月別アーカイブ: 2009年5月

驚くばかりの恵みなりき

働くシングルマザーは大変だ。
先週の日曜日は中学3年の娘と母と一緒に、小学3年の娘の運動会を見に行った。
なにをかくそう、私は2児の母である。 

200905311003000.jpg 

 

 

とか言ったら、読者びっくりだな。

 

 

 

その日、本当のマザーは病に伏せっていた。私は代理ママ(のつもり)だった。

 

このマザー、私の知る限りではたくさんの困難に襲われているので
どんなに酷い顔つきをしているかと思いきや、いつも穏やかで清らかだ。
 

私はかねてから疑問に思っていることを、その日思い切って聞いてみた。

 

 

「喜代ちゃん、そんなひどい目にあって、どうして神様のことを恨まないの?」

 

 

 

彼女noこたえ

 

 

 

「だって、それを上回ってあまりある恵みをたくさん頂いているの」

 「自分が神様に愛されていることをもの凄く実感する」

 

 

 

彼女の姿は私にとって現代のミラクルだ。

 試練や困難がどう恵みになるのか、私たちには全くわからない。

social translation service

Conyacというサービスを後輩naokeyが始めた。
ぜひブログで書いてくれ、というのでご紹介させていただく。

 http://www.conyac.cc ソーシャル翻訳サービス

これは、今年の2月に「タリーズで朝食を」で書いたときの後輩らが起業して始めたものである。(※ちなみに当日寝坊したのはnaokeyではない)

今回、こうして頼まれることになって初めて気がついたが、
自分でURLをわざわざ叩いて閲覧するのは、差し迫った動機がないと
案外億劫、ということだ。
恥ずかしながら、私もかつてブロガーの方へ宣伝をお願いをした経験があるが、
結果は芳しくなかった。今になって、なんとなく納得である。
 

先日、帰りの満員電車で、なぜか急に具合が悪くなった私は、
立ち続けていられなくなり、ふだん降りない駅のホームに降りて、
ベンチに腰掛けた。
終電まであと1-2本あったはずが、上りも下りも見事に誰もおらず、
夜の静けさがこだまする中、寂しくなってケータイを取り出した。

正直、メールを書いているだけで吐き気がしたのだが、

孤独 > 吐き気

という公式により、
本来なら真っ先に孤独の処方箋である神に祈るべき・・・が、実際の私
はケータイの受信メールをずらずら眺め、こんな遅い時間でも相手して
くれるOR助けにきてくれる稀有な人を探した。(→結局、誰もおらず)

で、それを見ていたら、naokeyからのメールが目に留まった。
それで冒頭の言葉。

誰もいない駅のホームで一人倒れそうになって吐き気と戦いながら、
私は思った。

死ぬかもしれない。
だったらその前に今出来ることをしておくべきだった。

ああ、ブログを書くことぐらいお安い御用なのに、なんで書かなかったのか。

結局、今こうしてブログを書いているくらいだから、復帰したのだが、
そういうわけで、皆さん、翻訳に困ったらぜひnaokeyらのサービス、
使ってみてあげてください。m(__)m

by桜子

追伸:naokeyへ
会員登録した後のページ 「コニャッからのメールが迷惑メール・・・」
誤字があったよ。

料理教室合コン

友達の友達が、婚カツとして料理教室合コンにいく、と聞き、改めて驚いた。
新聞やテレビでだいぶ前から知ってはいたが、一つのネタにすぎないと軽視していた私は、あらためて、本当に活動している人がいることでインターネットでググるのである。

運動大好きスポーツ系
自然を愛するアウトドア系
仕事が出来るキャリアウーマン系
ルックス自慢の美人系
育ちが自慢セレブ系
センス抜群おしゃれ系
包容力のお姉さん系
おっとり癒し系
盛り上げ上手のお笑い系
話題が尽きない話し上手系
優しく真摯に聞き上手系

なるほど…
イタイって、ちょっとヤバそうですか?

でもまぁ、とりあえず友達の報告を待ちますよ。
こういう場を提供してくれるってだけでも
有難いことですよね・・・

週末お勧め映画☆スター・トレック(Star Trek)

thumbnail.jpg 左はスポック

今日から上映されるスタートレック。試写会見てきました。
ものすごく良かったので、もし以下に該当の人がいたらお薦めです。

 
・頭の中は仕事のことでいっぱい
・疲れている
・気分転換したい
・空想癖がある
・見終わった後にスカッとしたい
・初デートに適した映画を探している
・男(女)友達と一緒に見ても、目のやり場に困るシーンに遭遇しない映画を探している

⇒つまり、デートでも友達とでも楽しめる映画です。
  ただし一人で見るのはお薦めしません。
  見終わった後の興奮を誰かと分かち合えないのは、余りにももったいないです。

<ストーリー>

宇宙映画。詳細は劇場で。


<視聴後に得られるもの>

1)充実感、達成感
 一緒に出かけた友は、「やりつくした感があるよー」と悦に浸ってた ←が、何もしてない。

2)価値観の転換
 おかっぱ頭の男性って意外とステキ、と思うようになる。←スポック(準主役)ファンになった。

3)擬似体験
  宇宙に行って戦ってきた気分になる

<総括>

SF映画が特に好きでもなく、過去のスタートレックを一切知らなかった私でも、時間を忘れてあっという間に126分を過ごした、素晴らしき映画です!
ちなみに、これは映画館という大音響の場で見てこそ、の作品です。