オセロ中島騒動とベビーカー

 ワイドショーの報道が連日過熱している。

 オセロ中島の洗脳騒動にまったく興味がなかった私だが、日に日に報道が大きくなり、私もワイドショーを少し見るようになった。

 というのも、すこし他人事ではないからだ。

 家のそばに、中島知子の住むマンションがある。ちょっと前まで、そこに報道陣は2-3人しかいなかったのに、その数は増え、今日あたり減っているかと思って数を数えたらなんと9人もいた。

 夕方18時、マンションの前に黒っぽい服を着た大人がずらっと立ち並んで、その横をキーコキーコとベビーカーを押す私。ここは、ベベのお散歩コースでもある。

 ずっと以前、母親がうちに来たのでこの前を通ったら、ちょうど15時過ぎだったから生放送なのか、歩道でインタビューが行われ、カメラが廻っているようだった。

 私たちは自宅からそこをずんずん通って行く予定だったので、ベビーカーを押してその横を突っ切っろうとしたら、母が車道へと誘導するので、「なんで、私たちが車道にでなきゃいけないのよ!」と憤慨したものだった。

 そう言われてハッと気づいたらしく、「あ、そうね?」と母は笑ったが、私は半ばプリプリして、「こっちはベビーカーなんだし、歩道でインタビューをやる方が悪いよ」と言ったような気がする。スタッフと思しき人が、こちらに軽く会釈をしてくれ、詫びてくれたのだが、あれは放送中だったのだろうか。

 あれから2週間。まだ今日も人がいる。記者の方々はいつまであそこに立っているのだろう。福山雅治も、早く家に帰りたいに違いない。

 話はやや逸れるが、ここに引っ越してきて、記者が張り込みをするっていうのは、こうやって行われていて、本当に張っているんだな、ということがよくわかるようになった。