カテゴリー別アーカイブ: 2歳

崩れゆく早寝習慣は保育園児の宿命か?

先週は22時。今日は22時45分。
これは、ここ最近立て続けに樹立した、2歳児である娘の就寝時間新記録である。

こどもは早寝早起きが基本だ。
娘は4月までは、20時か20時半には寝る子だった。
それがなぜ、こんなことになったのか。

2つの原因が思い当る。

1つは保育園のお昼寝時間が長すぎること。
--これは、0歳から保育園に入っている純粋培養の子は適応しているので問題ないのだが、うちみたいに途中入園児だと苦労する。入園時には、1時間しか寝ない娘を指して先生から、もっと寝かせるようにご家庭で努力してください、と信じられないことを言われた。(これ、ホント)

先生・・・あれから約2ヵ月。
娘も最近やっと1時間以上のお昼寝をするようになりましたね。
夜遅く寝ると、先生の望むお昼寝をできるんですよ・・・(はあと)

って、これ、絶対におかしいよね。
幼児の生活習慣として、あきらかにおかしいよね?!

ついでに書くと、お昼寝を1時間しかしなかったとき、娘はどのような指導をされているかといえば、ベッドでじっとするように躾けられている。(これは、こどもには休息が必要だから、という理由だそうだ。寝てなくても静かにしていることが大事だという。)
ずっと以前、わが家に来て子守りを頼まれた母が、お昼寝から起きた娘をみて「べべちゃん!動いていいのよ!」とビックリして声をかけたことがあるのだが、それはそのように躾けられた娘が自宅にいても、身を固くして動かなかった、ということがあったからだ。

私はそれを聞いて、こどもらしくない(まるで軍隊、といったら言い過ぎかしら・・・)娘の姿を聞き、悲しい気持ちになった。

2つめは、保育園の運動量が足りないのではないか、ということ。
特にわが家の場合はお迎えが早い分、疲労が少ない。だからもっと遅く娘を迎えに行けば、それは間違いかもしれない。が、うちの保育園は午後の外遊びはしないそうで(それが原因で先月辞めたご家庭あり←辞めるという選択肢にも驚いたが)、トータルで考えると身体を思いっきり動かす運動がやっぱり足りないのではないか、と思う。

・・・・と、ここまで書くと、「だったら、預けないで自分で育てようよ!!!!」
とお叱りをうけそうですが、今の私はまず、働きながら出来るかどうか、を検討しており・・・

そうすると、自分の理想とする場所に子供を預けようと思うと、インターナショナルスクールのプレスクールやお受験系託児所しかなく(それらはお昼寝がだいたい1時間)、そうすると金額の桁がまったく異なるのである。

いまの保育園には、本当に感謝しているのだけれど、
3歳までに脳の80%が形成されるというこの大切な時期に、こどものやりたいことを尊重する(我慢させない、叱らない)という育児法がある中で、お昼寝の躾はさせていいのだろうか。

ご飯食べて、たくさん寝かせて、というのではなくて、
早寝早起きをして、お昼寝は1時間で、起きている間はいろんなことを経験する---ということを願うと、今の行政の保育園での実現には限界があり、そうでない場所を探すか、+アルファの選択をしなくてはならない。

今のワーキングマザーは、保育園に入れて頂けるだけでありがたい、という風潮だけど(実際、私もそう)、やっぱり、色々悩んで子供第一だった場合は、仕事辞めるしかない、とうなだれる人も結構いるのではないか、と思ってしまう。


ママ大好き記念日

娘に、「好き」と初めて言われた。

夕方、畳の部屋で立ち上がって洋服を整理している私の足に娘がじゃれてきて、
「ちっち、ママのこと大好き」※チッチ=自分
「ママのこと、だーいすき!」
と、片足にハグしてきたからビックリ。

それはまるで、マリヤがイエスに香油を注いだときは、こんな感じだったかと思うような、甘く優しい感触でうっとり・・・。

大好きどころか、好きと言われたのも初めての私だ。

「それ、ホント!?」
と思わず聞き返した自分に心の中で苦笑い。

おかしなものだ。
一般的に子が親を好きなのは当たり前なのに・・・。

だが、私はまだ新米だし、娘が自分を好きかどうか等と考える余裕もなく、今日まで走り続けてきた。
だから、言われて心の中に灯がともるようにうれしかった・・・!

同時に、言われてうれしかった自分にも驚いた。

というのは、こんな私にも、娘に対しては〝見返りを求めない愛〟---つまり、無償の愛(アガペー)を注いでいたことに気づいたからである。

血も涙もない私にも、人間味あふれる所があったのか・・・と思わされ、また聖書にある通り、親が子を愛する愛によって、私たちは神様の愛を知る、ということのくだりも、なるほどと思わされたのである。