月別アーカイブ: 2011年12月

2011年の思い出

2011年も残りあと1日。

先日実家に帰ったら、台所のカレンダーに、
今年のビックニュースが書かれていた。

どれどれ、と覗いたら、
「1位 金正日死去」と書かれていた。
そりゃ違うだろう、とすぐさまペンでグリグリ消して、
「1位 桜子べべ出産」と書き直しておいた。

とまあ、読者の皆さんにお分かりの通り、
わが家にとって今年のトップニュースは
べべ(マイベビーの略称)の誕生だった。

以前も書いたが、結婚が不明だった私にとって、
子がいる人生は想像だにしなかったから、
いまだに子持ちである自分が信じられない。

今日は洗濯したべべの服をたたんで、
衣装箱に仕舞おうとしたとき、
お母さんみたいだ、と思った。

・・・私、もうお母さんになったけど、

でも子育ての勉強をしてこなかったし、
理路整然とした授乳生活を送っていないし、
その自覚は殆どない。

だけど
べべにとって、確かに私は世界でたった一人の、
唯一無二のお母さんである。

私がお母さんでいいのかなあ・・・

たぶんそういう思いは、
どの女性も一度は持つ感情だろう。

今日観た「THE KID」という映画に、
〝もし昔の自分に会えるなら何と言う?〟というシーンがあった。

私なら、何と言うだろう?

「思う通りに人生を歩んでいいよ」
「心配しないで、素晴らしい人生が待ってる」
「たとえ思い通りにいかなくても、けして諦めないで!」

昔の自分にそう言ってあげたいなあ、と考えて、
ふっと、ああ、こういう思いは子に受け継がれていくんだろうな、
と思った。

私はべべに、人生を謳歌してもらいたい。

そして、つらいことがあっても精一杯生きて、
明日を信じ、人を信じ、愛を知る子になってもらいたい。

生きていることは素晴らしいんだと、
産まれてきたことをけして後悔しない子になってもらいたい。

と、
いうわけで、今年の桜子ブログは、妊娠と育児のブログに変貌したが、
2011年も本ブログを応援し、叱咤激励くださった方々、ご一読頂き、
大変ありがとうございました。

来年が皆様にとって、良い1年になりますよう、
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

by桜子

子供への躾~いかに育てるか?

今日べべを連れて実家に預けたら、べべがぐずった。
今まで飲んでいた粉ミルクを一切飲まず、眠りもしないで激しく泣いているそうで、
初めて実母からSOSの連絡が来た。

電話口からはべべの泣く声がする。
母乳でないとダメなのでは?と母がいうので、
私は予定をキャンセルし、慌てて家に戻った。

母は言った。
「こんなんじゃ、この子、預かれないわ」

その数時間前には、こんなようなことを言われた。
「泣いたらすぐおっぱいなんてあげていたら、この子ワガママになるわよ」

その是非はともかくとして、これらの言葉は私に、
「子育て」を考えるきっかけを与えた。


うちの子、
どうやって育てればいいだろう?

どんな風に育てれば、
真っ当で、健全な、
皆に愛される子に育つのだろう?


いや、子は親の鑑、というから、
所詮母親が私では将来が知れている。

そもそも私は妊娠するまで母親になる心構えも知識も皆無だったから、
赤子とどう接したらいいか、毎日手探りで歩んでいる。

だったら、保育園に預けようか?

わが家は手元で育てる方針だったが、私は日中一人である。
0歳保育にいれれば、彼女は規則正しい生活を送り、マナーも学ぶ。
そこである程度の教育を施して頂き、専門家の力を借りるほうが、
未熟な私も保育士さんとのネットワークができるし、
彼女も私といるより、ずっと利口になる可能性が高いだろう。

しかし、聖書はなんといっているのだろう?
「子育て 聖書」でググったら、
なんと知り合いが喋っている内容が一番上に出てきてビックリした。

「聖書に学ぶ子育て」

結局、授乳だとか、2ヵ月児への躾や保育園について、
という細かいことは書かれていなかった。

そこらへんは夫とよくよく相談して、
祈って決めるしかないのだろう。

なるほど、今どき保育園に入れるお母さんが多いのは、
必ずしも自身のキャリア事情だけではないのだろうな、と推察する。