カテゴリー別アーカイブ: 著名人インタビューリスト

HPE Discover Forum Tokyo 2019 夏セミナー

一昨日あたりから梅雨明けした東京。
暑い。一気に夏になった。こういう時はセミナー会場で涼むのがいい。

と、私が書くとサボっていると思われるので、一応言い訳しておく。

昨年からプロモーション担当になったことと、7月から勤務時間を1時間増やしたので、外出の余裕ができ、今朝はANAインターコンチネンタルホテル東京(赤坂)へ直行した。

外部セミナー参加は久しぶりだ。私にとって見慣れた光景に、久しぶりだったからハッとした。なぜ女性はこんなにも居ないのだろう?なぜ女性スピーカーは居ないのだろう?なぜ女性は出世しないのだろう?

アメリカから来たと思われる金髪女性の背中が見えて、しみじみと日本はこういう国だよな、と思った。

さて、そんな社会観を抱きながら、私がHPE(ヒューレット・パッカード エンタープライズ)の大イベントに来た理由は3つ。

1:トップの喋りを聞きたかった。
2:プロモーション担当の立場から、運営方法からプレゼン法まで勉強したかった。
3:私の好きな元HPの富岡徹郎さんの居た会社に興味を持った。

富岡さんな現在、国際基督教大学(ICU)の理事長代理で、私と同じIT企業で、転職後にインタビューへ協力していただいた

取材中、印象的だったのは、彼が辞めた会社のことを熱く語った姿だった。
「HPがいかに素晴らしい会社であるか」とHP創業者による「11のシンプルルール」を教えてくれた。

「聖書の言葉じゃないか、と思うような文章が並んでいるでしょう?」と富岡さんは笑った。

会場のプレゼンテーションでは、日本の社長が富岡さんの雰囲気に似ていた。米国から来たプレゼンテーターは、HPがいかに素晴らしい会社かとビデオを流していて、見ながら、富岡さんの話を思い出していた。

もし今でも、創業時の理念が生きているなら、転職したくなるような会社である。

高き理念を持った企業というのは、社会にとって不可欠であり、利益を出している企業は自社だけでなく、周囲を幸せにする取り組みをたくさんしてほしいと思う。

祝・山口周「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」

今日は代官山蔦屋で久しぶりに朝カフェ。そこで見つけた、写真入りの山口周!

ビジネス書大賞準大賞2018の他に、なんだか別の賞もいただいたのね。良かった、嬉しい!

桜子による山口周インタビューはこちら

私は彼が好きである。もちろん、友として。

だから、彼の活躍は大変嬉しい。皆さん、良かったらぜひ書店やアマゾンで購入ください。

「負け犬の遠吠え」酒井順子氏の柿


主人が娘に「はい、コレ」とたった1つの柿が入ったビニール袋を手渡した。

「わあ、柿?!」と、娘。

「なに、それ、Aくん(社員からもらったの)?」と、私。
深い意味もなく、何気なく聞いた。いつもならスルーする話だ。だが、ここで夫が言った。

「サカイジュンコさんっていう人。桜子、知ってるかな?」

頭の中にサカイジュンコ…と書いた。知らぬ。

「負け犬の遠吠えっていう(本を書いた)」と、主人の返答を聞いて、合点がいった。それはもしや、週刊文春で連載してる、元博報堂の、私がちょっと憧れている「酒井順子?!えーっ?!すごーい!!!」

最近、主人は名のしれた人と会っている。いや、呑んでいるのだろうか?
よくわからないが、それもこれも、渋谷のラジオ番組に毎週火曜日、レギュラー出演しているせいだ。今秋から頼まれたラジオ出演は生放送で、多忙な夫にその定期活動はあんまりだ、と私は当初、反対していた。しかし、にわかに羨ましく見えてきた。

「来週は、〇〇〇〇さんと会うんだよね」

夫がボソッとつぶやいて、こういうとき私が感動するのは、夫がその話に浮かれるわけでもなく、自慢げに語るわけでもなく、まるで隣の佐藤さんと会うかのごとく、淡々としている点である。

平常心、大事なり。見習うべし、ミーハー桜子。

AI時代に親が子育てに気をつけるたった1つのこと

国際基督教大学(ICU)の常任理事で、元ヒューレットパッカード勤務の、富岡徹郎さんにインタビューしました!今年初の「桜子が聞く!先駆者たちのワーク・ライフ・バランス(第22回)」です。

思い起こせば、富岡さんには、私の結婚前に「どんな式にすればいい?」と、相談にのって頂いたことがあります。社会人時代にそれほど親しかったわけでもなかったのに、不思議です。

今となっては「このため?!」と勝手に思ったり。でもきっと、子供の頃から知っていた方だったので、”何かあれば頼ろう”と無意識に脳が覚えていたんでしょうね。・・・そういう意味で、幼少期に知り合う指導者の存在は、とても大事です。

★理事長室にて

★東京ドーム13個分の敷地の広大なICUキャンパス

当人が「話しすぎちゃった」と語るほど、深い話も聞けたので、ぜひご一読ください!
記事:「大学経営者、富岡徹郎が鳴らす“AI社会への警鐘」interview (クリックすると別ウィンドウが開く)

卒倒!インディ王者・佐藤琢磨の7年越し不倫

佐藤琢磨氏に聞く、桜子インタビュー


2年前「仕事と家庭の両立」をテーマに佐藤琢磨さんと対談した私は、週刊新潮のリークにショックを通り越して、卒倒しました。雑誌を即購入して読みましたが、まとめると、以下の通り。

・7年前から現在まで不倫進行中
・奥様にはだいぶ前にバレている
・離婚協議中(子供とは離れたくない、と強く希望)

ということは、取材時は当然そういう状態だったわけで、うーーーーーーーーーーーーーん、そうだったのか・・・、と思わず天を仰ぐ。

「そういえば、あの時…」ということが、取材中あったかはさておき、私は「仕事と家庭の両立」をテーマに、この2年ビズコンパスというサイトで、先駆者たちのリーダーインタビューをしています。もちろん、どうやって仕事も家庭も大切にできるか?ということを、期待の眼をもって、質問し続けているわけですが、それは幻想なんだろうか。

実際これまでリーダーズインタビューをやってきて、「英雄色好むは本当だよ」と、あれこれを暴露してくれた社長も、正直いました。

でも、それはやっぱり、そういう人もいる、と信じているわけで。

仕事がデキて、家庭も大切にする、というのは、本当に難しい
のかなあ…。

とりあえず、うちのデキる旦那に目を光らせておくか、と思った瞬間でした。