月別アーカイブ: 2008年8月

Web2.0の会社

先日、Web2.0という名の会社がつぶれた。他社ながら胸の痛む話だ。

このWeb2.0という言葉。かなり前から巷では古いとよくいわれている。

だけどこの言葉を使うと最先端を目指すというニュアンスが伝わりやすい。

で今日一番言いたかったのは、私はそこらへんを構成する一員だ・・・という話。

だけどそれでそんな私のせいで上が何かをよそから言われたらしい。
勤務時間中におたくの桜子、ブログ更新してますよ、けしからん!!

上の方には実に申し訳ない。m(_ _)m

けど、ブログ更新は携帯か移動中書いたり、昼休みを使っていて、あまりうつつを抜かしているつもりはない。

という言い訳はどうでもいいんだけど、

ブログにお咎めがあるなら、トゥイッターやワッサーをやってる社員も咎めてほしい。

そして、そんな風にして社員には与えられた仕事だけを勤務時間にやらせてどんどん規制して、Web2.0を目指せばいいと思う。

あ、ついでに喫煙者の喫煙時間もチェックしてほしい。

お前がそう言うなら信じるよ

昨日の出来事。

いつもより遅いランチタイムになってしまったなーと思っていたら、
岩男さんがランチに誘ってくれた。

普段、私と仲の良い岩男さんだけど、一緒に食事だ、お茶だ、というのは案外ない。

「あ、いいですね、ぜひ♪」

ということで、二人で近くのカフェ風洋食屋さんへ出かけた。
カウンターにしようか、窓際にしようか迷った挙句、
陽の光が差し込む窓際を選び、向かい合うことにした。

店内にはサザンのメドレーが流れていて、湘南気分で私はカレーにパクついた。

目の前で岩男さんがあれやこれやと色々な話をしてくれた。
けど、私は今夏で解散するサザンのBGMに耳を傾け過ぎて、あまりよく覚えていない。
が、しかし、一つだけ気になる台詞が出てきた辺りから会話はよく覚えている。

岩男 「俺さ、あと何年生きるんだろ?まあさ、70ぐらいでぽっくり逝きてえな」

桜子 「今、お幾つなんですか?」

岩男 「今年で62」

桜子 「あと8年。いいんですか、それで」

岩男 「うん、いい」

桜子 「死んだら、どうなるって思っているんですか?」

岩男 「どうなるって、どーもこーもねえよ!なんにもねえよ」

桜子 「死んだら天国とか地獄とか・・・」

岩男 「俺、そんなこと考えたことねえよ。死んだら終わりよ。魂も消えるじゃねえか」

桜子 「ふーん。でも『死んでも生きる』て聖書に書いてありますよ。死は終わりではないって」

岩男 「天国ってどんなとこなんだよ?」

桜子 「『もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない』所って。すべて過ぎ去ったから。
     天国で、お父様とお母様にお会い出来ますよ。そう思うと希望がわきません?」

岩男 「わかったよ。じゃあお前がそう言うなら信じるよ

桜子 「・・・」 

岩男 「天国でお父さんとお母さんに会えるって言われちゃあな、信じるよ」

その瞬間、涙腺がかなり緩みました。
 『ああ、このまま死んでもいいかなー』って、ちょっと思っちゃうほど、
岩男さんの素直さと言葉にじーんとしてしまいました。    by桜子

大人になるということへのコメント

10代は、どこの大学にいっているのかで評価される。
その根拠は、その人がそれまでどれだけ勉強してきたかの結果だから。

20代は、どれだけの仕事をこなせるのかで評価される。
その根拠は、その人がどれだけ理解して行動できるかの結果だから。

30代は、仕事の結果をどれだけの人が参考にしその人の役に立つのかで評価される。
その根拠は、仕事の目的は社会に貢献することだから。

コメントメールありがとうございました!
トラバやコメント機能がまだ治せず、力不足に落ち込む日々です。。。

でもなんだかこういうのもいっかと思ってます!

大人になるということ

周囲が本を出したり、取材を受けたり、テレビに出ていたりする。
大人になるというのは、だんだん身の回りの人が社会で活躍する場面を公の場で多く見かけることなんだなあと30代に入ってから思うようになった。

私が10代の頃は、セブンティーンとかJJといったファッション誌がせいぜいだった。そういう私もちょっと出たことがある。だけど大人になるとビジネス誌に色んな人がでてくるのだ。

というわけで、

パワポとプレゼンの達人 インデックス プリンシパル 寺田眞治氏
(週刊アスキー 9/2号)

寺田さーん、見たよ、見たよw。 知人が出るとやっぱりうれしい。

てまひま

てまひま=労力と時間

わざわざpdfで記事を送ってくれたMさん。どんなにうれしかったかわかりません。
残暑お見舞い申し上げます。m(__)m