月別アーカイブ: 2016年4月

花みず木祭りと二子玉川ビール

友を訪ねて三千里。

娘の幼なじみの勇姿を家族で見に来た。   

帰り、道端で二子玉川ビールを購入。

  
風が強かったので友人宅へ寄ることに。

 
せっかくだから、夕飯も食べていけば?と、誘っていただき子供はテラスでピザを食べた。

鯉のぼりが、ハタハタと泳ぎ、素晴らしきゴールデンウィークの初日に乾杯した。

慶應義塾大学に「講堂」を寄贈した人って誰よ?

・・・それは藤原洋さん、という方であります。
桜子との一問一答をココだけに発表し、末尾にインタビューリンクを載せました。
じゃじゃーん。良かったらぜひ読んでくださいね。


■1日のスタートはランニングと筋トレから

桜子「まずは、頭の体操で、昨夜の就寝時間は?」
藤原「0時半ですね。」
桜子「では、今朝の起床時間は?」
藤原「6時ぐらいかな。」
桜子「毎朝の日課はありますか?」
藤原「はい。朝5kmランニングをしてるんです。」
桜子「起きてすぐ?」
藤原「はい。ランニングの他に、腹筋、腕立てを50回、懸垂は10回やってます。」
桜子「わ、凄い!家に懸垂機があるんですか?」
藤原「あるんですよ。」
桜子「へえ~。では、好きな色は?」
藤原「白ですね。」
桜子「私もです・・・(笑)! とそれはさておき、では好きな言葉は?」
藤原「自分で作った言葉なんですけど、“知恵と、愛と、根性”。」
桜子「おおっ・・・知恵と愛と根性・・・。」
藤原「すみませんね、なんか、つまんなくて(笑)。」
桜子「いえいえ、とんでもないです。これまでの人生が知恵と愛と根性で凝縮されているんですよね。
   私、ご本を読みましたのでなるほどと思いました。座右の銘ですね?」

藤原「そうです。」
桜子「では、藤原洋の華麗なる経歴について振り返っていきたいんですけど。」
藤原「華麗ではないです。」
桜子「いや、華やかですけれども・・・。」

といって、取材させて頂いた内容については、こちら。IT業界の革命家、藤原洋のワークライフバランス

京都出張

京都に行った。

お昼に到着した。

空は青く、本日の最高気温25度はたしかにありそうという天気だった。
  
帰り、取引先がタクシーチケットで駅まで送ってくれた。

京都駅から夫へ子供のお迎えを依頼する。

撮りそびれた京都。

せめてもの記念に車内を撮影する。
京都はとてもキレイだった。

夫が作った靴

正しくは、ボロボロになったお洒落靴を、夫が貼り直し、スワロフスキーまでつけて、蘇らせた靴。

   
 
朝起きたら、靴がピカピカになってたので、娘、大喜び。
夜なべして作ったか、夫?!

2016マグネットお花見

朝は曇り空にたじろんでいたものの、出かけてみれば綺麗な桜と騒ぐ人の群に活気づき、来て良かった、と今年も皆で花見を楽しみました。 

   
集まりの出足が遅い昼間。

  ワンちゃん連れてお散歩。

1230から1930まで過ごしました。

多忙な中でご参加くださった方々、ありがとうございました。

また来年も同じ桜の木の下で。m(_ _)m