保育園の朝

  保育園の朝はいろんな家庭の姿を垣間見る。

今朝4歳児クラスのお部屋に入ると、
ベソをかいた女の子が先生に抱っこされていた。
見たら、先日妹が産まれたばかりの子だった。
確か昨日が産院からの退院日だった。

ママ、帰ってきたの?

と聞いたら、力なくうなづいた。

きっと帰宅したママが独占出来なくなり、
寂しくて泣いてるんだな…
と、容易に想像がついた。
うちに何時でも遊びにおいで

と声をかけて、部屋を去った。

駅へ向かう途中、見知らぬ男の子が、

「あっ、べべちゃんのママ‼︎」

と叫んだ合図で、挨拶を交わす。

学年別だと親の顔も分からないし、
ましてお父さんの顔は更に分からない。

ただ朝はお父さんが見送りの家庭が少なくない。わが家も本来は夫が朝の担当。

しばらくすると、娘のクラスメイトのパパが、ママチャリを走らせていた。

あの子のお父さん、
ああいう人なんだ

と、遠くからぼんやり眺めた。

たしか、海外出張が多いとあの子のママが言ってたな…

そんなことを感じながら
みんな頑張ってる姿に背中を押され、
駅へ着く。