女性の仕事に対するマインドを前向きにするビジョナリーウーマン研修

金曜日、JR山手線で高田馬場まで早起きしてやってきた。

今日は会社の選択研修だ。
私はフランクリーコヴィ社のビジョナリーウーマンという一日講座を選んだ。
結婚や出産のライフイベントが多い女性の生き方を見つめ直す本カリキュラムは、産後に自分を振り返る機会がない私にはちょうどよいと思った。

IMG_3235.JPG

場所はリーガロイヤルホテル。
IMG_3234.JPG
会場につくと、会議室かと思いきや、宴会場に白いテーブルクロスをひいた丸テーブルが9つ並んでいて、1テーブルは6席だった。好きな席に着座せよ、というので、女子だけの華やかな雰囲気に圧倒されつつも、私はど真ん中の一番前の空席に座った。

だって、今日はやる気あるもん!

ちなみに、この選択は間違ってなかったようで、チームリーダーをさせて頂いたが、私のテーブル席はみな協調性があって(20代~40代、うち20歳の子供がいるというワーママもいた)、最後には「このメンバーで良かったね」と皆で笑いあうほど和気あいあいになり、たった一日の出会いはまた再会してもいいなと思うほどだった。
 ※セミナー中の議論では昨日彼と別れたばかりという告白まで飛び交った(笑)。

ランチ付きの1日コース(一時間休憩)。

IMG_3236.JPG

研修の中身は書いてはいけないので、内容は端折るが、私には気づきがいっぱいあった。
そして、今の自分は所帯を持ったから、最低限の仕事をこなして、家庭第一で生きればいい、と自分のこれまでの世界は捨てる予定だったが、そうやって肩肘張った決心をしなくてもいいのではないか、と思えた。
物理的には自分の時間がないので、なかなか自分の世界を持つこと自体は難しいが、未来は可能性に満ちている。
私たちの思考は何も縛りがなく、自由なのである。

そんなことを考えているうちに、ナチスの収容所に監禁されながらも希望を失わなかったコーリーテンブームのことを思い出した。今の私はコーリーと逆の安穏な環境下にいるが、それでも「子供がいるから私は○○できない」と発想しがちな〝依存〟状態を、自分が好きで選んでいるという〝自立〟に変えて主体性をもっと積極的に持つ訓練が必要だと思わされた。

子供がいながら自分の世界を持つことに迷いがあったけれど(というのは、私はどうしても子供を一番にしたいので)、家族はもちろん最重要のままで、まずは思考だけは自由に欲張る想像をしながら、やれるところまでやってみようと考えた。

というわけで、このブログは約3年余前から自分のためだけにと綴ってきたが、これからは少しづつ社会への情報発信も志していきたい。

みなさんお祈りと応援と助言を引き続き、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

by桜子