タグ別アーカイブ: アラフォー

アラフォークリスチャンの結婚(2/2)

「私は結婚したい病でした!」

カツゼツ良く、明菜ちゃんは言い放った。
いきなりそんな告白を始めたので、私はとても驚いた。
目を丸くする私に、
彼女はさらに畳みかけた。

「私、すぐ好きな人が出来てしまうの。
 それで神様に祈ってはダメでダメでダメで・・・。」

うん、うん。(私)

「だから、素直に祈るのをやめたの」

え?素直を捨てた??
神様は直ぐな心を喜ぶ方だったよね!?

「素直に祈るっていうのは聞こえがいいけど、
 自分の祈ろうと思っている感情的な心は、自分の思い。
 御心の祈りじゃない。
 だから御霊によって祈れますようにって」

・・・明菜ちゃん。
御心とか御霊とか、意味分かんないよ。
幼稚園児でも分かるように説明して。

「うーんとね、桜子ちゃん(←私を幼稚園児に見立て始めた:笑)。

 その意味は、こうなの。 
 私が結婚することによって、
 神様に喜ばれる人生を送れるんだったら、
 結婚について祈っていきたいし、

 しないで一人でいることが、神様に喜ばれる人生なら、
 結婚について祈ることを止めることができるように。
 
 ・・・(自分を)ゼロにして祈らなきゃダメだと思ったの」

さて、ここで普通の人(クリスチャンでない人)はどう考えるのだろう?
私はここで思い出した。
似た話を以前にも聞いた。
どうやらそれはクリスチャンにとって、結婚の秘訣らしい。

だが、私は・・・。

と、ここでその話を書くと長いので、割愛する。

以上、明菜ちゃんの結婚までの道のり。幸せが沢山ありますように!

アラフォークリスチャンの結婚(1/2)

先週の週末、結婚式があり、金曜の夜、北軽井沢へ出かけた。

春なのに大雪が舞い、明日はどうかと心配したが、
翌朝は青空に澄んだ銀世界が美しかった。
201004170921000.jpg

201004170921001.jpg

今回私が泊まった宿は、教会所有のゲストハウスという宿泊施設で、
結婚式場に隣接しているため、関係者が多く集まっていた。
土日連続で1組づつが式を挙げる予定だったからである。

土曜はクリスチャンでない方が、日曜はクリスチャン同士が、結婚する。

両家それぞれの思いはあろうが、
私としてはクリスチャンの新婦を知る者として
日曜組に興味を持っていた。

明菜ちゃんは私と仲の良いタイプではなかったのが、
ある時を機会に話すようになり、親しくなった。
彼女は私より年上だが偉ぶらず、知る限り、クリスチャン歴は長い。

正直、地味なおとなしい感じで男性に興味はなさそうに見えた彼女が、
しかも、この年にして(失礼)初婚なのだから、JCFとしては励みになり、
心からの祝福を送らずにはいられない。emoji063.gif

結婚式前日、私は彼女に思いを馳せた。
今頃ホテルにこもって明日の準備中かな~などと思っていたら、
ひょっこり結婚式場の広場へ現れた。

・・・(@@)え、どうしたの!何してるの!?

すると、「お昼だから、みんなに会いたくて来ちゃった(照)」
と首をすぼめる。

さらに、宿泊先を訪ねたら「ゲストハウスに泊まっている」と答えた。

え?そんなとこでいいの!?

加えて明日の準備はいいのか尋ねると、

明日のスピーチ内容が決まってないだけでなく、
新婚旅行先も決まってないのに、
式後、新婚旅行することだけは決まってる、と笑う。

・・・マジで!?

っていうか、明菜ちゃん、それ、フツーの人が聞いたらドン引きだよ。

私はクリスチャンだから、なんとなく、そういうのも理解できるけど、
多分、神様の存在を信じていない人が聞いたら、驚くよ。

なのに、この場に来た彼女。

話をする時間はあるか、と聞けば、うんと言う。

そこで、私は明菜ちゃんに結婚にいたった経緯を語ってもらった。

開口一番、彼女が放った言葉は私にとって、爆弾のようであった。

(続く)

全日本独身クリスチャン女性連盟

週末、2人の女性と1人の経営者から、ブログネタで話しかけられた。

普段コメントがないだけに、ブログを読んでいると思いがけない人に言われると、
ものすごく、うれしい。

さらに、その女性の一人(25歳)とは面識がなかった。
どうやってブログを知ったか尋ねると「桜子 ミヘルスベルグ」と検索したという。

・・・お洒落なワードで調べてくれてありがとう。
その話をこの人に聞かせてあげたいよ。

というわけで、女性読者の存在に発奮し、私は思い切って、
全日本独身クリスチャン女性連盟(Japanese single women Christian Fellowship 略してJCF)の話を書くよ!

折しも、JCFメンバーが晴れて結婚の門出を迎えた。
池内明菜(43歳)さんは、長い祈りによって先日ゴールインしたばかり!
彼女にまつわるエピソードを語ろうか!?

20100418111841.jpg

・・・って、

ウソついてんじゃねえよ!JCFて何だよ!(byハリセンボン春菜)

一人ボケてつっこむ。
全日本独身クリスチャン女性連盟とかありそうだな~と思って
つい書いた。ええ、そんなの存在しないつーの。

だけど、クリスチャンのアラフォー女性が結婚された。
それはホントだよ・・・h3.gif

(続く)

働く女の現場から

NTTグループの東海林桜子です。

いま女性の社会進出が当たり前の世の中で、
企業や業態を問わず、多くの女性が悲鳴をあげています。

本日は東海林桜子が、働く女性の現場をレポートします。

No.1【セクハラ】

東海林桜子 「セクハラを受けているんですね?」

Cherry    「いやー、そういうとオーバーですが・・・。女性だから、
         というので、よくからかわれています」

東海林桜子 「ほう。例えばどんな?」

Cherry    「例えば…って言われちゃうと、すぐに出てこないですけど」

東海林桜子 「では、昨日はどんな日でしたか?」

Cherry     「ああ、確かに色々言われました! 
         今でこそ仲が良い方なので、私もまったく気にしていないんですが、
         知り合った当初はかなり戸惑いましたね・・・」

=========(Cherryの昨日回想シーン)=========

PM2:00 クライアントを訪問する。

 「こんにちはー」

お客様、ちらっと私の顔をみる。
私、いつも指定の会議室の席に座る。

 「あれ、今日は綺麗じゃない?」

おっと、また来た。しかし、私もたくましいんだぞ。

 「今日、です。」

お客様 「そうだね、ハハハ」

しかし、敵もさるもの。15分後に攻撃は再開される。

「なにか、いつもと違うね・・・。
 あっ、わかった!眉の形を変えたでしょう?」

上司、驚いて私を見る。「気づかなかった・・・」

私 「いや、まったく変えてませんから。」

お客様 「ううん、絶対なにか変えてるよ。色かな?」
 (と言いながら眉を化粧する仕草をする)

※実はいつもと若干違うアイブローを使っていたが、
 しかしプライベートに顧客への説明責任はないのでスルーする。

30分後、パソコンを叩く私の手元を覗き込んだお客様。

 「あれ、今日はどうしたの!?マニキュア、塗ってないね。
  わかった!彼氏のとこ?ん!?(家から)直行!?」
 (といって、手であっちの方向を示すジェスチャー)

私、無言で笑顔。 (よくみてるな~・・・)

※香港へ行っていたため、マニキュアケアが出来なかった。
※個人的には非常に気になっていた。

お客様 「ほら、だれも君のことかまってくれないでしょう?
      だから(僕が)かまってるの」

そこから30分後。7人会議の席でコンテンツ話をしていたときのこと。

お客様 「ウエディングコンテンツを生かすか、削除するか。
      ここに独身女性が二人いるからねえ、どうしようか」

私     「・・・」
      ※この話と自分が独身の関連性はゼロ

他社女性 「・・・」
       「削除しておきましょう。削除したら私の婚期が延びるかも
        しれませんが、そうしましょう」
    
私、吹き出す(笑)

お客様  「そう?そうね(笑)」

私は思わず大声で言った。 「独身とこのコンテンツに何の関係もないから!!」
 

・・・すでにタメ口になっていたのは言うまでもない。

※ただいま私のセクハラ体験募集中⇒sakurako*magnet-net.sakura.ne.jp/sakurako-wp/images
(*を@に変換してください)

※実話ですが、顧客との関連は良好です。
※顧客もホントは非常に良い人です。