月別アーカイブ: 2007年12月

転んでも、負けじゃない

クリスマスにもらったノーマンロックウェルの絵本がとても良かった。添えられた文章を編集し、一話お届けする。

「The real winner」

知的障害者のオリンピックでの出来事だった。
9人の選手が白線に並びスタートを待っていた。徒競走のピストルの合図が鳴り、選手達はいっせいに走り出した。

ところがランナーの一人が途中でつまづき転んだ。
転倒した選手は痛みが走り、彼の胸は失望で破裂しそうだった。感情がこらえきれず大粒の涙がこぼれた。他の選手も鳴き声を聞きつけ、一人また一人と立ち止まり、彼の元へ戻り始めた。
他の選手でダウン症の女の子も彼のそばにやってきた。
彼女は「転んでも負けじゃないわ」と言って、ひざまずき彼に優しくキスをした。

彼は立ち上がった。そして他の選手達と手をつなぎ、一緒にゴールに向かって歩き出した。彼らがゴールしたとき、スタジアムの観客は立ち上がった。そこにいた人はみな、改めて思い起こしたのだ。他の誰かを助けることこそ、人生における真の勝利者であり、自分のために勝つことよりも大切であることを。
スタジアムには長い拍手が響き渡っていた。

「私には、幸せを与えることは、それを手に入れることよりも崇高に見える。さらには、自分が天国に行くことよりも、他の人が行けるように手助けすることの方が重要なのである」(ルイス・キャロル)

NTTPC納会とDAC納会

12月28日仕事納め。
昨晩、高熱が出た。夢の中で汗をかきながら、新サービスのことを考えていて、仕事が気になっているという真面目な自分にびっくりした。
今朝は休もうと思ったが最終日なので出社した。しかし、辛い。今日は早く帰ろう・・・。予定していた「デジタルアドバタイジングコンソーシアム(DAC)の納会」は「熱で行けそうもないです」とメールをした。
そしたら「行きたくなるように」という大変愛情深いメニューリストが送られてきた。さすがDACだ。そして、ここでひっかかるのが私である。やっぱりちょっと寄っていこう。17時からわが社の納会。18時半からはウエスティンホテルでDACの大納会。今年も無事に働くことができて、本当に良かった。

■わが社の納会(社内、近所の出前)
20071228171106.jpg 20071228171127.jpg

■DACの納会(ウエスティンホテル、有名レストランの出前)
20071228185144.jpg 20071228193131.jpg
20071228194554.jpg 踊っているのは女子社員!
20071228193217.jpg 矢嶋社長。

Japanese Items from “MAI” Kitchen 日本料理「舞」
* Seasonal Vegetable Tempura 野菜の天婦羅
* Sanuki Udon and various Condiments 讃岐うどんと各種薬味添え
* Bara Chirashi Sushi ばらちらし寿司
Chinese Items from “RYUTENMON” Kitchen 中国料理「龍天門」
* Selection of Chinese BBQs 広東風焼き物盛り合わせ
* Fried Rice    炒飯
* Seafood Chinese Fried Noodles 海鮮やきそば
* Smoked Salmon with Mint Flavored Cucumber Salad
ミント風味の胡瓜のサラダを添えたスモークサーモン
* Crab and Vegetable in Jelly with Tomato Mousse
蟹と季節野菜のゼリー トマトのムース添え
* Foie Gras and Dried Fruits Parfait, White Porto Flavor
フォアグラとドライフルーツのパルフェ 白ポルト風味
* Parma Ham and Sliced Fruits
パルマ産生ハムとスライスフルーツ
* Tomato and Mozzarella Cheese Salad
トマトとモッツァレラチーズのサラダ
* Basil Flavored Cappelini with Seafood and Spicy Tomato Sauce
* Steamed Salmon and Mousse with Lobster Cream Sauce
サーモンとムースのスチーム ロブスタークリームソース
* Deep-fried Mix Seafood with Red Pimento Flavored Tartar Sauce
シーフードのミックスフライ 赤ピーマン風味のタルタルソース
* Pan-fried White Fish with Herb Butter Sauce
白身魚のパンフライ ハーブバターソース
* Grilled Spicy Wild Chicken, Sautéed etc
スパイシーな地鶏のグリル レモンドレッシング
* Braised Beef Cheek and Vegetables
牛頬肉の煮込み、季節の野菜添え
* Roasted Duck Maple Syrup and Cinnamon Flavor
鴨のロースト メープルシロップとシナモン風味バルサミコソース 
* Braised Sausage and Winter Vegetable Mustard Flavor
ソーセージ各種と冬野菜のポトフ マスタード風味
* Beef Stroganoff with Butter Rice
ビーフストロガノフ バターライス添え
* Penne of Mushroom and Bacon Cream Sauce
キノコとベーコンのクリームソースのペンネ
* Seafood Saffron Risotto
シーフードのサフランリゾット
デザート
* Selection of Cakes and French Pastries

土地柄、恵比寿は綺麗。バカラ並木だよ☆
20071228195316.jpg 20071228184310.jpg

四十路へのずっこけ恋愛道

クリスチャン向けの小冊子をたまたま拾い読みしたら「四十路へのずっこけ恋愛道」という話が載っていた。筆者はどうやら独身女性のクリスチャンらしく、お友達数人との会話が紹介されていた。いわく、付き合う人がどんな人がいいかという、こんなお話。

「話題の映画を見たくても『それはこの世的だからだめだ!』って言われて、映画は『ジーザス』とか『塩狩峠』ばかりでもね~」
「風邪で高熱を出しているにもかかわらず、『主は癒し主!』とかいって、祈ってくれるのはいいけど、薬もくれない」とか「子供の名前を無理やり聖書から引っ張ってきて、ゴリヤテ君もこまるし、耶蘇と書いてヒロシと読みます、というのもね~」
「誕生日のプレゼントにこひつじグッズをもらってもちょっとうれしくないし~」

ウケた・・・。
サーバンツの古田会長みたいに羊コレクターならまだしも、確かに・・・。

ちなみに、私は、今一番ほしいのは「エルメスの手帳(色はピンク)」です。
超、この世的。