タグ別アーカイブ: プレゼント

2020年コロナ禍クリスマス会_前編

 例年、クリスマスと言う日をこよなく愛している私。それは、イエスキリストがこの世に生まれた、ということを公に祝える日だからである。
 サンタの日じゃないYO

 昔、メディアで連載を開始する前、編集者に「聖書の言葉を紹介したい」と言ったら、「仏教の言葉だったらいいけど、聖書はダメ」ときっぱり断られた。売れないそうだ。

 それくらい、日本人にとって馴染みのない聖書だが、世界のベストセラーであり、欧米諸国では教養の一つとして、聖書は親しまれている。ハリウッド映画を鑑賞すると、時折これは聖書の箇所だ、と気づくが、聖書を知らない日本人に、このシーンの意味は分からないと、いつも思う。
  
 そんな日本にあって、クリスマスだけは、聖書を紹介しても、ちっとも嫌がられない。これまで、この日だけは特別よ、と、たくさんの人たちに、ささやかなクリスマスプレゼントを贈り続けてきた。

 時間に余裕のあった20代、12月になるとクッキーを焼くのが、独身時代の私の恒例行事だった。一日かけて、クッキーをオーブンで焼く。ドイツのミンヘン婦人のレシピは、バターの分量が多く、口に入れると、ホロッと崩れて美味しかった。市松模様の美しい黒と白のボックスクッキーは、見た目も華やかで、母が作るのが大変、上手かった。
 

 透明なセロファン袋に入れ、緑と赤のリボンを結んで、聖書の言葉と一緒にする。
 クッキーは大変美しく、いつもラッピングが楽しくて、渡す前からワクワクした。
 手作りのため、渡せるクッキーは少量ながら、私にとっては思い入れが深かった。
 
 
 
 結局のところ、なぜこのようなことをしていたか、と言えば、聖書を知ってもらいたい、この一言に尽きる。聖書に次の言葉がある。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。」
 
 この使命を胸に、毎年この時期になると、私の中の聖霊が私にささやきかけてくる。
 「誰か、いないか?」
こう書くと、一気に宗教染みてくるが、聖書によると、イエスキリストを心の中で信じて、神様だと受け入れたとき、神の聖霊が、一人一人の人間に宿る、という。(儀式は必要ない)
 
 義務なのか、欲求なのか。私の中の霊が、絶えず、私に働きかける。

 私にとって、誰かが神さまを信じたとて、私にご利益があるわけでもなく、私には全く、関係ないこと。

 けれども、私がこの世で生かされているのは、このためである、と思うから、勇気を出して渡しす。
たとえ、相手に喜ばれなくても、その人にとって、渡した聖書の言葉が、いつか彼/彼女の人生の局面で、必要になるときがあるかもしれない。その人の運命は分からないから、今この瞬間、ご縁があった人へ私が出来るプレゼントを贈るのだ。

「きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。ルカによる福音書 2:11」

 「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように。ルカによる福音書 2:14」

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、 ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネの福音書 3章16節 」

 
 クリスマス礼拝が、今日は世界各地で行われる日曜日だ。洗礼式もある。

 わが魂よ、主を褒めたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
 どうか、たくさんの人たちが、喜ぶ日曜日でありますように。

夫、50歳の誕生日何をする?!

今日は夫の誕生日。

仕事で遅いはず、とノープランを決めていたら、まさかの「今日は早めに帰るよ」。

わ〜(>_<)どうしよ〜。

今年はそんじょそこらの日じゃないよ、50歳の節目だよ。知り合い男子も、50歳になると気持ちは違う、と明言してた。

パーティーでも開くべきだったか?

と、考え始めても時すでに遅し。
慌ててシニアの社長にウンチクをお願いしようとメールで誘ったら、出張で行けない、と即レス。

もともと、夫は家族だけでいいというタイプ。ならば、ホントに家族だけで過ごそうかと迷いながらも、今朝は職場で、訪問先のクライアントと打合せついでに、誕生日の過ごし方を相談してみた。

「パーティーはさ・・・」

ごくり、唾をのむ私。

「この歳になると派手なのは恥ずかしいよ」

ああ、そうですか?なら、よかった。家族でお祝いする案でいいのね。

「親が来たら、サイアク。」

げ。まじですか。

15分前に義母へお誘いをメールしたばかり。青くなった。

「でも」
「そういうのが一番思い出に残ってる」

打合せ後、携帯には義母から『行く』の返事が来てた。

そうだよ、やっぱり母が産んでくれたから、いまの夫があるんだもん。いらしていただくのに、一番ふさわしいゲストだよ。

夜、シャンパンで乾杯したあと、おやこカルタ。 

 ケーキ。やっぱりこれがないとね。:)

 

✳︎実は毎年、バースデープレートをとっておいてくれてる夫。  

付き合い始めからとっておいてくれてるそう。

1、2、3。…3年だね!

と喜々としていったら、

「そんなわけないだろ!べべは今年4歳になるでしょ」と突っ込まれた。

残り3枚足りない。去年は私がホワイトチョコをバリバリ食べた気がする。。

夫は幸せな誕生日だったよ、

と言った。

こんな地味だったのに良かったのかな〜( ? _ ? )

でも、ただいま夫は社員にいただいたバカラの素敵なグラスで、大好きなお酒を飲んで幸せそう。 
よかった。


◇誕生日プレゼントこぼれ話◇ 2019年1月30日追記(この記事が人気なので調べました)
50代が欲しがるアイテムの1位は「財布」だそう。確かにその後、夫自ら、普通の日に汚れてきたから、と新品のお財布を購入していました。(・・・私があげないので)そのほか、思いつく喜びアイテムは下記の通り。
1位:  財布
2位   
3位:  バカラ ←名入れ対応も可
4位    ←オーダー枕(日々の疲れもこれで吹き飛ぶ!)
5位:  上質なシャンパン ←これで乾杯♪

どうぞ、思い出に残る素敵な誕生日を!

追伸:うちの会社にはこんな若い50代もいる。