月別アーカイブ: 2018年1月

平日の手づくりバレンタインスイーツ

時短勤務の醍醐味、それはフルタイム社員よりも日常に余裕があること。

だがしかし、私は時短を頂いているとは思えないほど、毎日せわしくて、なぜだろう?と日々、思う。

いったい、世のフルタイム社員は、どうやって育児と家事を両立させているのだろう。

だが、そんな私も、時には何もかもが上手く行く日がある。それが今日だった。

食後、娘とデザートを手作りしたのである!!

理由は簡単で、

①夕飯の献立が決まっていて下ごしらえが出来ていた。

②仕事帰りに真っ直ぐ保育園に向かったので時間の余裕ができた。

③娘の「今日はケーキを作りたい」という帰り際の急なリクエストに応えられる、アイデアがあった。

それがコレ↓

先々週から用意していた、お菓子作りの材料

スポンジ部分だけ、ホットケーキで手づくりしたが、あとはレンジでチンしてデコるだけの簡単メニュー。

今日はちょっと、上手くいった!!

娘も大喜びしてくれ、ママはハッピーだ!!

東京に雪ぞ降りけり

朝。

雪だ〜!

と喜ぶ在日ウガンダ人のママ友からラインが何枚も来た。

息子に雪遊びを体験させたい、と私たち家族に、子供だけでもスキー場へ連れてってくれ、と懇願していた彼女。

結局、息子さんが娘より1つ年下であり、日本語が全く出来ないこと、また何よりも事故や怪我があっては大変、と私たちは残念ながらノーと答えた。

だが、ちゃんと、 神さまは彼らの願いをすぐに聞いてくださった。

今日の交通機関は大混乱の予想だが、神さまを信じるウガンダファミリーにとっては、ハレルヤ!である。

私をスキーに連れてって2

翌朝、スキーやりたくない、と娘。

楽しい朝ごはんは、どこへやら?

ぐずり出す娘と、それに対応する夫。平日は私が対峙せねばならないが、休日は夫に任せられるので、私はいくぶん気楽だった。が、娘にとっては相手がだれであろうと、衝突は苦痛なようで、午後になって始終、パパと二人きりで遊ぼうとしていた。

そんな様子を見て、なぜ?と聞いたら、

「朝パパとぶつかったから。ママとは今朝は何もなかったでしょ?
だから、今日はママとはいっしょにいなくてもいいの。
……私、誰かとぶつかると、それずっと覚えちゃうの。
だから、そう言う日はそのあと、ずっと(ぶつかった人と)一緒にいたくなっちゃうの」

と言っていた。

関係修復を無意識に試みている、大人なわが子にビックリ。
この性格は誰の血だろうか?

保育園でもきっとそうに違いない、と思った。

私 「あのね、嫌なことがあってずっと覚えていたら病気になっちゃうよ!」」

娘 「え?!ほんと?!」

私 「ほんと、ほんと。心が病気になる人いっぱい、いる。もう、忘れた方がいいよ」

娘 「でも、覚えちゃうの!忘れないの!!」

結局、娘は午後ずっと夫とスキーのリフトに乗っていた。


※やりたくないと言ったものの、スキー場に着いたら急に気を取り直し、やり始めた。

九州から修学旅行で来ていた高校生たちが、「すげー、あの子!」

と、娘が山上から滑り降りてくる様子に歓声を上げていた。

私も、すげー、成長したなぁ、とわが子の逞しさに感慨深かった。

私をスキーに連れてって

「ニュージーランドに戻ってきました!」と、夫が運転しながら窓の外を眺めて言った。

私の眼には全く似てないのだが、ここは渋谷から蓼科に向かう、中央道から景色だ。時刻は朝8時、目的はスキーである。

東急ハーヴェストクラブ蓼科に毎冬出かけるようになって3年目。東急の保有するスキー場はこじんまりしていて、初心者にはちょうどいいサイズ。

勝手な親のエゴで、来るたびに娘はスクールに入れ、体験させている。

6歳になり、体力もついてきたので、初のキッズレッスン1日コースに預け、最初はフラフラとしていた娘も、昼にはリフトに乗って滑るようになった。

*しかも、安心のマンツーマン指導。

だがランチ後は、「死にそうなほど疲れた、レッスンやりたくない」と彼女。

それでも先生が待ってる、の一言でなんとか1日、頑張ったのである。