タグ別アーカイブ: Newcastle

Sakurako’s Japanese cooking

 ロンドンからノーウィッチへと移動して3泊した後、朝早くノーウィッチ駅から4時間かけてニューキャッスル駅に到着した。キティ宅はそこからバスを使ってすぐそばの家だった。時計の針は13時を過ぎていて、私たちはランチも取っておらず、お腹がすいていた。

 それが、家に着くなり、キティは言った。

 「さて、今晩の夕食どうしようか?日本食は何を作るの?」

 って、え!? 私がお料理当番なの!?

 出発前、メールでは私に〝旅行で疲れているだろうし、休暇で来るんだから作らなくていい〝と言っていた。
しかし、せめて一品ぐらいは彼女の好物の餃子などを作ってあげたい、と考えていた。
 

 それが夕食の献立を尋ねてきた、ってことは、日本食なんだから、私が料理担当なんだよね!?

 来て間もない家に、他人の慣れない台所で、調味料や材料は何があるのかと戸惑ったが、これまでキティと過ごしてきた日々の体験から、私が作るしかないんだ、と確信した。

 さて何を作ろう、材料はどうすれば!?

 頭がズキズキした。
私はイギリスにいて、どうしてこんなに家の主みたいな仕事ばかりしているのだろう、と思った。

 だけど、要は考え方である。
イギリス人みたいで、こんな体験はめったにない。楽しもう、楽しもう、と思った。

 

 しかし

 長旅の疲労とストレスに、予期してなかった料理負担が、私に重くのしかかったようで、頭痛は激痛へと変化した。
 我慢して作ろう、と思ったが、耐えられそうになかった。

 私は泣きそうだった。

  「ごめんなさい、作ってあげたいけど頭が痛くて、今晩は作れないかもしれない。
少し、横にならせてくれる?もし今晩作れなかったら、どうか、許して」

 forgive me等という、へりくだる言葉を使う必要はないはずと思いつつも、もう堪忍してくれ、という心境だった。既に限界に近く、私は疲れていた。神様がなさることにはすべて意味がある、と思ってはいても、彼女と行動を共にすることは、非常な忍耐を要した。

 彼女はかなり変わっている。夜はちょっと寝るといって毎晩7時に自室へ入るが、9割方朝まで起きてこなかったし、私の意見を聞いても結局自分が行きたい場所へ連れて行く。

 私の脳裏に何度、自分は旅行者なのに、という思いが走ったことだろう。
だが、彼女は友達だ、と思うと、愛さなくては、という思いにも駆られた。
 

  そしてその夜、私はベッドに入ったまま朝まで眠った。

  翌日--

 まだ頭痛がしたが、前日より遥かにマシだったので、作るなら今だ!と、
お寿司かカレーかと迷い、体力的にカレーライスを選んだ。

とても日本的な美味しいカレーライスを作ろう。

P1020784.JPG 
ロンドンのJapan Center でキティが作ろうといって買った白玉だんごのもとや、私が日本から持参したもの
P1020781.JPG
 
P1020782.JPG
 いつまた頭痛が襲ってくるかわからないから、私は朝食(左隅のミューズリーとバナナが私の朝ごはん)を立って頂きながら、調理した。
 
 玉ねぎは1時間ぐらい飴色にするのが、甘味を出すポイントである。
一緒に作るといってたキティは宿題のタイピング(求職中でオフィス事務の講座を受講中)をしていた。

 ボウルがル・クルーゼなのが(洒落もの好きな私には)せめてもの救いだった。
P1020783.JPG 

デザートもやっぱり作ろうと思った。中学生以来、粉から白玉だんごを作った。
(※キティの好物はモチ類だった)shiratama dango
P1020787.JPG

 勉強している彼女に、一口どうぞとお茶を用意したら、喜ばれた。
P1020788.JPG

 神様、この先どうなるかわからないけど、まあ、宜しくお願いしますと、
私はただただ、神様に(成り行きを)任せていた。
(つづく)


We’re all sunshine for someone

K’s grandmother told her memory and sang a song for me.
Although I already knew this song, I hadn’t thought about the meaning of it.

Since I heard the song, it has stayed in my memory.

This song made me very happy because I realized that we’re all special,unique and sunshine for someone.jimmie.gif

You are my sunshine,
My only sunshine,
You make me happy when skies are grey,
You’ll never know dear,
How much I love you,
Please don’t take my sunshine away.

The other night dear,
As I lay sleeping,
I dreamt I held you in my arms.
When I awoke dear,
I was mistaken,
So I hung my head down and cried.

PS:This movie has a permisson from this movie’s lady.


My trip with K in UK

Friday 23 April 2010
arrived at Heathlow airport and met my friend.
*London* stay at a hotel with her

Saturday 24 April 2010
One day tour (London tour bus)
*London* stay at a hotel with her
Sunday 25 April 2010
London to Norwich (train & bus)
*Norwich* stay at K’s Dad house –now

Monday 26 April 2010
Sightseeing Norwich
*Norwich* stay at K’s Dad house

Tuesday 27 April 2010
Norwich to Cambridge(train)
*Norwich* stay at K’s Dad house

Wednesday 28 April 2010
Norwich to Newcastle(train)
Early morning we’ll leave here and go to her house
and I may cook Japanese food for her and her mom.
*Newcastle* stay at K’s house

Thursday 29 April 2010
do somethig
*Newcastle* stay at K’s house

Friday 30 April 2010
do somethig
*Newcastle* stay at K’s house

Saturday 1 May 2010
Newcastle to London and get on JAL
departure day. could be a long day


Going to UK

飛行機が飛び始めた。
ここで行くか否か、運命の分かれ目だ。

再噴火による空港閉鎖のリスクはある。

しかし人生はいつもギャンブル。
私は行こう。

本音では中止も悪くない、と思っていた。

移動した部署は多忙で、体調はずっと悪かった。
昨夜は4時に寝て今朝は6時起き。

目覚めた瞬間、頭痛がして、今日休もうかな?
と思ったら渡英だった。

ここ数日、イギリスの友ケイトの興奮ぶりといったらなかった。

なにしろ噴火国に近いし
、本人は色んなアレンジや予約をしているわけだから、
私が来るか来ないかは、重要事項だ。

ケイト、こんな状態だけど、宜しくね…。

結局向こうでどうするか何もわからなくなった。

取りあえず、機内に入ったら英会話の学習をしよう。

それでは皆さん、さようなら。