月別アーカイブ: 2017年9月

さくらインターネットの田中邦裕社長に会ったYo! (2)

月1回連載中のBizコンパス第19回ゲストにさくらインターネット社長、田中邦裕の働き方改革に出て頂きました。

奇遇にも、一昨日うちに夕食を食べにきた通信業界の仲間が

「そういや、僕、昨夜は田中社長と一緒だったよー」

とのこと。世界は狭いですな♪
今日は媒体で記事を載せたほかにインタビューのこぼれ話を、ちょこっとご紹介☆

■田中邦裕社長、その笑顔の秘密!

桜子「社長はなんといっても、人相がいいですよね。その笑顔がなんとも……」

田中「笑顔も練習しましたからねえ」

桜子「ええっ?!」Σ(゚д゚lll)ガーン

田中「笑った方がウケがいいと聞いたもので」( ̄ー ̄)にっ。

■田中邦裕社長、仕事で一番大切にしているものは熱量

田中「僕は、社員が自分にプレゼンの資料を作ってくるのは嫌なんです」

桜子「おっ、なぜですか?」

田中「自分のために、その時間を費やすならいいんですが、僕のために時間を費やすのが嫌なんですよ。作り始めるときから、僕の所へ来て話をスタートさせたらいいと思うんですよ」

桜子「わあ、それは社員からすればうれしい話ですねえ……!上に見せるための資料作りで苦労する社員は多いですからね」

田中「資料を作っている間に、熱量が下がって、どうやって通そうかな、と考えている間にアイデアがなくなると言うのがもったいない!」

桜子「部下にすれば、相談しやすくてうれしいですね」(頷く)

田中「僕は新規ビジネスでは、成長と熱量を大事に考えているんですね。“ビジネスプランがない、資金がない、目標がない、”と仕事は失敗するけれど、だからといって、それらが全部そろっても成功するわけではない。成功する因子は、“どうしても成し遂げたい!”という熱量と、あとは、“運”ですよね?!
だから、資料を作っているうちに、失敗しないプランにはなるだろうけれど、その人の熱量が下がったら多分その仕事は成功せんだろう、と。(だから僕は)熱量をあげたい気持ちが強いんですね」 

いや~インタビューは楽しかったです♪
来月はJAIPAが大阪で開催され、さくらインターネットが会場だとか。興味ある方はぜひそちらへ!

さくらインターネット田中邦裕社長に会ったYo!

惜しい、田中邦裕(くにひろ)。
田中宏和だったら、あなたも田中宏和運動に入れたのに!!

と、邦裕社長には興味がない分野でも、個人的にはそう思いました……。

※さくらインターネット株式会社は東証一部上場企業HPこちら

インタビューも実施したので、近日中にUP予定します:)
乞うご期待?!

初LCC・格安航空券AirAsiaエアーアジアの利用体験

桜子LCC体験

■AirAsiaに乗ってみたよ!:めちゃくちゃ手間がかかるLCCチケット

昨年の今頃、家族で訪れたバリ島(ヌサドゥア)のウエスティンホテルが素晴らしく良かった!
日本人が殆どおらず、西洋人が多くて、朝ごはんも食べきれない量があって、暑くなったらプールで泳いで、眠くなったらデッキチェアで横になり、時々リスが私たちの横を走る、という暮らしは、夢のような日々だった。

さて、当時の思い出を胸に、今年もバリ島へ行くか、と偶然ネットで知ったエアーアジアの航空券を初購入した。

が、学生ならまだしも、母である今の自分には誤った選択であった。海外の知人宅へ行き慣れていた私はチケットのみ購入して旅するスタイルは慣れているが、LCC(格安航空券)は使いこなすのにとんでもない苦労を要した。


■LCCのカスタマーセンターは助けてくれない

エアーアジアの安さの秘密は人件費がその一つで、サイトでは「ほとんどがオンライン上で完結できる」という触れ込みだ。しかし、これがなんと!ログイン出来る日と出来ない日があり、せっかくログインに成功してもウエブチェックインが出来ない、という事象が何度やっても起こった。

やむなくカスタマーセンターへ電話をした私は(電話は案の定、なかなかつながらない)その旨を伝えると、「ログイン問題はわからないが、ウエブチェックインはできなくても当日カウンターですればいいから問題ないです」という丁寧な回答を受け、噴火した。

「いやいやウエブチェックインしたいからやってるんですけど」と言ったら、「こちらでは助けられない」と言われた。質問が何一つ解決されず、何のためのカスタマーサービスなのか、全く分からなかった。

これ以外にもLCCの安さの秘密はサービスの細分化による課金システムで、荷物も手荷物なら無料だが、預ける場合は費用がかかることが判明した。(手荷物は7kgまで無料、それ以上は有料で5000円前後/20kg以内←こういう知識もLCC利用には必要)
そこで事前申請を試みたが、先ほどのログイン問題が生じて失敗した。ならばLCCメリットを享受しよう、と私は気持ちを切り替え、体重計を横に置いて無料で乗るために荷物の重量チェックを行った 。


■まさかの重量オーバーで超過料金発生!

出発日。出国は早朝8時半だった。いつもなら近所からリムジンバスだがLCCの朝は早い。仕方なくJR渋谷駅から日暮里駅経由で京成スカイライナーに乗り、出国ゲートへ向かった。エアアジアは安いので、一番端っこにあった。

 チェックインしたら、まさかの重量オーバーで6000円払えと言われた。
前夜の労力がパーになった。深夜に夫が荷物を入れたせいなのか、とすがるように主人をみたら「いいじゃん、払えば」と事もなげに言われた。彼は私の労した姿を知らない。

なお私がブスッとした顔をしているので、夫が私の耳元で言った。

「パパが言ってたじゃん。“困ったら金で解決しろ”って」

確かに困ったらお金である。しかも、ここで怒ったらもったいない。たかが6千円という考えも出来る。
注:父の意図は、(旅行)代理店を使わないのだから、旅では困ったら金で解決しろ、ということ。

その言葉を思い出すと、ああ、そうしよ、と気持ちがスーッと楽になった。

かくして、LCCにドキドキし、波乱万丈ながらも、搭乗した。なお、その後離陸まで1時間かかり、予定の到着時間を一時間半オーバーしてバリのテンパサール空港に到着した。やっぱり、LCCだよ、と私が怒っていたら、知人曰く、ANAでもJALでも同じことは起こるよ、ということだった。そうなのかね。

■こぼれ話(後日談)
機内搭乗後、座席に座るとスチュワーデスさんが「ミス田中?」と聞くので、怪訝な顔をして、「イエス」というと、チェックイン時に置き忘れていたよと私のクリアファイルを渡してくれた。中にエアアジアのeチケットが入っていたので私のものと判明したそうだ。

夫が、「わー、すげー」と驚き、
私が、「置き忘れたことすら知らなかった」とケロリと言い、「そういえばこの中に現金も入ってたんだ」と白い封筒を見せたら、彼がひっくり返っていた。

「しかしこれで君はエアーアジアが好きになったでしょ?」と彼は言ったが、うーん、それとこればどうかなあ……。

わが社のナシゴレンランチ(部長からの誕プレ)

うちの部長が、過ぎし私の誕生日を記念して、ナシゴレンを作って来てくれました!

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

ナシゴレン弁当

バリ島土産に渡したナシゴレンの素が、本物になって戻ってきました。
男の人が作ってくれたお弁当は夫以外、初めてで感激!

すごく、うれしい!!!

おまけに、先月バリ島へ奇遇にも行ったレオン課長の分も「作ってあげて」とお願いしていたら
「嫌だよ」と言ってたのに、ちゃんと作って来てくれました。部長、やさしすぎ。

これには、何も知らずにお昼のお弁当を買ってきてしまったレオン課長も大感激☆

2010/07/16 08:34

 「ありがとよ」 ※上記、7年前の写真
(お弁当は夕食に持って帰るということに)

次回はレオン課長が、お礼にミーゴレンを作ってくるそう。
ホントに作ってくるのかな?!

いやー、やっぱり職場にこういう暖かい空気は必要です!
久しぶりにわが社の良さを実感した瞬間でした!