タグ別アーカイブ: 東京オリンピック2021

大坂なおみ・全仏テニス会見拒否は神さまからみてどうか?

 女子テニスの大坂なおみが一昨日Twitterで発言した件、わが家の会話を今日は呟く。要約すると、今月30日開幕のテニスイベント「全仏オープン(グランドスラム)」で、彼女が全ての記者会見に応じない旨を事前に表明して、それはどうよ?と物議を醸している話。
 金曜の朝、リモートワーク前にSNSをチェックした限りでは、概ね、世論はなおみについていた。「良く言った!」という声も多くみられた。私自身はワイドショーで、セリーナウィリアムズ(米選手)が過去の敗退試合を受けて、記者から「引退では?」という失礼な質問に対し、極力平静を努めて回答する様子を見て、可哀想、と、なおみ側についた一人である。そもそも、大阪なおみ自身、いま世論を味方につけやすい人気スポーツ選手である。
 
 「負けても会見しなくちゃいけないなんて、可哀想よ。うん、うん」と私が頷いていたら、ソファに座っていた夫の見解は違っていた。

 「僕はそう思わないね。スポーツはエンターテイメントだから。負けた時に対応するのも、エンターテイメントである限り、応えなくちゃ。賞金をもらってスポーツをしている以上、それは仕方ないよね。それも、エンターテイメントの一つだから。いやなら、アマチュアでやればいいわけだから」と、バッサリ。

 「じゃあ、あれかな、なおみの発言は、傲慢である・・・と?」

 「うん、そうなるね…。」  

一見、冷酷に思えた見解を聞いて、私はすぐ、【インタビュー】スポーツビズ山本雅一社長の起業話ほかで、山本さんから紹介された本を思い出していた。プロスポーツはビジネスだ、ということがこの本にはシビアに、しかし明確に書かれている。良書だと思う。(もう売ってないみたい)

 今の、コロナ禍東京オリンピック実施も、オリンピックで代々木公園の森林伐採問題のパブリックビューイングという矛盾した設計も、すべてはお金が絡んでいるからこそ、おかしくてもやらなきゃいけない理論がある。

とはいえ、夫の見解は、今の世論には反発買いそうだな、と思っていたら、昨日ノバク・ジョコビッチ選手が、夫の側であった。


=MSN記事からの抜粋=
ジョコビッチは27日、報道陣に対し「彼女なりの理由があるのだろう。時に記者会見が非常に不愉快なものになり得るというのは理解できる」と大坂に一定の理解を示した上で、「これもテニスの一部であり、ツアーに参戦する選手には付き物。やらなければならないことだし、そうでなければ罰金となる。女子のことは分からないが、少なくとも男子ではそのようになっている」と述べた。=

私自身、ちょっと思ったこととしては、タレントの深田恭子さんのことを思い出した。いま、体調不良ですこし休むという。有名人は、高額報酬を受けやすいが、ストレスも多分に受ける。彼女だって記者会見に応じたくないことが、これまで山ほどあったに違いない。


 そう考えると、神様の目から見た時、大阪なおみさんって、どう映るんだろうな?と思った。ジョコビッチの発言を見ると、選手歴がまだ若い彼女がこのような公表をしたことは、同情の余地はあるが、「高ぶってないか?思い上がってないか?」と、なんとなく彼女の態度を考えてしまうところがある。

 とはいえ、もちろん私がスーパースターを裁く立場にないことはもちろん、彼女の生き方に何かを言える者ではまったくない。

 一般庶民としては、まずこの発表後の流れを静かに見守り、彼女が今大会でどのような結果を出すのか、注視したいと思う。