カテゴリー別アーカイブ: プライベート

パジャマパーティーの翌日

朝7時に起床。

10時ぐらいから、メンバーのうち2名が前日に開けなかったビールやサワー缶を開け始め、
(さすが、アダルトな先輩は違うなあ・・・)と、頼もしく飲む姿を見つめた。

ブランチへ出かけようと言っていたのに、
そんな感じでまた朝から小宴会が始まったため、お菓子などで小腹を満たしつつ、
ランチタイムにチェックアウトして、シェラトン内の中華料理店へお出かけ。

四川料理。
 
「みんなと食べると美味しいね」とY子さんが言って、みんなでもりもり食べた。
私以外、全員がランチビールをオーダーして、美味しそうに飲んでいた。

良く食べて、たくさん話して、楽しかった。

感謝。

臨月間近のパジャマパーティー

幸いなるかな。
あと1ヵ月余りで出産という最中、女子パジャマパーティーが企画され、
行けるかどうかと散々悩んでいたのに、参加することができました。

夜中に足がつったらどうしよう

等という事前の心配は無用で、ぐっすり眠れただけでなく、
みんなで楽しく飲んで騒いで、女性5人で楽しい思い出を作りました。

サプライズで誕生日のお祝いをして頂いて、大感激。
 
さすがに涙腺が緩んだ。
お花はなんと個人の方のアレンジメント!ケーキは美味。

このホテルがどうのこうの、というよりも、
メンバーが良かったので、シェラトン都ホテルは良かったです♪

赤ちゃんが産まれたら、もう参加できないよね~(;;)
しばらくこの思い出を胸に、地味な暮らしに突入しよ~っと。

マイバースデー

今日は私の誕生日。
夫は仕事に出かけたので、久しぶりにPCからブログを更新する。

誕生日は感慨深い。
いろんなことを考える。

今年は2つのことを考えた。
1つは伴侶のこと。

昨夜、時計の針が零時に変わったとき、
隣にいた夫がごく当たり前のように「おめでとう」と静かに言った。

今までは、日付が変わった瞬間に誰かから携帯にメールが来た。
独身の私はそこに書かれている「お誕生日おめでとう」に、随分慰めてもらってきた。
けれど、今年は誰からもメールがくることはなく、
その代わり、傍で伴侶が「おめでとう」と祝ってくれる。

これから先は、毎年、毎年、彼が一番最初に「おめでとう」と、
私に言うのだろうなあ、と思ったら、不思議な気がした。
彼は数年前まで見ず知らずの他人だった。

結婚したんだなあ・・・

と、改めて、その喜びをかみしめた。

もう1つは母のこと。
朝になって、30数年前に思いを馳せた。
私が産まれたのは午前だったらしいから、30数年前の今ごろは陣痛だっただろう。

あと一ヵ月余りで、今度は私がそれを経験する。

いつ頃からだったか、誕生日は自分が偉いのではなく、
産んでくれた母が偉くて、育ててくれた両親が偉くて、
今日まで育んでくれた周囲に、「ありがとう」と、
感謝をささげる日だと気づいた。

そういうわけで
今日で30ウン歳になって、
今年はしっとりと、今までのことを振り返る。
こんな私が子持ちになるとは、未だに信じられない。
神様、皆様、どうもありがとうございます。人生は奥深いです。