タグ別アーカイブ: クリスマス

わたしが死んだら~4歳のつぶやき~

今朝は夫が昨日から出張で、娘と私、ふたりだけで朝を迎えた。
吉祥寺の日曜学校がお休み、ということもあり、近所の東京バプテストチャーチの礼拝に出かけた。
午後からは、娘の初めてのバイオリン発表会もあったので、渡りに船だった。

と言う前置きはさておき、
礼拝後、昼食前に、頂いたクリスマスクッキーでおやつタイムを取っていると、
娘から思いがけない質問が飛んできた。

娘「ママ、私が死んだら誰が運ぶの?」
私「え?なに??身体なら誰かが運ぶけど・・・・何を?!」「身体?心?どっち??」
娘「心。」
私「心なら大丈夫だよ、神様がシューっと運んでくれるよ。」
--ふうん、という娘の顔。ふと私、心配になり、

私「ねえねえ、ママとべべちゃん、どっちが先に死ぬか分かる?」
娘「ママ。」
私「そうそう。(良かった、わかってる。)」

と会話しながら、普通の家だったら、子供に死のことを尋ねられたら、不吉なことを言ってと怒鳴るかも知れないなあ、と思った。
でも、人はいつか死ぬ、という、当たり前のことは例え小さな子でも知っておくことは私は大切だと思っているので、こんな話が出来て良かったと思ったし、、共に死に向き合えることはとてもいいことだと思った。

でも・・・・それと、死を受け入れられるかどうかは全く別の次元の話。
もしも娘が取られたら、私は発狂して死んでしまうだろう。

着なかった服や玩具の有効活用法・クリスマス編

こどもがいるご家庭なら、どこでもある風景。

ほぼ新品の玩具や頂いたのに着れなかった子供服。どうしよう、と処分に悩む方は多いと思う。
この時期、こんな活用法が!

クリスマスシューボックス   

戦争や貧しい境遇に生きる世界中の子供達に、一生に一度になるかもしれない贈り物。

OCCという団体がシューボックスを集めている。
準備は簡単。靴箱を用意して、性別と年齢別を明記し、贈り物を詰め込む。食べ物や玩具をつめて送る。

今年うちも始めて出してみた。

 
青い箱が、うちの。

よその箱は何が入っているんだろう?

  

送料700円の振込が必要だけど、代官山では、東京バプテスマチャーチが集めているので、21日までに金額を渡せばOKらしい。

この時期、ちょっとこんな活動をするとなんだかいい人になれた気がする。