月別アーカイブ: 2008年3月

ノアの箱船

仕事中、ノアを思い出した。「ノアの箱船」のノアである。

ノアは神様からの啓示を受けて、村の人に「これから大雨が降る」と預言した。ところが信じてもらえず、わらわれたなかった。
それでもノアは神様に言われた通り忠実に設計図に従って巨大な船を作る。

少なくとも象二頭が入り、空の動物から地の草・肉食動物が入る大きさを作った。
長い長い年月がかかっただろう。
そしてその長い月日をノアは周囲の侮蔑や冷笑の中続けたに違いない。

それできっとノアは彼らに対して飽きることなく警告を発し続けたに違いない。

この態度、まさに電通鬼十則第なん箇条、
思えば新規ビジネスもこれに似ている。

罵倒されても摩擦があっても、信じてやり抜く
よほどいい案じゃなければ非難されるのがオチ。
思うに万人がいいというアイデアなら、それって既に言い続けてバカ

アイム ノット ファイン

近頃、生きていくのが苦しい・・・。
今朝は大格闘の末、ベッドから抜け出し、やっと出勤できた。

佐藤可士和がこう言っていた。
“自分の会社をつくったら、早く出勤したくなって目が早く覚める”

私にもそんな時はある。
けど、今は会社が好きだ嫌いだという前に、
ともかく、生きていくことが苦しい。

あー。苦しい・・・。

ごっそり落ち込んでパソコンを立ち上げたら、
外国からメッセージが届いた。

「ハウアーユー?」

戦闘モードでないとき、こういうメールはありがたい。
弱っているときは特に、気が紛れる。

「アイム ノット ファイン」

だって、自分が無価値に思えるんだもん・・・
正直にそう吐いた。そしたら。

「オー、ベイビー。どうしたんだい?それなら、こっちにおいでよ。アラバマでガソリンスタンドを買ったんだ。僕のそばにこないかい?君はこっちの暮らしがきっと気に入るよ」

・・・たまげた。ベイビーにもびっくりしたけど。さっきまでどん底だった私が、一気にアラバマ!!人生何が起こるかわからない。

でも・・・悲しいかな。残念ながら、1秒たりとも彼の隣にいる自分は想像できなかった。だって、この人と会ったの、たったの1回・・・。

本当に何もかも捨ててアメリカ行ったら、みんな腰を抜かすだろうなぁ・・・などと考え始めたら、さっきまで悩んでいた自分がばかばかしく思えた。

あまりの軽薄さ

時としてそれに救われる時もある。

追伸:タイトルが不適切という指摘により、タイトル含めリライトしました。m(__)m落ち込んでいる私を甘やかすことなく指導くださるM氏。その厳しさに感謝の涙です・・・。