イギリス北部ニューキャッスル

 見知らぬ女性アンは、優しく、また機転の利く人だった。

 別れ際、「知らない人の車に乗ったと聞いたら驚くはずだから」と、キティ家に挨拶すると寄ってくれ、「よかったら明日車で外へ連れてってあげるわ」と申し出てくれた。
 私は彼女の後ろから、ウン、ウン、(行こう)と無言で頷いた。

 だが、キティはどうも乗り気ではなかったようだ。
〝アンと一緒にいたかったら、明日の午後アンの家へ行けばいい〝と言い、〝午前中はニューキャッスルへ行こう(家から列車に乗って約1時間)〝と言う。

朝、起きるのが遅く、時間どおりに行動しない彼女。病気なのか、性格なのか、いずれにしても、期待が長引くと心が病む(聖書)の言葉どおり、それを信じてまた心がどんよりするのは、もう嫌だった。 

「いいよ、ニューキャッスルに行かなくて」と申し出を遠慮したが、
「私、そこで用事があるからどっちにしても行かないといけないの」と言う。

なんだ。用事があるんだ。また自分のためなんだ。
じゃあ、私も本音を言ってもいいよね。 「じゃあ、午後はアンの所へ行くね」

翌朝――
キティは歯が痛むと言った。「まず一緒に歯医者へ行って、
それからニューキャッスルへ行こう」と言い出した。

ああ、まただ。

「ねえねえ、ニューキャッスルは行かなくていいよ。私、ここでお世話に
なっているだけで十分なんだから。今日は午前中は出かけない」

と努めて前向きに応じたら、

「なんですって! 私と過ごす最後の一日なのに!?」

と、瞬間湯沸かし器みたいに形相を変え、自室にバタンと入ってしまった。

なんたるこった。最終日に喧嘩・・・。

その後のことは省略する。結局、私が折れて歯医者に行き、ニューキャッスルへ行った。
P1020815.JPG P1020816.JPG

駅で黒いカラスと白いハトを見た。
P1020817.JPG

左が悪魔で右が神様・・・みたいな気がした。
私はいまどちらを彷徨っているのだろうか。今日はどんな日になるだろう。

ああ、神様、助けて・・・!

 というような、か弱い声は出なかった。そんなことより、神様は
すべてご存じだから、もう〝身を任せよう〝と委ねていた。
この後どうなるだろう、というつぶやきは、他人の話を聞いているかの
ようだった。

 これを信仰と呼ぶか、あるいは怠慢(祈らない罪)というべきか、
どちらになるのかわからなかったが、子供の童謡にもある、
♪かみさまの言う通り♪と思った。

 
 だが、キティは、道すがら、3度も私を試すようなことを言った。

  「桜子、日本に帰るの、楽しみでしょう?」

 ・・・忍耐、だよ、人生は。
 P1020821.JPG P1020828.JPG

 渋々出かけたニューキャッスルだったが、駅は巨大なショッピングモールと隣接して、
「桜子、どこか、興味がある所ある?」と尋ねられた時は、ない、と答えるのが厳しかった。(ここへ放ってくれたら一日中遊んでいられる自信があるよ、とは言えなかった)

 古い街並みは圧倒的な美しさを放ち、私のテンションは少しずつ上がっていった。

 

 
 お昼時--日本食を食べたい?と、また、冗談のような質問が来た。
 

 頭が悪いのかと思った(ごめんなさい)。

 「私、明日、日本に帰るから、食べたくないよ(笑)でも、キティが食べたいなら一緒にいくよ」と答えたら、

 連れて行かれた。 Japanese restaurant WAGAMAMA wagamama.jpg.png  P1020838.JPG
  お店の前で、にっこりと笑う彼女。ギャグだ、と思った。ブログのオチにしては出来すぎだ。旅に来てからずうっっっと、くすぶってたものの正体が分かった。

 そうだよ、彼女ってXXXXだよね???

 私は神様に興奮しながら語りかけた。

 神様、神様、これはブログネタにするにはすごすぎます。でも、面白すぎるから、私、ぜったいブログに書きます。だけどみんな作り話だと思うでしょうね・・・

 心の中で叫んでいたら、 
 「wagamama大好き!お気に入りなの!」とキティが喜ぶから、
 また可笑しくなって、私はシャッターを切るとき、手が震えそうになった。
 
 ぷぷっと意地の悪い笑い声が洩れた時、ハッとした。
 この笑いは、いやらし過ぎる。人としてあってはならない、と反省した。

 だが、想像もしなかった日本食のレストランのネーミングは激驚き、
 と言う単語はないだろうが、本当に驚いた、の一言だった。

そして、その夜――
P1020862.JPG 
 信じられないことに、私たちの仲は回復した。二人寄り添って、インターネットを見ながら楽しく会話した。朝に喧嘩したことが嘘のようだった。

神様、ありがとうございます。すべてあなたさまのおかげです。

感謝の言葉を、私は手帳に書かずにはいられなかった。

明日はとうとうイギリスを発つ。

 (次回、最終回)

あわせて読みたい関連記事