タグ別アーカイブ: みことば

2021年の幕開けは死と共に

新しい一年が始まり、お正月の三が日は、空がよく晴れていた。
「お正月らしいね」と、私は夫に話しかけながら、近所の慣れた道を一緒に歩いた。

今年は、日本の誰もが海外に行かず、静かに過ごす、稀有な年末年始。
世界の大波乱をみればみるほど、空がまぶしく、自然の美しさは際立って見える。
青い空だけは、昨日も、今日も、いつまでも同じ。
空を見るたびいつも思い出すことは、神様は、善人にも悪人にも等しく天の恵みを降り注ぐ、という事実。

そんなことを考える一方で、私の心は鬱屈とした思いを抱えていた。
あんなに友と祈りあって神様を身近に感じていたのに、年末になって祈る機会が減ったせいか、あるいは肉体の疲れか、どうともいえない不満が、山ほどこみあげてきて、私の心は最悪であった。

だが、そんな私を起こすかのように、年明けに、目を覚ましなさい、という連絡がいくつも入ってきた。ポツリ、ポツリ、と訃報の知らせを受けたのだ。

・去年入院し、いつ亡くなっても不思議ではない、と言っていた、友達のお父さん。
私の結婚式で、来客用のクッキーを焼いてくださった井之頭公園のT夫人。
バンコクで知り合って以来、家族ぐるみで仲良くしてくれたMさん。

人の死は、私たちの生き方を問うものである。

死に直面すると、すべての不満が、吹っ飛んでいく。

人間だれしも死ぬ、と分かっているのに、誰もが死を、それはまだもう少し先の話、と捉えている。だから、急にそれが目の前に飛んでくると、死が輪郭を帯びて私たちに迫ってくる。

“あなたは、今を大事に生きてますか?”

故人との思い出は、走馬灯のように蘇る。残された私たちが、故人を失って最も苦しくなるのは、“あの頃には、もう二度と戻れない”、と認識した瞬間だ。
真っ逆さまに、奈落の底に落ちる。共に過ごした時間を、一緒に笑い、語り合う相手は、もう隣にいない。喉元をかきむしられるような、深い痛みがそこにある。

私にとって家族ぐるみで仲良くしてくれたMさんの死は特に、私にとって辛かった。
知らせを受けた夜、ベッドで寝られるつもりだったが、入ると彼の顔や声が聞こえてきて、瞼がじんわりと重たくなってくる。
仕方がないので、リビングにいる夫に頼み、背中をさすってもらい、しばらくそばにいてもらう。

その夜、夢の中で誰かが出てきて、私は、「助けて」、と一生懸命に声を出すが、声が出ない。
声を出さないと死ぬ、と思って、絞り出すように「助けて、、、」と言ったとたん、夫が私の手を握り締めた。
後で聞くと、なんていったかわからないけど、呻いていた、という。

そこにはもう、年末の不満はどこへやら、夫の存在に、ただ感謝であった。
私はこの人を今、神さまにとられたら本当に困る。

夫に暮れの態度をいちいち、謝ることなどしなかったが、
少なくとも、神さまが年末の態度は誤りだと私に教えていた。

死は勝利に飲み込まれた。

わたし(=神さま)の恵みはあなたに充分である。(聖書)

今年も今をしっかり生きたい。
 

 

クリスチャン生活

「私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう」詩編56:11

コロナ後、最も大きな生活の変化は、ともかく、外に出かけなくなった。この一言に尽きる。
そして、個人的に変わった点は、神さまをぐんと好きになったことだ。

家に居ると、至る所に、神さまの香りがする。
まず玄関、そしてお手洗い。
聖書の言葉が飾ってあるから、無意識に読んでしまう。

そして、室内にあるもの。
愛する家族が立ち歩き、本や、文具が転がっていると、家庭を実感する。
これらはすべて、神様が私にくださった。

生活の中心が家になり、自宅から会議をしていると、働いていても、家族が常に頭にある。
だから、神様のことを考える。つまり、
出勤していた頃より、ずっと神様に心を向けるようになった。
それはつまり、祈りだと、友が言っていた。

10代の頃、祈る、という行為を覚えた。

祈り、とは目に見えず、まったくもって地味そのものである。
特に聖書には、「部屋の奥に入って戸を閉めて、誰にも見られないようにして祈れ」と言ったような記述がある。

つまり、

私は祈っています!と公表はせず、自分の身を低くし、努力は語らず、黒子になって、情熱を神に注ぐ。
静的で、一見すると非力にみえる、この熱量こそ祈りの本質だ。

私は、この祈る機会を、この1年、たくさんもらった。
祈り始める時、最初に神様を褒めたたえると、自分の悩みが小さくなっていくこともたくさん体験した。
創世記には、私たち人間が創られた目的に、神への賛美、がある。
だから、毎日、神様を褒めたたえることを意識して祈ると、きっと神様は喜んで、私たちは祝福されるだろう。

クリスチャンの生活。

それは、祈りに始まり、祈りに終わる。

その人がどのような1日を送っても、祈って、祈って、祈る生活。
それが、クリスチャン生活だ。