カテゴリー別アーカイブ: 渋谷子育て

10年ぶりのアリゾナ~人生に偶然はあるか~

令和元年だと大騒ぎした日本のGWは、すっかり過去となった。
日本の騒動も、アメリカでは誰一人関心を寄せなかった。おそらく、令和、という言葉をよく知っている外国は、ドメインビジネスで儲けたがる中国だけではないかと思う。

さて、私たちの日常も、帰国して1週間余が経過した。
今のところ、GWに行ってよかった、と心底思っている。

理由は、夫が「仕事の心配をせずに休めた」とリラックスしていたし、娘にいたっては、「私、アメリカで生まれたかった」と言うほど、何かが気に入ったようであり、なんといっても、プール付きのコンドミニアムが、私たちプール好きの家族には、最高の環境であった。

しかし、この環境、そうそう簡単には手に入らぬ。
そもそも、なぜ私たちがホテルではなく、コンドミニアムに住めたのか。
それは、アメリカの友人がいたからである。

この旅は、10年前にさかのぼる。
独身だった私は、仕事のプロジェクトを終え、疲れ切っていたので、親しい部長に、「どこか海外にいって、ホームステイしたい」と呟いたら、彼が願いを叶えた。30代になって、見ず知らずの外国人の家に行くとは大胆不敵だが、トントン拍子に話が進んだので、クリスマスにアリゾナへ飛び、10日間ホームスティした。それが、今回76歳になった彼と再会した所以だ。

*当時の日記はこちら「アリゾナへの切符」

だから、私たちは普通では考えられない旅行をした。


ラッキーだね!!

この一言に尽きる旅について、ふと思った。
もしも、神様から10年先を見越して計画されていた、としたらどうだろう?

私は今回、自分から夫を誘ったが、誘う気持ちになるまで、いくつか布石があった。まず、去年、ホストファミリーが何の予告もなく日本にやってきた。この予想外な出来事で、まさか自分が、この辺ぴな地へ再び来るとは、夢にも思わなかった。

人生に偶然は一つもなく、
私たちから見たら、一つの旅が、もっと大きな視点でみたとき、違う点になることがある。

私たちは、もしかしたら、この先、アリゾナと何か縁があるかもしれない。
実際、今回行ってみたら、高校時代の友人がアメリカの実業家と結婚しており、再会する機会に恵まれた。
彼女はクリスチャンになっていた。

してみると、この先の未来もまた、次につながる点になるのではないか。
そんな考えをついつい巡らせてしまう。

二十日大根、家庭菜園中

今年の冬に蒔いた、まんまるはつか大根が、こんなに大きくなった。

まるで着色料をつけたような、真っ赤な大根、とても美味しそう。

都会で作れると思わなかった。明日のサラダにしよう。

春休みの振り返り&新年度

あっという間に新学期になった。
今朝はあいにくの雨だったが、今日は子にとって新しい一年の門出だ。
「子よ、学校生活に多くの幸あれ」
これはきっと、親の誰もが、出ていく子の背中を見て願った祈りだと思う。

さて、
振り返ると、過ぎし2週間の春休みは良く過ごせた。
私は会社の制度(在宅勤務、年休)と社会の制度(学童)を活用する一方で、時に友と遊び、子を友に預かってもらう等のやりくりをして、最終的には私自身も「春休みらしさ」を満喫できた。

学童で食べるお弁当(私の記念に残しておく)

娘と焼いたお菓子。

アイシングづくりのプロ(友)に来てもらい、娘の友も招いて作ったアイシングクッキー。
私の作品。

初挑戦ながら、意外と上手だった娘の作品。

平凡な日常の積み重ねが、私たちの人生の糧となっていく。

どうか、今日から続く日々もまた神様のお守りがありますように。

春の天ぷら

たらの芽、ふきのとう、アスパラ、みょうが、春野菜が食べたいと、静岡の家族旅行から帰宅すぐに、夫が天ぷらを家で揚げてくれた。感謝。

もうすぐ春休み

 保育園児のママだった頃は、春休みがなかった。
だから「春休み」は、全く気にならなかった。だが、小学生ママになると、心境に変化が現れた。春休みが気になるじゃないか!
 せっかくの休みだから、わずか2週間といえど、春“休み”っぽいことをさせて、娘をゆったり過ごさせて進級させてやりたい、という親心が働いてしまう。

 独身の女友達に、どこかに娘を連れてってくれ、と連絡したら、仕事だから無理、と言われた。だよな、と思った。けど、この広い世界で、誰か子供の力を必要としている人はいるはずである。とはいえ、そんなマッチングを試みるわけもなく、そもそも娘が刺激的な毎日を望んでいるかといえば、そうとも限らない。

 働くママ友に過ごし方を聞いてみると、ある人は塾やインターナショナルスクールの短期講習に申込みを行い、ある人は自営だから毎日適当に遊ばせてなんとかやる、と言っていた。なるほど。

 一方、わが家は来月末からアメリカへ行く。まあ、春は静かに過ごそう…。そう割り切ったはずが、いよいよ来週は春休み、というと、何か考えてみたくなり、インターネットをググってみた。

 ネット上には、体験イベントがたくさん転がっており、私がチェックしたものはどれもお値段が数万というものだった。一過性のものに、そこまでしなくてもいいか、と何もしないことにした。
 
 春休みは、私が小学生のママになって一年過ぎた、ということだ。この一年間は私にとって、子供を取り巻く現代社会や環境、教育について、沢山勉強させてもらった日々だった。
 思うに、娘が生まれたのは私のため、つまり、私が人として練られた品性を持つために、与えてもらったのだと、近頃は何度も感じている。