月別アーカイブ: 2010年3月

イギリスへの道(2)

4月末にイギリスへ行くことになった、と書いたら、

たまたまなのか、会う人ごとに
「今度、イギリス行くんだって?」と話しかけられて、

読んでくださってる皆さん!
どうも、ありがとうございます!!m(__)m

気をよくして、さらにイギリス話の続き。

------------そもそもどうやって、イギリスの人と、知り合ったかといえば、

2001年の夏、親友がデンマークの人と結婚して、
200909020555001.jpg (式場はデンマーク)

新婦の友つながりで、出会った。

特筆すべき点は、
それ以来、一度も会っていない、
ということで、今度イギリスへ行ったら9年ぶりの再会、になることだ。

私たちは、手紙のやり取りすら、したことはなかった。
いわば、知人程度だったのに、どういう風の吹きまわしか、
一気に親友関係まで距離が狭まるのだから、大慌てである。

「住まいはどこ?」「何をしているの?」

なんといっても、私、あなたのことは殆ど知らないわ・・・!

私が彼女(ケイト)について覚えていることといえば、
1.ベッドの傍らでミューズリー(シリアル×ドライフルーツ)を食べてた
2.オードリーヘップバーンに似てる

それだけ。
(細い体の人のおやつはミューズリーなのね、と感心したから、
そこだけは妙に記憶に残っている)

話を戻す。

結局、それでわかったことは、彼女はニューキャッスルという北部に住み、
父親は別の所に住んでいて、仕事はしてないという。

母親はどうなのだろう・・・。そういえば、何歳だったっけ?

と、聞きたいことは色々あるが、
この期に及んでメールで尋ねるなんて、KYなことはできない。
私はまず、旅の日程を彼女と決めることにした。

どこへ行こう!?

私はもともと彼女の家に遊びに行く、と話したのだから、
ロンドンで2.3日過ごした後、列車に乗って訪ねて行くよ

と、言ったら、

いやいや、ロンドンのヒースロー空港まで迎えに行くよ、と言う。

これは例えて言うと、秋田に住む人が成田空港まで来て、
一緒に東京見学する、というようなものである。

-----ホント???そんなに付き合ってくれるの?

さらに、話を進めると、見送りもする、と言う。

(@@) ノー、ノー

秋田から成田空港へ迎えに来た後、一緒に秋田へ行くというのに、
さらに成田へ戻るなんて、親切すぎる。遠慮したのに、ぜひ、と言ってくる。

どうしよう~。

私はそれまで、彼女の人柄が全く分からなくて不安だったのに、
このやりとりで、すこぶる親切な人だと知って安心した。

思えば私の親友は、いい人を見分ける名人であった。

親友の夫も非常に優しそうな、ナイスガイであった。

今、彼女のおかげでその恩恵に与りそうである。

ICT利活用サービスの国際展開シンポジウム

総務省主催のシンポジウムが、今日、都市センターで9時半から正午まで開催された。
-----------------------------------
第1部 (国際展開を睨む)ユビキタス特区プロジェクトの7つの事例紹介
第2部 国際展開について参考話(by NRI,日立製作所)
第3部 総括とパネルディスカッション(総務省情報流通行政局武井審議官ほか)
-----------------------------------

先週の京都ケータイ国際フォーラムに続いて、
クライアントが第1部でプロジェクト発表するため、応援旗を持って(?)出かけた。

それで、色んな話を伺ううちに、やっと、国がどう動いていきて、企業はどうなってるか、とか
本質にはまだ及ばないかもしれないが、社会がどう動いているのか、わかってきた。

これからどうなるんだろうー、ニッポン!

ユビキタス特区やICTが分からない人のために解説をする。

Q)「ユビキタス特区」

これは国(総務省)が提唱した言葉で、

 ユビキタス(いつでもどこでもつながる)+特区(特別な区域)
 =新サービスの開発や実証実験ができる環境を整備した区域のことを言う。

たとえば、企業

 A社 新サービスを提供する際に、この辺を開発して実験してみたい
 B社 認可を受けていないけれど、こんなサービスの需要はないの?

といった声に、国が資金の提供や認可等を行ってサポートし、
企業はその間に新しい開発や実験を行って、次世代サービスのあり方を模索していく。

これは、ICTにおいて国際競争力を強化する施策の一つで、
07年にユビキタス特区という言葉が生まれて08年から運用し始め、来年3月末に終了する。

Q)「ICT」

Information Communication Technology 情報・通信に関連する技術一般の総称。
日本では同様の言葉としてITの方が普及しているが、国際的にはICTの方が通りがよい。097.gifさてさて、事例について関係が深いものと印象に残ったものだけ挙げる。

□移動通信端末の開発支援プラットフォーム(YRP)
 →構築目的:海外市場向け携帯端末及びアプリケーションサービスの開発促進
 →概要:携帯端末向けに、海外で広く利用されているGSM方式等の試験環境を提供

 ※GSMは、日本では使われていないが、ヨーロッパやアジアを中心に
 100ヶ国以上で利用されているデジタル携帯電話の通信方式。(事実上の世界標準)

 
□外国人向けの京都ユビキタス特区事業(財団法人京都産業21)
 →サユリ翻訳システム(PC上での翻訳システムが、携帯版になって音声対応するもの)
 →外国人ビジター遠隔ガイドシステム(ウェアラブルコンピューター)
   ネーミング長すぎるが、要は眼鏡をつけて観光する外国人に対して、遠隔地にいる人が
   言語対応した上で、リアルタイムチャットしてくれる。
  なんだか、ドラえもんの道具みたい。(だけど、スワヒリ語とかスタッフ対応出来るのか?)

□ケータイ旅人サービス(NTTドコモ) 
 →アクティブタグ機能。Bluetooth (ブルートゥース)と接続してアクティブタグに
  連動した情報を提供する。

◎シンポジウム
日経新聞の関口論説委員いわく、3つの懸念と発表を見た3つの感想がある、とのこと。

3つの懸念
 1)日本のガラパゴス問題
   --カーナビや電子マネーなど良いものはたくさんあるのに輸出できない
 2)個人情報保護法
   --本来出来たときの主旨からそれて、過剰な情報保護の流れになっている。
   そのためにインフラは進んだのに情報が流れない、という事態になっている
 3)著作権の問題
   --情報は皆で活用してこそ価値がある。著作権保護の問題も、改めて
   何をどう保護するのか考えるべき

3つの感想
 1)この技術があるから生かしたい、というシーズ志向のプロジェクトは要注意。
   利用者は本当にそれを求めているか?誰がお金を払うか?
 2)他のプロジェクトチームや会社ともっと連携すべきではないか。
   自前主義や縦割り社会から省庁含め脱却を提言する
 3)情報の活用。スマートグリッド(デジタル情報分野の最新技術を活用して、
  さまざまな集中型・分散型エネルギー源を効率的に管理、供給するもの)

聞き間違いなどもあると思うが、関口氏コメントは非常に共感を覚えた。

品川でナンパ

ナンパは、軟派、と書く。

仕事中にWikipediaでナンパの解説文章を読んでいたら、
背後からにゅっと上司が出てきて、

「桜田さん、なにしてるんですか?」

いや、ちょっと、ハハハハ、

慌ててページを閉じて
「ある単語の語源を調べていたんですよね~」
と返したら、

「ナンパですか?」

見られてたYO・・・。変な言葉、調べててすみません。
謝ると、

「分からない言葉を調べるのはとても大事ですよ」
と優しく応えてくれた、素晴らしき哉、わが上司。

だけど、私は、仕事中にナンパを思い出していた。
今日は、ナンパされたんですよ私~、というお話だ。品川駅隣接のManhattanGrill
金曜の夜、知人と食事していたときのこと。

アルコールが入っていると思われる
ビジネスマン二人組が隣のテーブルについた。

一緒にいかがですか?

だったか忘れたが、気がつけば四人組になった。

相方が、非常にうれしそうにビジネスマンと
会話に花を咲かせている。

私の連れがあまりにも博識で
男性二人、舌を巻いていた。
そこに私は好感を覚えた。

なぜなら、彼女は70歳越えだからである。