カテゴリー別アーカイブ: 身の周りのニュース

マレーシアを代表する劇団が日本に上陸★11月演劇

マレーシアを代表する劇団が日本にくるよ、と広報担当の先輩から連絡を頂きました。
東南アジアの文化や思想に造詣のある人や、演劇を見たことない人もぜひ見てもらいたい舞台だそうです。

ナディラ

ナディラ


※ドラえもんじゃないよ◆『ナディラ』(※主人公のお名前)だよ。
チケットや詳細は上記をクリック。前売券は既に販売開始。

演出家はこの綺麗な方。
14482003_1205137536227114_1135276304512308362_o

一言メモ:主演女優は、東京国際映画祭の上演されるアジア三面鏡2016:リフレクションズにも出演中の、
     マレーシアを代表する女優さん

内容  :マレーシアの母子家庭を舞台に、女手一つで娘を育てたモスリム派の母に、再婚の話がでてくる
     ことで母子がぶつかりあうストーリー。単純な再婚の問題よりも宗教の改宗が迫られること等が
     日本ではあまり見られない見どころ(と思います)。

主催  :フェスティバル/トーキョー

芸術の秋!よかったらぜひお出かけください:)


ハッピーバースデー51歳

夕方ふと思い立ち、訪ねたら、

「さすがだねえ、急に来るなんて言うから、、」と言われて、首を傾げたら、

「俺、今日、誕生日。」

 
ごめん!知らなかった‼︎(*☻-☻*)

 何か贈り物を、と思っても既に遅し。

逆に、

「凄い美味しいから」

と、自分用に買ったと思しき、浅野屋のパイを帰り際、持たせてくれた。

お誕生日おめでとう〜!!
私はその分、これからの一年にたくさんの幸せがあるよう、心から祈ります!


多忙を極める母

今朝、父のコンピュータを視てほしいとパソコン入り段ボールをカートにくくりつけ、わが家にやって来た母。

いったい、どこにそんな大きな荷物を運ぶ力があったのかと驚くほど、母の姿は勇ましかった。
が、これはいつもの母の姿ではない。
いっぱいいっぱい頑張っている様子が伝わって来て、痛々しかった。

ベッドで眠い、と目をこすっていた夫だったが、そんな母に慌てて身仕度を整えて、対処しようとしていた。

それから、七時間後。
私たち家族三人が外での用事を済ませ帰ると、母がまだ家にいた。

聞けば、急用ができたため、ここでその処理をしていた、とキーボードを打ちながら言う。

時間は夕方だったので、一緒にごはんをと誘って、四人ですき焼きを食べた。

この数週間、母はすっかりたくましくなった。

いろんな困難を気合で乗り切っている。だが、寒い夜の帰り道にひとりは可哀想だなあ、と思っていたら、

ピコピコ

と母にメールが来た。
それがなんと、近くにいるから良かったら家まで送る、という連絡であり、タイミングの良さに私はビックリした。

母は、
「 ね、主の山に備えありでしょ?うれしいっ!!」
と、大喜びで迎えに来た車に乗って帰っていった。

20131130-221308.jpg
ベランダから、ばいばーい、と手を振る私たち。

悲しんでいるようでも、いつも喜んでいます(聖書)

いまのわが家の状態はそんな感じである。


父からのハガキ

昨日、父からのハガキが来た。

先週から、出来るだけ手紙を書くことを日課にして毎日を過ごしている。

父は筆不精だし、不自由な身になったので、返信は期待していなかっただけに意外だった。

ハガキには、母を頼むとあり、私の夫に宜しく、と書いてあった。

さっそく今朝、主人にその話をしたら、

「へぇ〜、お義父さん、ハガキの住所はどこなの?」
と言うので、

差出人の箇所を見せたら、

「新しく別荘、出来たんだね。」
と明るい声でいうから、2人で声を出して笑った。

「いままでで、一番居心地いいんじゃないの?」
という主人に、「ある意味、そうかも。」と、私。

夫がユーモアある人でよかった、と胸が熱くなった。