数が多いから500」と、ビジネスウーマンになることが、同じクリスチャンとして、どうしても、私の理解に苦しむ所になった。

彼女は、私たち家族が、困っているのを知っている。
クリスチャンであることも知っている。
たった一泊でも100ドル払え、と言う所が、非常に理解に苦しむ。
わが家なら、あるいは、うちの主人なら、「お金はいらない」と言うだろう。


これからは私も、うちに泊まるなら一泊一万円ね、というべきなのかしら?
と、私は夫に思わず聞いた。

でも結局学んだことは、クリスチャンだから、ってその人は神様じゃない、ということだった。
つまり、「人を」頼ってはならぬ、と学んだ。

そして、クリスチャンとは、神様を信じている人を指すが、
一口に言っても、その人の価値観や考え方、またその信仰は異なっているわけだから、
私たちはたとえ、クリスチャンの人だといっても、無邪気に喜んではいけない、と改めて学んだ。


そういうことは、日本で、それなりに分かっているつもりだったが、
異国にいて、つい、優しくて、祈ってくれる人がいると、私などはすぐ無防備になって油断して、なんでもペラペラ喋ってしまっていた。

私は、間違いだった、と気づいた。
そうだ、人でなく、神だけに頼ろう、と改めて学んだ。
で、話を戻す。
場所は、エルに案内された私たちの小さな部屋。


ふと見ると、夫が一生懸命、スマホを触っている。
何をしているかと聞くと、
「同じお金を払うなら、もっと別の選択肢があるんじゃないの?」と言う。


それで実は私も同じ気持ちだったため、急いでパソコンを開いた。

「一つ、心あたりがあるの。私たち家族に4月まで滞在してもいい、という方が、クリスチャンじゃないけど、いるの」

その方は、Airbnbを通して、私たち家族に、スペシャルオファーの金額を提示してくれていた。
が、31日にその人の家を予約しようとすると、サイトから消えていた。

けれども、幸いだったのは、最後の最後に、Airbnbシステムでやり取りをしていたので、履歴が残っていて、メールを送ってみると、それは確かに彼女に届いていた。

それで、なぜサイトから消えたか問うと、Airbnbで嫌なことがあった、もう掲載をやめる、と書いてあった。
そして以前彼女は、私たち家族に、「一泊80ドルで泊らせたいけれど、システムを経由すると、どうしても高額になる」と嘆き、ゆえに、彼女の家に泊まれないでいたわけだが、緊急時、知恵が働く。

私たちは、互いの住所、電話番号、メールアドレスはAirbnbで伝えられなかったので、代わりにこう書いた。

「今から会えますか?〇〇ストリートの一番端に、15分後なら車で行けます」

驚いたが瞬時にレスが来た。

「オーケー」


そう、そして今、私たち家族は、住む家を見つけた。時間にして、31日16時だったか。
まさにギリギリだった。

その家には、猫5匹がいて、「猫があなたたちに慣れるまで6か月かかるわ」と玄関先で、言われた。
Airbnbでトラブルを経験したばかりの家主エヴァは、疲れた表情をして、私たちを知ることに疑心暗鬼になっているようだった。
が、猫はすぐ、私や娘の足元をスリスリしたので、彼女は私たちをOK、と認めた。

そうして私たちは、まず、お互いを知るために、1週間住んでいいことになり、泊ることになった。



が、話はそこでハッピーエンドにならない。

今度は、エルから連絡が来た。
「今どこにいる?」
それで、私たちに、「泊るかどうか、考えておいて」と言っていたにも関わらず、
私たちが泊まらないと分かるや否や、「失礼だ!」と騒ぎ始め、怒っていた。

私たちは、一生懸命、お礼を言い、失礼のないように、そしてもちろん、ごめんなさい。と詫びたが、あきらめず、また執拗に「2日から泊まるように」と追い打ちをかけてきた。


私は家が与えられた喜びよりも、それまでに体験してきた、人の善意の裏にある「偉大なお金のパワー」に、圧倒され、大きな驚きと共に悲しかった。お金はかくも、人を変えてしまう。いいアイデアでしょう、といったエルは、お金あってこその優しさだったのか。
誰もかれもが、お金、お金、と言っているように私には思えて、本当に悲しくて切なくてたまらなかった。


エヴァ同様、私もまた、知り合う他人に疑心暗鬼になってきて、この家に安らげず、眠りについた。

by桜子

追伸①小さな池には、亀が5つもいて、庭にはインコ、ハーブ、コーヒー豆、プラム、バナナの木が備わっている。オークランド市内にしては、自然を味わう庭があり、まだ一度も利用していないが、プールやジャグジーもある。

神様が私たちに与えてくださった家は、結局のところ、こういう家だった。

追伸②政府が通学自粛を取り下げたので、2月3日から学校スタートになりました。
娘は急な変更でストレス、と落ち込んでいますが、お祈りよろしくお願いします…。

追伸③日本一毛刈りが速い男、大石駿FromNZに書いた、古田稔さんに連絡をくださった方がおられ、古田さんが、とても喜んでおられるようでした。メッセンジャーで、稔さんはやり取りが出来るようですから、ぜひお見舞い応援メッセージを、示された方は(祈ってから)お送りされてはどうかな、と思います。:)


このブログを読んでくださっている方に、心から感謝申し上げます。m(__)m
私たちの旅(家探し)は、まだまだ続きます…。

ニュージーランドの家探し~短期移住3

2月1日から住む家がない、の続き。(詳細はhttp://ニュージーランドの家探しより)

31日の朝、緊張して起きた。
パソコンを開くと、一通のメールが届いていた。
それは、それまでせっせと、わが家を見に来い、と私たちに営業してきた、Airbnbの家主エル(仮名)だった。

「コテージは安全だから、まずこちらに来て。それで、2月2日までは、わが家の1階に泊まったらどう?いいアイデアでしょう?」

詳細割愛するが、私たちは彼女の一軒家に2月2日から泊まる予約をいれていた。(31日から満室で予約不可だった)
それで、私は、これは神様から来た、と雷に打たれたように判断した。

「なんかよく分かんないけど、まずこの人に会いましょう!」
と夫に言って、荷物をすべて車に積んだ。


別れ際、それまで滞在していた家のオーナーが、ちょっと渡したいものがある、と言って、両手に、
①冷凍の羊肉(彼女の羊)
②卵8個、を持ち、
私たちの家の玄関に現れた。


感動した。
神様に見える。
後ろから後光がさすよう。

いや、嘘だけど。


前日、娘と手作りパンを差し上げたのが良かったのかな、と一瞬、私は考えた。
が、そんな下世話な自分を恥じた。
間違いなく、神様からの憐れみでしかない。

第一、滞在中に家主から「スーパーで羊の肉を買わない」と聞いていて、
「そんなラムは、いったいどんな味だろうね」と話していたから、素直にうれしかった。
そして、ここでは高額な卵も、8個(日本円で千円ほど)も頂いて、すごく助かる、と思った。

私たちは、その上、最後に、果物の木からたくさんのプラムを摘んで、「日曜になったら、教会のみんなに差し上げよう」と笑い、エルの下へわき目もふらず、車を走らせた。

bedroom interior setup

ニュージーランドの家探し~短期移住

苦しいニュージーランド生活3で書いた通り、私たちは今、2月1日から住まいがない。
この家を出る日まで、あと3日。
父親が、電話で言った。

「ホテルに住めばいいじゃないか。」

しかし夫は、「ホテルが近くにないんです。」と答えた。

無理してオークランド空港近くのホテルに住む手も、なくはないだろう。
が、なんということだろう。
3日前、記録的な豪雨に襲われたオークランドは、空港が水浸し。
多くの家屋が洪水被害で浸水し、道路は閉鎖も多く、市では緊急事態警報が発令された。
ここ真夏のニュージーランドでも、極寒の日本と同じく異常気象が発生して、
「こんな夏は初めて!」と会う人が口を揃えて言う雨の夏を迎えている。

clean blue water rippling in basin

「洪水で、部屋がない人が増えたから、部屋探しはさらに難航するでしょうね」

と、土曜日、ドイツ人ママから、私にメールが来た。
彼女は、わが家と同じく子供の短期留学でニュージーランドに夫婦できていて、2日前ササっと連絡先をくれた人だったが、わざわざ、心配して、頼りになる不動産屋の電話番号と担当名を私に送ってきてくれていた。



しかし、私は、次のように考えていた。


さっき、神様が私に家を与えると約束してくれたから、
その不動産屋さんにお世話になる可能性はかなり低いわ、と。


なぜか。

それは、土曜の朝、私はオンラインで見つけたのだ。
理想の家を。
そして、私は大胆に祈ったのだ。


ああ、神様、私たち今、2つの部屋の候補がありますけど、
私たち、部屋じゃ、ダメなんです。
私たち、家が欲しいんです。
私たち家族が、リラックスできる家が必要なんです。
家をください。
そして、もし家が与えられるなら、神様、その証拠に、卵を下さい。

今住んでいる家には、放し飼いにしているニワトリがいて、来てからずっと、私たちは卵が欲しい、と大家に言っていた。それで、オーナーは、「うん、あげる」と言ったが、「最近どこで産んでいるのか分からない」と言って、もらえないでいた。


それで私は、祈った後、期待して、家のドアを開けた。
そして、ニワトリが卵を産みそうな茂みを見た。


・・・

空っぽだった。

ガーン。ショック。


それで反省した。

ああ、こんな風に神様に家をくれる「しるし」を下さい、なんて、
そんなこと、祈っちゃいけなかったよね。
「しるしは今の世では与えません」とかなんとか、聖書のどこかに書いてあったよなあ、と
ガッカリして、原っぱをのろのろと歩いた。


そして、気を取り直して、家を出たついでに果物の生る木の茂みに出かけ、バッグに果物をたくさん詰めて、家に戻った。

すると、どうだろう、先ほどの茂みに、ニワトリが座っている。
そしてお尻をプルプルっと降っている。
あれ、もしや、ひょっとして…


私は祈った。ああ、神様、この子が卵を産みますように…!
神様、神様…!!!


ポトン

ニワトリは私をチラッと見て、そして去っていった。

た、た、たまご・・・!
ちょっと、人生で初めてニワトリが卵を産んだところを見たんですけど!!!


「ねえ、私たち、絶対、家が与えられるー!」
声高らかに、玄関で私はホカホカの卵を手に、娘と夫にその「生卵」を触らせて、コトの顛末を話した。

ハハハ
と夫は笑っていた。

私は、信じることにした。
この理想的な家、必ず私たちの住む家になる、と。
何事でも信じたらその通りになる、って聖書にあったではないか。
疑わずに信じよう。


しかし、実のところ、この家は、こちらでの賃貸物件のため、その実現は容易ではない。
第一に、契約は最低1年が求められる。しかし、私たちは短期だけ契約したいのである。
おまけに、この契約履行が仮に進んだとしても、最低1週間は審査等で時間がかかり、
おまけに土日祝日は、オフィスが閉まっている、とニュージーランドの人たちは私に教えてくれた。


ふむふむ、だとすると、私たちはいずれにせよ、2月1日ここに住めないのは確定だ。
だとしたら、それまでどこに仮住まいを決めたらいいだろう?


1月29日、日曜日。私たちはオークランド市内の教会に参加した帰り道、高速道路で、虹を見た。
水平線から水平線へと続く、大きな虹を見た。



「ママ、虹!虹が180度だよ!神様がいい家を与えますっていうことかな?」と娘がその美しさのあまり、興奮して言った。


うん、そうだねーと、私は言った。
そうだ、神様は必ず、良い家を与えてくださる。

第一に、卵が与えられた。
第二に、虹が与えられた。
そして、
礼拝後にお会いした宣教師の方が、私たちに

「一つでも住まいの選択肢があるなら良かった」

と言ってくださっていたのだけど、帰る頃になると、あろうことか、私たちは、一つどころか、四つも選択肢を持って帰途についたのだった。



by桜子


タイムリミットまで、あと3日

faceless unhappy woman covering face

苦しいニュージーランド生活

人生はいつも、私たちに色んなことを教えてくれる。

私はNZに来て以来、キラキラのイメージと真逆の生活を、けして誇張でなく、送っている。
辛い日々は私にウクライナとロシアの戦争を思い起こさせる。
それより、はるかにましな環境にいることは間違いない。
だがしかし、これはいったい、何なんだ?

日ごとに胃が雑巾のようにしぼられる。
私はすこし痩せた。

人は苦しい時どうやって耐え忍んで乗り越えるんだっけ?




NZで同居生活をスタートさせてから、部屋にいても、会話が聞こえる。
そのため新年があけたのに、私は日本に電話をしていない。
しかし、皆がいなくなった時、私は父に電話し、辛い胸の内を告白した。

すると、


「ばかみたい!…ばっかみたい!!!」



「こういう(苦しい)時こそ、楽しまなくっちゃ!


もっと上から物ごとを捉えるんだよ。
 さて神様、これから私をいったい、どうされるのでしょうか?、と(聞きなさい)」


私は弱っていたから、ただひたすら父の声を耳にして、ああ、この人めちゃくちゃメンタル強いな、と思った。


しばらくして、ほかの日やっぱり心臓が苦しくて、今度は母に電話した。
私は言った。

「苦しい…」


すると、母は言った。

「厳しい言葉を言うようだけど、あなたが成長するチャンス。素晴らしい機会を頂いています。」

「良かったじゃない。あなた、いつもなんだか、”私は仕事してます”って感じで、威張ってるもの。自分が小さくされるために、素晴らしい恵みを頂いています」


私は絶句した。
辛い時だから、ふだんなら反論する私も、なめくじに塩。
偉ぶってるつもりはないけど、そう見えるなら、確かにそうなんだろう。


でもどうしたら変えられる?って思ったら、自分の努力じゃ、やっぱり変えられない。
謙遜になるように、砕かれなければ…と、いくら唱えてもなれるもんじゃなし。
やっぱり必要な痛みなんだろうなあと素直に納得した。
それでも、

やっぱり苦しい。
何が苦しいって、書きたいけど書かぬ。
結局は、私たちクリスチャンは口を閉ざさなければならない。
ごくごく親しい人にはその心を吐露してもいいだろう。
でもできれば、それさえなくした方がいい。

悪い言葉を一切口から出さないこと。
それが神が私たちに求めていることだ、と私は分かった。


1月21日日々の光「朝」より===

患難さえも喜んでいます。
それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、
練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。



訓練と思って耐え忍びなさい。
神はあなたがたを子として扱っておられるのです。

父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。
もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生児であって、
ほんとうの子ではないのです。


すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが
後になると、これによって訓練された人々に平安な義のみを結ばせます。
ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。


by桜子