タグ別アーカイブ: 虎ノ門

虎ノ門の気になるカレー屋さん

「店主」

毎朝、虎ノ門駅をおりて会社に向かう途中に、一軒のカレー屋さんがある。
私はこの店主とよく会う。もっとも、彼は私をまるで知らない。

私がこの店を通りかかるとき、店主はたいていテラスで開店準備をしている。
痛風と思われる歩きかたで、巨体をのっしのっしと揺さぶるように右左と体重移動をしている。

その姿を見るたび、思う。

苦しそう。もうすこし痩せたらいいのに(できないのだろう)。

すれ違うとき、いつも思う。命が心配だ。
朝会うと、ほっとする。

彼は私を知らないが、私にとっては朝のキャスターと同じくらい、彼は朝の顔である。

「宣伝文句」

虎ノ門にある、一軒のカレー屋さんには、気になることがまだある。
手書きの看板がそこここに置いてあるが、ヘタな字だ。
さらに謳い文句がヒドい。

「うまい!」

「うまいよ!」

このストレートな表現に朝からぶっ飛ぶ。
きっと店主が書いたと思う。憶測だが当たっている気が99%する。

通り過ぎるたび、思う。

代わりに書き直してあげたい。

私は救いを求めて、もっとましな看板はないのかと周辺を探し、1つ見つけた。

「うまい(ウコン入り)」

ちょっと笑った。

私はこのお店がとても気になる。
どうでもいいカレー屋さんなのに、どうでもよくない。

これだけ気になるから、一度はいってみようと思うが、一度もいったことはない。
たぶん一生いかないと思う。


居酒屋かあさん(虎ノ門)

地下鉄の銀座線虎ノ門駅口に居酒屋がある。

虎ノ門・新橋界隈は、飲食店が多い。

さして気にもとめていなかったが、ある日を境に目をつけたお店がある。

その店先では家路を急ぐサラリーマンへ盛んにこんな勧誘の声をかけている。

『母さん、母さん。』

年配のおばあさんと思しき人が、優しく穏やかに語りかける。

『母さん、母さん。』
『居酒屋「かあさん」はいかがですか?』

なんというネーミング!
ターゲットが地方から出てきた男性であることは疑う余地もない。

私は初めてこの名前を聞いたとき、あれこれ考えた。
男の人たちは何と言ってここに立ち寄るのだろう?

「今日は母さんへいこうぜ?」

「母さんはサイコーだなー♪」

私はこのお店にちょっと入ってみたいものの、なんとなく行くのがコワい。

ちなみに、もし女性向けに『父さん』があったとしても、私ならおそらく行かない。

・・・ダディだったら、行ってみてもいいけど。。