月別アーカイブ: 2008年1月

チベットのグゲ遺跡前

グゲ遺跡の前.JPG ←真ん中、私。

ではなく・・・。

昔、ホテルエベレストビューでお世話になったM.Tさん。
バンクーバーからメール、とってもうれしいです!

【桜子豆知識】ホテルエベレストビューとは?
ネパールのシャンボチェにあると言われているが、正式にはオムニラサにあるが正しい。世界で一番高い所に建てられたのが最も大きな特徴で、標高約3900mは富士山頂よりも高い。(しかも日本人が建てた)各室内にある大きな窓からはエベレストがバッチリ見える。
<行き方>途中までヘリコプターで、あとは徒歩。草むらからヤクが出てくるが驚いていては前に進めないので、ひたすら大丈夫、無害と信じて歩けば、あっというまに到着する。
<思い出>12月末から1月に滞在したので、これまでの人生で味わったことのない極寒だった。スキーウエアでは防寒が足りず、一緒の人に上着を借りる。シェルパの方が(確か)持ってきてくださったor汲んできてくださった水を大切にしながら顔を洗い、湯たんぽを抱いて眠った。高所ゆえに心臓がバクバクいって(高山病になる人もいる)なかなか眠れず。プロに脈拍チェックをしてもらい健康管理をする。近くには植村直巳さんが滞在された村もあって、重い荷物を抱えた若者とすれ違ったりした。

・・・懐かしいよ(T T)

愛を呼ぶハート型

20080130113958.jpg 本日のちょっと幸せ

この画面を見た瞬間、ちょっと幸せ♪な気持ちになりませんでしたか?
私はなりました。
思わず、「わ、ハート型だ♪」と店員さんの前で言ってしまいました。そしたら、店員さんがにっこり微笑みながら頷き返してくれました(無言なのがグー)。
人はこれくらいで幸せになったりします。

モテなきゃ意味がないんだよ!

「女ウケしなけりゃ、そのカネ死に金」

と、ちょい不良(ワル)オヤジなる雑誌「LEON(レオン)」の産みの親、岸田編集長(当時)が言ったか言わなかったか、ともかくレオンは”オマエの考えより女の子の考えを優先してモノを選べ”と、女性ウケを最重要視して、男性が男性に指南した初の雑誌では!?とは赤坂真理さんの談。
(「モテたい理由:赤坂真理著」から一部引用)

「負け犬の遠吠え」でお馴染みの酒井順子さんがこの「モテたい理由」の感想を(週刊)文春で次のように述べていた。

------------------------------
筆者が女性誌を読み続けると鬱になる、と書いていて、私も共感する。
それはつまり、OL向けの雑誌は”ボーナスで買いたい、10万円美容クリ
ーム、通勤バック30万円!”と謳っていて、最初はありえねー!と笑い
飛ばしていた筆者が、山ほどの女性誌を読むにつれ毒されてゆき、次第
にそれを実現しない自分に問題があるように思えて、自己卑下し、やがて
鬱になる。
-----------------------------
                               (※要約 by桜子)

私も俄然、興味を持ったので、昨夜一気読みした。
すると、先の鬱現象に関して筆者は次のように述べていた。

「社会はハードルが高すぎて、自分なんかに出て行けるところであるようにはとうてい思えなくなる」

こんな本を出す人がそんな台詞は似合わないが、その境地に共感し、この本を読んだら、自分が時々落ち込む源はここにあるのではないかと、ふと気がついた。

それは、つまり、今持っているものを数えず、ないものを問題視して、完全に満たそうとする考え方である。

ちなみに、酒井さんは、こんなようなことも文春で書いていた。
-----------------------------
女性誌からの取材で、読者のお悩み相談を受ける。
それで回答を聞かれて一生懸命考えた結果、いつも同じ結論に行き着
くのだと。その回答とは、
“こういう雑誌を読まなければいいのでは?”
※当然ながらこの回答例が採用されたことはないという。
-----------------------------

マスが生み出す価値観。要注意・・・ではないでしょうか?