月別アーカイブ: 2016年10月

義父の葬儀

話は前後するが、出張の4日前に、義父が享年82歳で亡くなった。

義父、つまり夫の父は40年以上難病を患い、9月に入院すると、あっという間に衰え、最後は入浴後に童謡の音楽を聞いて、眠るように天国へ行ってしまった。

私は嫁として気を配るべき立場ながら、夫が気丈で淡々と全てをこなすため、殆ど何もしなかった。


27日家族葬に向かう朝。

私は、夫がエライなぁ、と思ったんだ。

仕事して、合間で病院行って、また仕事して、子供の世話もして、睡眠時間も少なく、心身共に疲労困ぱいしてるはずなのに、私が声を掛けるといつも、大丈夫、と言う。

それに対し、私などは病院にいくだけで具合が悪くなり、死の知らせで寝つけず、クタクタになってしまった。

 
無宗教の家族葬では、娘が絵を描いた。(頼んでもないのに、勝手に)


教会の絵と、おじいちゃんと自分の絵と、おじいちゃんいつもありがとう、の手紙。

誰かが仕組んだんじゃないかと思うほど、完璧なそれは、多くの参列者を慰めた。

義母もたいそう喜んで、これから焼く棺の中に、おじいちゃんへの手紙を入れた。


シンプルながら暖かい葬儀で、

義父のリハビリしていた病院の院長夫妻もわざわざ足を運んでくださった。

お義父さんは、私には計り知れない人生だったが、祝福された最期を見、これでいいのだ、と思わされた。

人の死は、私たちの人生がつかぬ間だと言うことを思い出させてくれる。

いつその時がきても慌てないように、真摯に生きたいと思った。

〈バッハのカンタータより〉

わたしは、満ち足りている。

わたしは、きょうにも喜んでこの世を去ろう。 

わたしは、満ち足りている。

たとえこの世と別れるときが今であっても、わたしは喜んでいよう。

わたしは満ち足りていると。

別れを告げよう、この世に。

わたしは、喜んで、主を待ち望む。
*         *        *
こうやって、幕を閉じられたら本当に残すことは何もない。

Arrived at San Jose airport

初めて訪れたサンノゼ空港は雨で10度の寒さ。


今日から10日間同僚と一緒の生活。


この辺りでは有名なレストランで、仲間と夕方に落ち合い、ご馳走になった。


機内で寝れなかったので食欲もなく、私のメインにサラダをオーダーしたら、
このセンスにはびっくり。


同僚がゴチられたのはコレ。あきらかに後者の方がおいしそう

 

そしたら仲間が、ならばスイーツはがっつりいけ、とデザートを注文してくれたが、
完食は厳しく、ドギーバッグで少し持ち帰った。

夕方には晴れたが、思ったより寒く、サンノゼにも冬がやってくるという。
長い初日が終わった。

知育菓子たのしいおすしやさん

醤油もぜんぶお菓子。

わが家にストックしてあった、クラシエの知育菓子シリーズ、おすしやさんバージョン。

家で静かに過ごすように娘を諭し、ここでこのオモチャが役立った。

ちなみに、親は作り方を読んで手伝うのに30分以上かかるので、要注意。

代官山アドレスでハロウィンパーティー

代官山インターナショナルスクールのライズでハロウィンパーティーがあり、ご案内をいただいたので、お友達と行ってきた。

真ん中が代表の若鍋社長。なぜ、魚くん?

両隣が、コスプレばっちりなスタッフ。

思ったより活況!


人が多くてビックリした。ハロウィンバックを作らせてもらった。

プリキュアコスプレの娘。


英語レッスンもあったよ。

うちは普段、週末は代官山にあまりいないけど、近くのイベントは気楽で良かった。
近所のお友達にも会えたし、、、

来週日曜は、いよいよ代官山ハロウィン(商店街・町会イベント)。街は大騒ぎになるのかな。

年々、大騒ぎしていく日本である。

あけびの朝ごはん

昨日、実家でもらった果物のアケビ。

娘は、人生初の味に喜び、今朝再び食すのを心待ちにして昨日寝た。
朝ごはん見たら、喜んでいた。