タグ別アーカイブ: 働く女性

働く女の現場から

NTTグループの東海林桜子です。

いま女性の社会進出が当たり前の世の中で、
企業や業態を問わず、多くの女性が悲鳴をあげています。

本日は東海林桜子が、働く女性の現場をレポートします。

No.1【セクハラ】

東海林桜子 「セクハラを受けているんですね?」

Cherry    「いやー、そういうとオーバーですが・・・。女性だから、
         というので、よくからかわれています」

東海林桜子 「ほう。例えばどんな?」

Cherry    「例えば…って言われちゃうと、すぐに出てこないですけど」

東海林桜子 「では、昨日はどんな日でしたか?」

Cherry     「ああ、確かに色々言われました! 
         今でこそ仲が良い方なので、私もまったく気にしていないんですが、
         知り合った当初はかなり戸惑いましたね・・・」

=========(Cherryの昨日回想シーン)=========

PM2:00 クライアントを訪問する。

 「こんにちはー」

お客様、ちらっと私の顔をみる。
私、いつも指定の会議室の席に座る。

 「あれ、今日は綺麗じゃない?」

おっと、また来た。しかし、私もたくましいんだぞ。

 「今日、です。」

お客様 「そうだね、ハハハ」

しかし、敵もさるもの。15分後に攻撃は再開される。

「なにか、いつもと違うね・・・。
 あっ、わかった!眉の形を変えたでしょう?」

上司、驚いて私を見る。「気づかなかった・・・」

私 「いや、まったく変えてませんから。」

お客様 「ううん、絶対なにか変えてるよ。色かな?」
 (と言いながら眉を化粧する仕草をする)

※実はいつもと若干違うアイブローを使っていたが、
 しかしプライベートに顧客への説明責任はないのでスルーする。

30分後、パソコンを叩く私の手元を覗き込んだお客様。

 「あれ、今日はどうしたの!?マニキュア、塗ってないね。
  わかった!彼氏のとこ?ん!?(家から)直行!?」
 (といって、手であっちの方向を示すジェスチャー)

私、無言で笑顔。 (よくみてるな~・・・)

※香港へ行っていたため、マニキュアケアが出来なかった。
※個人的には非常に気になっていた。

お客様 「ほら、だれも君のことかまってくれないでしょう?
      だから(僕が)かまってるの」

そこから30分後。7人会議の席でコンテンツ話をしていたときのこと。

お客様 「ウエディングコンテンツを生かすか、削除するか。
      ここに独身女性が二人いるからねえ、どうしようか」

私     「・・・」
      ※この話と自分が独身の関連性はゼロ

他社女性 「・・・」
       「削除しておきましょう。削除したら私の婚期が延びるかも
        しれませんが、そうしましょう」
    
私、吹き出す(笑)

お客様  「そう?そうね(笑)」

私は思わず大声で言った。 「独身とこのコンテンツに何の関係もないから!!」
 

・・・すでにタメ口になっていたのは言うまでもない。

※ただいま私のセクハラ体験募集中⇒sakurako*magnet-net.sakura.ne.jp/sakurako-wp/images
(*を@に変換してください)

※実話ですが、顧客との関連は良好です。
※顧客もホントは非常に良い人です。


ストレスを少しでも軽くするには?

過ぎし10月2日、「ストレスを少しでも軽くするには?」というテーマで、海原純子先生の元気が出るストレスセラピーと題する働く女性のシゴトとココロとキレイを磨くセミナーへ、ご招待を受けて拝聴してきた。

海原純子氏は女性誌でおなじみの医学博士で、現在はハーバード大学客員研究員のため、日本での講演は滅多にないという。

===================================
内容 :海原純子先生の元気が出るストレスセラピー~幸せな心と体の育て方~
日時 :2009年10月02日
受講料:8,400円
提供 :NTTラーニングシステムズ×日経WOMAN presents
===================================

9月中旬より仕事に忙殺されていた私は、この日会場へ遅れて辿り着いた。
ドアをあけると、会場は女性で満員だった。

umihara.jpg

おまけに、みんな「メモ」をとっていた。
さすがセミナーというだけあって、金額も高いし、みんなしっかり元をとっている。

よって、私も後から参加した分、慌ててメモをした。
以下、聞き取りミスもあるかもしれないけど、ストレスを受けてる方へ捧ぐ。

=========

幸せになるために

①外的条件に幸せの基準を求めない

②幸せのアッパーリミットを延ばす
人は誰でもイイことがあったとき、幸せな気持ちになる。
そのイイことを思い出せば、幸せな気持ちがよみがえる。
そのスパンが長ければ長い人ほど、鬱にならない。

③姿勢には注意しよう
気分はからだについてくる。10分、20分でも体を動かすようにして
前かがみにならず、両手をあげて背中をそるべし。するとあら不思議、前向きな心に。

③どうせ、だから、私なんて、とレッテルを自分に貼らない

④自分の才能を見つけよう
 自分の人生の中に無意識的に出来ることを見つけてください。
 勝ち負けとかの結果じゃなくてプロセスを楽しむことが出来るようなもの。
 過去に自分が捨てた道を一つ選んで、今の人生に加えることで人生は楽しくなります。
 (例:ピアニストになりたかった。→今からでもピアノに親しもう)
 (結果を求めない・他人と比較しない人生)

=========
ihc3.gif
海原先生と聴講者の間で最後に質問コーナーを設けられた。

働く女性「会社は仕事をするための場所なのに、人間関係のことで疲れます」
海原先生「会社から出ているお給料は、主に人間関係に対する対価だと思ったほうがいいでしょう」

桜子、アラフォー。質問者はまだまだ若いな、と思った。

  *   *   *

あと、驚いたこと。

海原先生が「この中で2億円あれば幸せになれると思う人?」と聞いたら、手をあげた人がいた。

桜子、アラフォー。手を挙げた人はまだまだ人生わかってない、と思った。

話は飛ぶが、何年ぶりかで今日久しぶりに顔を合わせた男性社員が、私を見て
「老けた?」と挨拶もそぞろに言い放った。あまりな発言になんてやつと呆れたが、素直なのでゆるした。

振り返れば、働き続けて10年以上。我ながら、信じがたい奇跡である。

あと何年働くか分からないけど、
この先もストレスとは上手に付き合っていきたいものである。