カテゴリー別アーカイブ: 渋谷子育て

北城恪太郎、日本IBM最高顧問の格言

先日、北城氏のインタビュー記事を読んだ。というのも、彼の代理人が、12月の桜子インタビューゲストなので、考え方を学んでおこう、と思ったわけだ。

北城氏はクリスチャンというのは知っていたが、信仰告白(洗礼)は、社会人一年目のクリスマスイブだそうで、同じく受洗した女性が、彼の妻になった、というのは初耳だった。いい話だ。(人´∀`).☆.。.:*・゚

彼が、聖書を人生の土台にしたのは、次の発言で知った。
「一度しかない自分の人生を自分の考えで生きることもできるが、自分は変わることのないものに支えられて歩んでゆくべきと考え、それまで神の存在を感じていたために、就職した年のクリスマスイブに洗礼を受け、同じ日に洗礼を受けた女性を妻として、なりました」

それで、北城氏は社会人としてトップに上り詰めた。いったい、どんな仕事や、どんな考え方を持てば、そうなれるのだろう。
彼の考え方を読むと、人生で大切な3つをあげていた。

①世界を変える(自らの賜物を生かす道を自ら探し出して人類に福祉に貢献する道を考える)
②難しい道、難しい仕事を選ぶ勇気を持つ(それによって自分の可能性を高めることができる)
③前向きに

そんな彼は、ある場所で、こんな問いを若者に投げていた。

「人は何のために生きるか?」

パッと見、青臭いセリフだが、答えは実に難しい。
私のインタビューではゲストには必ず、最後にこの問を投げている。

「人生とは〇〇である」の〇〇を埋めると、何だと思うか?

これを言うと、ハッとした顔をされたり、苦笑いされたり、唸られたりと、反応は様々だ。そして、答えに詰まる人も少なくない。
そんな中で、割とスラスラ答える人に限って仰るのは、ゲーム、だ。
人生はゲームのようなものじゃないですか?、と。

これに対して、北城氏の答えは、記事を読む限り、次の通りだった。

「私は、人生の目的とは、自分に与えられた能力を最大限に生かして、“人の役に立つこと”、そして“社会に貢献すること”だと思っています」

こういう実感を持って働ける人は幸せである。
老若男女問わず、その人がどういう立場であろうとも、そういう仕事が与えられれば実に素晴らしい。

パトリック大人買い

仕事を頑張る夫にPATRICKの靴を何足か買ってきた。

帰ってきたら喜んでもらおうと玄関に靴を並べた。

娘が、勝手に400円で領収書を書いていた。

一足百円かぁ、、、、

可愛いなあ。

仕事と家庭の両立

昨夜は、たまたま縁あって、他人の仕事を手伝い、終わったのが午前1時半だった。
そのせいで、興奮してすぐ入眠が難しく、2時半ぐらいに寝た。

今朝は娘の遠足で、私はお弁当と水筒を用意し、
いつもより早く彼女を家から出す必要があった。

私は幾分、睡眠不足で、夜中に悪い夢を見たことも重なり、やや不機嫌だった。
そこに娘がちょっとしたわがまま(いつもなら軽く聞き流せること)を言ったため、
私は必要以上に怒鳴ってしまった。

彼女は、出かける前に「ママ、お弁当つくってくれてありがとう」と甘えた声で言って、夫と保育園へ出かけた。
その前は、私の激怒におののいてしまい、しゅんとしていた。
幸い、夫が「どうしたの?」と独りごはんを食べる娘のそばに寄り添い、彼女を癒した。

朝、渋谷マークシティを歩きながら、自己嫌悪。
どう考えても私が悪い。
それで、どう考えてもやっぱり自分にはフルタイムなんて無理じゃないか、とさらに考えてしまう。
それでも、楽しい作業ならたとえ他人の仕事でもやりたくなるので、専業主婦になるのは自分には向いていないように思う。

仕事をとれば、家庭がおろそかになるし、
家庭だけでは満足できなそうな私。

こまったものである。

ブログで金儲けのすゝめ

渋谷道玄坂で行われた新会社設立の祝賀会に、社長である友人から、家族三人を招待して頂いた。
彼の子供も来るということで、それならうちの子も行けると、夫に娘を託すつもりだった。というのも、私は月末に試験を控えていたからだ。

だが、昨夜、夫が言ったセリフがひっかかった。
「もっと人生が豊かになる生き方を選んだらどうなの?」

近年の私は家と職場の往復しきりで、夜の社交はゼロ。子供第一にしているから、これでいい。
だが、今夜は社交場に家族全員でいられるという、めったにない誘いである!

試験と社交場。豊かになる生き方を考えたら、社交場でしょ!

と、試験を捨てて、出かけた。
行ったらその価値は十分にあった。

まず、招いてくれた社長ご家族との親交を実感できたし、初対面でうちへおいで、と仰った方との出会いや、今後の個人活動に力をくれそうな人との出会いがあった。そして特筆だったのが、海外でいま、すごく来ているネットサービスを私に薦めてくれたアメリカ人がいた。

彼女は言った。
「5年後に今の会話を聞いたら、きっと私たち、笑っちゃうわよ。“ねえねえ、googleって知ってる?”と言ってるようなものだから。それと同じものが今始まっている。参加している日本人はまだ少ないわ。あなた、絶対それやるべきよ!2003年からブログを続けてきて無収入なんて、そんなことやってほしくないわ!」

私は一生懸命話す彼女に何度も礼を言い、「じゃあそれで儲かったらおごるわ」と言って、笑わせた。
さて、これがその後どうなるかは、乞うご期待?!

渋谷区子育て情報にLINEが出来ていた!

渋谷区長に先般、お会いしてきた私。

詳しい話はまた追って紹介するが、
「私のブログでは保育園探し(保活)情報が数年前の記事なのにいまだにアクセス数が高い!」と話したら、渋谷区の広報課さんからお礼を言われ、「もっと取材してください!」と、イベントやLINEの案内を頂いた。

もちろん喜んでやりたい!!
でも、書く時間が…。><

いっそのこと、このブログに広告でも貼るか?!
しかし、2003年からどんなにアクセス高の時でも無償でやってきた。今更ねえ、と妙なプライドが邪魔をする。
(でもそのうち、貼るかも?!)

ともかく、今の私が出来ることとして、この渋谷区子育てLINEを宣伝します。
さっそくわが家もやってみたけど、6歳になると、何のレスもなく、ちょっとなあ……。

子育てママにもっとニュースをプリーズ。