タグ別アーカイブ: NY

I was in NY

突如、仕事でNYを訪れた私。打合せは月曜のため、週末は同僚と互いにフリータイムをとった。

土曜の朝、そんなわけでやっとよく眠れて、週末が休みという日常に改めて感謝していると、5分後に電話が鳴った。
22歳年上の在住日本人ウッディ(仮称・クリスチャン)である。

「ウッディです。おはようございます」

私の方が年下なのに、彼はいつも丁寧語をきちんと使う。それで、

「17時に夕食に来て」

と言われた。

彼との関係は、後日記すとして、自宅は素敵な高級住宅街のアッパーイーストにある高層マンションのペントハウス側で、家からハドソン川の美しい景色が広がる。

9年ぶりだから、そんなお宅をすっかり忘れていた私は、中に入ると記憶がぐんぐん蘇り、ベランダに出ると夕日が沈むころだった、

左側↑と右側↓

それで、彼曰く「厳選した素材を使って作った」夕食をご馳走になった。

ワインは赤と白の二本を用意してくれていて、非常に美味だった。

「凄く美味しい!…」と、私が言ったら、

「レストランみたいとよく言われる」と彼。

「そうだね!レストランみたい!!」と、慌てて私。

すると、
「ううん、レストラン以上だと思う」と、彼。(笑)
確かに完璧な味だった。あとで台所に行くと、高級食材店シタレラの袋が無造作に床に落ちていたので、私は、ここで買ったなと推察した。

彼の家で、もう一つ感激したことがある。大事な家族の写真の隣に、うちの娘がいた。


他人の家に自分の家族写真があるのを発見するときほど、愛を感じることはない。

うわあ、ありがとう。

彼とNYで10年前に出会って、今日まで片手で数えるほどしか会ってないのに、私たちは聖書を信じているという土台だけで、家族のような仲になった。

実は、この出張が決まる前に、私は彼に書物を送るべく郵便の荷造りしていたら、発令が出たので、このことは天から来た、と即座に思った。

神様が、郵送せず、直接手渡ししなさいと、私をここに運んでくださったのだ。