不安を退けるメンタル法

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。(1ペテロ5:7)

一昨日、母親が旅先から私に送ってくれた葉書が届いた。見ると、イラストに一言だけが添えられていた。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい」

これは聖書の言葉だ。見た瞬間、不遜にも(ふん、知ってるわい)と思った私は身内を軽んじてしまうとこがある。それでも、ふっと思った。先般の事件以来、私は毎日疲労困憊していた。(それでブログも書けなかった)
だから、この葉書は母の愛情であった。親はいくつになっても、おせっかいだが、ありがたい。私はそれで思い直し、もう一度読み返してみた。

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい」

これは冒頭にある通り、「神があなたがたのことを心配してくださる」と続く。
だから、神様がわたしを心配してくれるなら恐れることは何もない、という意味だ。

二回目に読んでみたら、私はこの文章が意味する内容に、素直に感動した。

聖書は不思議な本である。知っている文言でも、いつ、どのタイミングで、読むかによって、その都度違った輝きを放ち、心の中に圧倒的な存在感をもって煌めく。私にとっては、二度目に読んだときが、その瞬間だった。

それで、聖書を開いてみた。
不安なとき、私たちを励まし、慰める言葉はどこにあるだろうか。


あなたがたのうちのだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。

あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。

してみると、今起こっている試練は、結局、私自身の信仰が問われているようにも思えた。今日は私の不安の一切を神に委ねて眠ることにしよう。