タグ別アーカイブ: 会社生活

貴方に逢いたかった

先月、一通のメールが来た。

「貴方に遭いたかった」

どうみても、スパムである。
さーくーじょ、とdelete(削除)ボタンを押す瞬間、手を止めた。

「From Iwao K」

なんだこりゃ、と思ったら岩男さんからのメールだった。

「今日貴方の顔を見に行きましたが、会えなくて残念でした」と書いてあり、
私はそれで先日の「俺よぅ、会社、辞めっからよぅ」と言った、岩男さんの言葉を思い出した。

 岩男(62歳)さんは、NTTを定年退職したのち、我が社に再雇用された人材である。
一昨年同じフロアーで働いていたが、今年4月の人事異動による配属先では自分のスキルが生かせなかったようで、仕事をどうするか悩んでいた。
※もっとも私からみると岩男さんは退社しても生活に困る様子はなく、それはそれでアリな選択肢のようだった。

 最終日の朝。

携帯で呼び出されたので1Fの玄関先にいったら、岩男さんは一人だった。
夕方にみんなに見送られて去ると思っていたが、用事が済んだから帰る、と言う。
こんなことなら大きな花束でも買っておくんだったと後悔しながら、私は用意していたお別れレターを手渡した。

岩男さんは「おめぇ・・・」と泣くしぐさをして、喜んでくれた。
そのしぐさにつられて私も笑った。最後まで、笑いを提供してくれる、この人は「お前がそう言うなら信じるよ」と以前言ってくれたことがあって、私にとっては寅さんみたいだった。

そして、次の台詞を残して、去っていった。

「早く、幸せになれよ!!」

そして、二度と振り返らなかった。

私は彼の背中をじっと見つめながら思った。

岩男さん、いまどきアラフォー近い私にその突っ込みをできるのはアナタだけ。

ホント、面白すぎ。

面白すぎるよ岩男さん。

いなくなって・・・寂しいよ。

by桜子

ストレスで帯状疱疹?続き

4日前に書いた話は、9月19日、
将来に不安を覚える私に神様が夕焼けをプレゼントしてくれたノンフィクションだ。

あれから、2週間余が過ぎた。

毎日が辛く苦しい闘いの日々だった。

そしてそれは今も続いている。

この会社に入社して以来の大試練だったと思うが、
私はこの困難を味わいながら、
これぞサラリーマン、これぞ人生だ、と思った。

そして、一家の大黒柱(死語?)である男性ゆえに
会社から離れることが出来ない世の男性陣の苦労を思い、

その男性陣と肩を並べて働くことを求められる昨今の女性像を想い、
まさに我こそがその一人なり、と唸った。

スゴク、辛いなあ・・・(++;;)

だけど、その苦しみを通して、今のところ沢山の慰めや恵みを受けている。
これは誠に驚くべき事実である・・・!

神様が聖書で
 “神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることの出来ないような試練に
 あわせるようなことはなさいません。
 むしろ、耐えることの出来るように、試練と共に、
 脱出の道も備えてくださいます”
とか
 “まっさかさまに倒れないように支えている”
という言葉は本当で、

 実際、私はこの2週間余り、毎日色んな形で色んな人に励ましてもらった・・・!

 
 たとえば、9月27日の日曜夜。
 明日から始まる会社生活に怯えていたら、小さなお友達がピアノを弾いてくれた。
 

 この小さなお友達は、親友きよちゃんの娘で、一見何の苦労もないお嬢様だが、
 彼女も小さいなりに、小さい身体で沢山の苦労をしていることを私は知っている。

 だから、演奏している姿をみて、勇気づけられた。

 この動画で、私は一週間を乗り切った。

 
 今日苦しんでいる人がいて、このブログを見る時、少しでも元気になりますように。

生涯2番目に最高な誕生日

久しぶりのブログ更新。
日記も書けないほど、忙しかった。
だって、頭の中はずっとあのこと、でいっぱいだったから。

ええ、私もついに・・・カラーン・コローン♪heart-ss.gif

と、書けないのがイタイ。

ついでに私のブログはコメントがなくてサムイ。

まあ、いいや。

先月のお誕生日は、私にとって生涯2番目に忘れられない日になった(so far)。

「今日は何をしても気持ちのいい一日です」という9/17、私は会社を休む予定だったが、サーバー開通まで家に帰れないという、典型的ワーキングウーマンな日だった。
 さらにそれを境に仕事時間はぐんぐん増していき私の精神状態はどんどん圧力を受けていった。シルバーウィークを迎える寸前、身体に湿疹がぶわっと出来たので、連休初日は病院へ行った。

病院で先生に「仕事が辛いです」と言ったら、先生は優しく困った顔をして「そうですか、辛いですか。どんなお仕事でしたっけ?」と話を聞いてくれた。
だが、途中でふと私は気がついた。

「先生、こちらって、こんな話を聞いてもらう病院じゃないですよね?」

「ええ、心療内科じゃないからね・・・」

「・・・」(二人、無言で見つめあう) 

結局、先生は皮膚のお薬をくださって、一針100円という針を身体中に刺してくださった。
会計をすませたとき、針代は1000円だった。(だけど、家で脱いだらどう見積もっても2000円以上だった。→先生ありがとう)

そして、これから先、自分(の体)はどうなっちゃうのかなあと暗い気持ちで俯いて外へ出たら、表には素晴らしい夕焼けが待っていた。

200909191748000.jpg
(みんなが写メしてたほど)

神様が、大丈夫だよ、と言ってくださっている気がした。

すごく、感動した。

(続く)

元上司と恵比寿で

私にとっては大変お世話になった以前の会社での元上司。

お二方のショットは私にとって夢の競演emoji063.gif

ebisu.jpg
今ではそれぞれが、それぞれの企業で、副社長&社長

会社辞めたのは今から7年ぐらい前なのに、こうしてまたお酒が飲めて、「お前はさあ・・・」とか言われるのはとってもうれしく、ありがたく・・・

本当に楽しかったemoji129.gif

あと二人参加者がいたのだが、それについては触れないようにしとこう・・・。

次回は元メディア本部同窓会でもやっちゃおうかなemoji250.gif