月別アーカイブ: 2007年5月

西麻布カピトリーノ(CAPITOLINO)

1977年創業。都内で最も古い本格的なイタリア料理店の草分け的存在。
オーナーシェフの吉川敏明さんは、1965年単身ローマに渡り長く修業をした、イタリア料理の第一人者。メニューは、ローマをはじめとするイタリア各地の肉料理が中心。

200705292130071.jpg 200705292147581.jpg

F1000064.JPG 右側、西麻布のおじさん。
↑すみません~!!買ったばかりのデジカメはメモリが入っていませんでした~!!そのためテレビ画面に取り込んで再ショットしました(汗)※この手前味噌な作業を手伝ってくれたKさん、ありがとう。。

これはまた行って、取り直さなくてはですね。(⇒やま先生へ)

西麻布のおじ様、やま先生、シェフ、マダム200705292303241.jpg

恵比寿パルテノペ(全日本ムール貝協会)

全日本ムール貝協会の第5回定例貝に駆けつける。ここで、全日本ムール貝協会ってなによ!?という方のために、事務局次長K氏からの説明書きを引用してご紹介しよう。

1)全日本ムール貝協会とは?

 略称は全ム協、またはAMA=All japan Mussel Association。会の目的は、日本におけるムール貝の地位向上とムール貝に関連する諸分野の文化的・喰い道楽的研究の促進にあります。

2)何故、日本ではムール貝の地位が低い?

1.ムール貝は一応「ムラサキガイ」という日本名もありますが、日本中の港の岸壁にビッシリこびりついているため、通称「バカガイ」とも呼ばれています。 しかも、カキと同様、大量の海水を体内に取り込んでは吐き出し、海水中のプランクトンを食べて生きているため、海水が汚れていると、ムール貝の身も汚れてしまいます。 従って、日本の港に棲んでいる天然のムール貝は石油臭くて食べられたものではありません。 だから、「用無し」と思われているのです。

2.フランスでは、家庭料理・郷土料理として、ムール貝料理は、広く愛されているのですが、料理の『格』でいうと、和食でいう「しじみ汁」のようなもので、高級レストランのメニューには登場しません。
従って、日本で食されている「おフランス料理」には、めったに登場しないのです。だから、せいぜい「パエリア」や「魚介のパスタ」の飾り物という認識しか持たれていないのです。

そのような、かわいそうな実態に対し、ムール貝の立場に立って、その貝権を擁護しようというのが、本会の目的です。
(以上、引用。)

20070528190019.jpg 20070528192146.jpg 20070528194314.jpg 20070528200253.jpg 20070528202725.jpg すべてムール貝入り。
20070528211137.jpgさすがにドルチェはドルチェ。

「当店のムール貝はお客様のお陰で完売しました。ありがとうございました!」と店長にお礼を言われ、拍手する一同。皆様、こよなくムール貝を愛しておられ、その食に対する熱い思いには、ただただ脱帽するばかり。

ソフトブレーン宋文洲さんにお会いする

宋文洲さんのメルマガコラムを読ませて頂いて以来、お会いしたことはないが、いつか桜子の部屋・お友達の輪インタビューに出て頂きたい、お会いしたいな♪と思っていた、憧れの宋文洲氏。

 それが昨日ばったり遭遇する。場所とタイミングが非常に優れていたために、宋さんとはすっかり親しくなり(多分)、ついには駅に向かうタクシーまで同乗させて頂いた。

※本当に会ったという証拠写真を撮っておきたいとお願いして、携帯で撮らせて頂いた。でもブログ掲載の可否を伺いそびれたので斜め姿にしておく。
20070525151631.jpg タクシーを拾う前。

 会社に戻って興奮しながらそれを話したら、「また~(笑)。桜子さん、話しかけたんですか?」とか、クライアントには、「タクシーに乗せてもらったなんて、いかにも桜子さんらしい」などと言われてしまう。

・・・この際、誤解を解いておこう。

タクシーに乗るか聞いてくださったのは宋さんである。

それに、

信じがたいのかもしれないが、こう見えて、私はミジンコなみの気の小ささである。異業種交流会や名刺交換会という”人脈を広げましょう会”は興味薄にて大の苦手だし、ビジネススクール(グロービス)では挙手が恥ずかしくてできずに毎回非常にストレスとなって苦悶している。ましてや異性に告白なんてそうそう出来ないし・・・(あ、これは言うべきでない!?)

外見で判断するな~!見た目と内面は違うんだー!!!

ハアハア・・・。ゼイゼイ・・・。_| ̄|○il|li

いいもん。

本当の私は神様と傍にいる人が一番よく分かってくれているさ。

それにしても、そのように言われて、私もあとから不思議になった。

なぜ私は、宋さんとあのように親しく話すきっかけを持てたのだろう?

一晩考えた。

確かに私はナンパなどという軽率な振る舞いはしていないのである。
(もちろん宋さんも同様だ)

では、なぜか。

すると・・・

確かに無言だったんだけど、私はお会いした瞬間、満面の笑みだったと思われる。前々からお会いしたかったし、とても尊敬していたので、お会いしたことが嬉しくて嬉しくて、顔に「あなたに会えてとっても、嬉しい!!」と書いてあったに違いない。

それで、その笑顔にひきづられて(おそらく・・・)宋氏もほほえまれて、その笑顔タイミングが重なったので、会話が始まったのだと思う。

いやいや、全然きづかなかった。笑顔すばらしいな。

やっぱり、笑い顔には、本当に福が来るんだ。

さあ、今日も笑おう。
きっと今日も素晴らしい出会いが待っているに違いない。

ソフトブレーン社は、2000年12月に東証マザーズに上場。2005年6月1日には東証1部上場を果たし、業界最大手に成長。宋さんご自身は、2004年経済界大賞・青年経営者賞を受賞され、著書も多数。。12万部に迫るベストセラー「やっぱり変だよ日本の営業」は、トヨタ自動車の張富士夫社長(当時)自身が購入し、営業系の役員を中心に配布されたほど、有名。
昨年、ソフトブレーンの会長を退かれた。宋氏の会長をお辞めになった理由はココ

人生のプライオリティー

                                  私事ですが・・・ と書きつつ、
ブログはいつでもマイストーリーですが。

  自分で言うのも格好悪いが、5月に入ってから、かつてのベンチャー時代ばりに実によく働き、仕事に精を出している。(とはいっても、上には上があり、私はどこの何者でもないただのヒラ社員なので、あくまで自分比。)

 夜は毎晩なんだかんだで予定が埋まり、先日などは久しぶりに23時台に帰ったことが驚きになったほどだった。そんな生活が続いて、先週の土曜日は無理やり山に行きリラックスさせた。

 けれども。

 どういうわけかその日の夜、またもや寝つきが悪い。仕事のことが気になる。やっと明け方うとうとして、久しぶりに睡眠をとった。(6時間?)そうして、礼拝に出かけた。
(※ちなみに私はどこそこ宗教には一切入ってはいません)

 眠ったとはいえ、頭の中は仕事やその他の心配ごとで頭がいっぱいだった。それを証明するかのように胸の鼓動は早打ちなのである。

 それで。

 礼拝に出たら、涙が出てきた。

 
 誰かが聖書を読むたびに、まったく同感なのである。聖書の言葉が一つ一つ心に染みこむ。

 その中で、こんな箇所もあった(気がする)。

 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」

 さらに涙がこぼれる。

 そうそう、頭の中はこんな感じ。●朝早く行って仕事しなきゃ。●企画を出さなくちゃ。●週明けのアポは必須。休むなかれ、倒れるなかれ。●夜の会食は元気よく、暗くちゃだめだよ、明るくね。●課題を提出しなくちゃ。●課題は良い評価を得なくちゃ ●ポートフォリオ分析ってなんだっけ?

とまあ、かくのごとく、「ちゃちゃちゃ」のオンパレードで、あれもしなくては、これもできるようにならなくては、と、全て完璧を目指していたので、頭がヒートアップして辛くなっていた。でも、どれもこれも、自分の人生には、こなさなくてはならない大事なことで、与えられた以上は100%を目指さなくては、と思っていた。

が、しかし。礼拝中、

いったい私は何をしているんだろう?

と疑問符が浮かぶ。

たまたまコレに突っ込む人がそばにいて、

「社長になりたいわけじゃないんだろ?会社の経営層でもないんだろ?それなのに、お前、なにやってるんだ。何、目指してるんだ?」

といわれてハッと我に返る。

「体を壊したら、もともこもないだろう。何か手を抜け。」

・・・手って抜いていいんですか?・・・と、子供のような質問をしそうになるが、確かに言うとおりだ。

第一、人生で一番大事なことってなんだったっけ?

そりゃ、確かに勉強も仕事もお金を稼ぐこともすべて大切だし、努力すべきなんだけども・・・。

そもそも私、何のために生きているんだっけ?

友達と他愛無い話をすることも大事なことじゃなかったっけ?

いやいやそれよりも、私は何のために命が与えられているんだったっけ?

まだまだ書きたいことはあるけど、そろそろベッドに戻るので、つづきは次回。