イギリス最後の日(最終話)

帰国日の朝、空は曇っていた。

 イギリスに来てから連日晴れていたのに、帰る日になって曇りだすなんて、
神様ってばやっぱり私を贔屓してるのね、と悦に入った。(すみません)

 昨晩は滞在中の日々を振り返った。そしたら、夜中3時まで眠れなかった。

 夜遅く、キティが部屋に来て、お土産のお菓子や本をくれ、さらに昼間に
割り勘した日本料理店Wagamamaの昼食代をご馳走したいと言い出した
ほか、寄れなかったアンの家に、明日の朝、家を発つ前に挨拶しに行こう、
と言ってくれた。

 嫌なこともあったが、学ぶことも多い旅だった。

 キティを通して、二人が一つになって幸せを得る、というのは、
互いを理解し、尊重し合うことが必要だ、としみじみ思った。
相手の気もちを重んじるときは、自分の欲望を抑える必要がある。
 
 ということは、結婚とは二人が一つになるわけだから、いかに自分を捨て
相手を大事に扱うか
、ということが非常に重要なファクターになるのだな、
と思い、この先を考えさせられてしまった。

 閑話休題。

翌朝--家を出る20分前に、アンの家へ立ち寄った。
P1020865.JPG
もう会えないと思っていたアンに会い、メールアドレスをもらって写真を撮った。私は満面の笑みで嬉しさを抑えきれず。
 
 
そして、出発--キティ母(平日は仕事)が土曜日だからと駅まで車で送ってくださった。
目指すはニューキャッスル駅だ。

 駅へ向かう車の中で、私の頬は緩みっぱなしだった。
 
 帰るのがうれしかった。

 でもまたキティに「帰国するのが楽しそうね」等といわれるのはマズい、と思い、
両手で頬を横に引っ張った。

 到着して、出発まで時間があった。
 私はこの駅から約3時間半の急行列車に乗ってロンドン市内に入り、地下鉄を経由して
ロンドン・ヒースロー空港へ行く。長い一日になるなあ・・・と思っていた頃、

 思わぬ話が飛び込んできた。

 たくさんの取材陣と警備員がいた。なんと、こんな(失礼)イギリス北部の田舎駅に、
スコットランドから英首相が今から列車でやってくる、という。

 へー、すごーい

 と、事の重要性をあんまり理解せずに、「写真一枚ぐらい撮れるかなあ」とつぶやいたら、
あら、ぜんぜん平気よ、と言われたので、じゃあ撮影してくるー♪と、デジカメを持って取材陣
の中へ入っていった。

 ブラウン首相って、どういうお顔なのかしら?

 まあ、いいや、皆が騒げば分かるよね、などと思いながら、群れの後ろでカメラを持ち、
両手を上に挙げてシャッターチャンスを狙っていたら、すごいことになった。

 ワーワー キャーキャー

 首相が降りてきたらしい。ジャンプしたがよく見えない。
無駄にシャッターを押したら、ピーピーと音がして、メモリーカードがいっぱいになった。
あああ・・・こんな時に!と焦って必死になって不要と思われる写真をうつむいて削除を
処理していたら、
 背が低いからか、あれよ、あれよ、と人に押されて、気づくと目の前に、英首相が立っていた。

 周囲の雰囲気から察するに、そこは握手、の場であった。(証拠写真ここをクリック)

 信じられない展開だった。英国を発つ日に、その国の最高権威者と握手だ。
 私はなぜか、こういった〝時の人〝と出会う機会には非常に縁というか、運がある。
 (さらにこの日はブラウン首相の問題発言2日後のことであった)

 

 ブラウン首相ったら、わざわざ見送りに来てくれたのかしら?
 彼は私のファンなのかしらね・・・?

 と私が大真面目にいったら、キティ親子に笑われた。

 ハハハハハ(笑)

 --そして、私の列車が経つ時間になった。

 「今まで、お世話になりました。本当にどうもありが・・・・」
 
 と挨拶しかけたら、信じられないことに大粒の涙が出て、泣きだしてしまった。
 まさか泣くとは、これっぽっちも思ってなかったから、自分で自分にビックリだった。

 別れが悲しいはずはなかった。
 
 ストレスは相当たまっていたし、疲れていた。
 だけど、数え切れない恵みと人の出会いと、最後にあった出来事、
 これらが私を圧倒した。
 
 予期せぬエンディングは創造主の偉大なる力であった。
 私は神様を信じている、と普段言っているけれど、ミーハーであり、
 奉仕はあんまり好きじゃないし、祈る力もすごくない。

 けれど、こんなに未熟でダメなクリスチャンですら、神様はいつも見ており、
 自分の力では到底及ばないことをしてくださる。
 神様は確かに生きて働いているんだなあ、と思ったら、感動してんだと思う。
 まさか、泣くなんてね。

 感謝、という一言では言い足りないくらい、色んな意味で、実りが多い旅だった。
 (Fin)

あわせて読みたい関連記事