タグ別アーカイブ: 観光

初めてのロンドン

 イギリスで何をしたい?とFacebookでキティにしばしば聞かれたけれど、私には何のアイデアもなかった。それでたまたまM氏に相談したら、彼はそう答えた。
 それが何の因果か、私はロンドン三越へ足を運ぶことになった。なりゆきは、こうだった。

 キティと再会した後、ホテルへ向かい、部屋に着くなり彼女が言った。

 「桜子、日本が恋しい?ロンドンにジャパンセンターがあるよ。行きたい?」

 一瞬耳を疑った。
 
 「え!?ぜんっぜん、行きたくないよ。私、日本人だから。それに今日イギリスに着いたばかりでしょ!?」

 と、驚き笑いをしたら、キティも笑った。---それが、初日。

 ----------------------------------
<これまでのあらすじ>
約1週間の英国旅行をすることになったイギリス人キティと私。9年前、彼女と私の間にいる友の結婚式を通じて私たちは知り合ったが、その後何の音沙汰もなかった。それが、突如、再会することになった。
----------------------------------

「僕だったら、ハロッズ本店を見に行きたいですね」

と、三越のM氏は言った。2日目。ロンドン観光へ出かけようと身支度を整えていたら、彼女が2度目の出会いとは思えないお願いをしてきた。

 「桜子、ちょっと、抜いてくれない?」

 彼女が指差すそれは、白髪だった。後頭部に白髪があるのが嫌だ、自分ではとれないから抜いてくれ、と言う。

 私は日本でも友達に白髪を抜いてくれ、と頼まれたことはない。これは私が知人から友達へと昇格した証だろうか?と思いつつ (後日、彼女は30歳と判明。ちなみに私にまだ白髪はなし)

 「そりゃそうだよね、後頭部に目はないもん。」と言って、彼女の頭を押さえ、痛くないように根元をつまんで丁寧に白髪を抜いた。1本抜き、2本抜き、3本目を指差すので、それも抜いた。それで終わった、と思ったら、今度は私にピンセットを手渡してきて、もっと取ってくれ、と言う。

 「ねえ、キティ、ぜんぜん、目立たないし、大丈夫だよ」

 それに、そんなに抜いたら禿げちゃうよ、と言いたかったが、”禿げ”の英単語が出てこなかったので、それは控えた。
 
 それでも彼女が一生懸命、手鏡で後ろの髪を照らして白髪を捜すので、私はそれに付き合った。

 このとき思った。
 事前にロンドン観光ブックを読んでおかなくて良かった、と。

 出発前にガイドブックを幾つか入手したが、読む気にならなかった。それはこのときのためだったんだね!と、神様に感謝の念すら覚えた。

 もし読んでいたらイライラしたに違いない。初めてのイギリス、普通の日本人なら早起きして、外へ飛び出すはずである。

 しかし、私には何の意志もなかったから、彼女の白髪を穏かに見つめていた。時計を見たら、針は既に11時を刺していた。

 
 --外出。天気は素晴らしく良かった。

 2階建ての赤い観光バス(※25ポンド払うと一日中バスに乗り放題かつ、乗降自由という観光サービス)に飛び乗った。バスがぐるぐる市内を廻る中、色んな国の観光客が乗降するが、私たちだけずーっと座り続けていた。

 「ねえ、キティ、私たち、いつまでずっとこうしているのかしら?」といったら、彼女が笑い出だした。私はもはや落ちる(寝る)寸前だったのである。
 
 ロンドンブリッジやバッキンガム宮殿の兵隊など、遠くから眺めるのではなく、降りて直接見たかったのだが、キティの考えは、ともかく一度ぐるりとバスで一周してから、二度目に廻り始めた時にどこかで降りよう、というものであった。

 それはあまり良い考えだと思えなかったが、彼女はイギリス人であり従うべきだ、と判断した。だが、結論から言うと、私は見たかったものはおろか、バス一周すら出来なかったのである。

 というのも、途中でお手洗いにいきたくなって途中下車したところで、ジャパンセンターをせがまれ、ついでに隣にあった三越に、「あ、三越だ!」と私が叫んだ故に、キティをロンドン三越へ連れて行く羽目になった。(彼女はジャパンセンターの隣にあるそれが日本の百貨店だとは知らなかった)
 また、ランチはバスで食べようと言う私に、公園で食べよう、と彼女が言うので結局それに付き合った。

 その日、私が強く頭に残ったのは、ジャパンセンターと三越と公園だけであった。
買い物も、ハガキ10枚とロンドンバス型のポーチ1個しか買えず、こんな観光は初めてであった。

 明日は移動である。これでロンドン観光はおしまいだ。
が、まあ、それもいいや、と思った。 

(つづく)


京都タクシーと私(その2)

「京都タクシーと私(その1)」から、10数年ぶりの京都出張。

その1で書いた話は、つづきがあって、
ハイヤーの運転手さんとはその後、年に1度の年賀状友達になった。

あいにく、数年前にその関係は終わったものの、
神様は新しい運転手さんを紹介してくださった。

桜子イン京都.jpg
京都在住、S氏。

かつて東京に住んでいたS氏は、「運転手になった」と言って京都へ引越された。
「京都に来ることがあれば、ぜひ利用ください」と言われていたのもすっかり忘れて
旅立とうとした瞬間、家人からS氏の携帯番号を手渡される。

連絡したら、私が泊まったホテルを聞いて、S氏が喜びの声を上げた。
なんと、S氏勤務の系列ホテルだという。

これはいいね、と喜んで

私はさっそく仕事の移動に、利用させて頂いた。

今度はハイヤー観光でなく、自腹だけど(会社事情によりタクシー利用不可)、
上司から怒られることもない出張ができた。

すっかり大人になったワタシ。


京都タクシーと私(その1)

century_exterior_1.jpg

今回京都へ出張するにあたって、ふと思い出した。
そもそも、生まれて初めて泊まりがけで出張した先は、京都であった。

広告代理店に勤務していた頃、上司が私に言った。

「仕事が終わったら、観光してきていいよ。
 タクシーだったら、いくら乗っても構わないから。
 ただし、領収書をとっておけよ」

それで、私は言われたとおり実行すべく、考えた。
097.gif〝タクシーを使って効率よく観光するには?” 
すると「観光ハイヤー2.5時間 15000円」という看板が目についた。
京都には時間制のサービスがあることをそのとき知った。

黒塗りのハイヤーが、私を乗せて京都の祇園をかけめぐる。
右へ左へ、車が静かに走り出し、23歳の私は居心地が良かった。
白い手袋をはめた運転手さんが、大人のように私を扱い、丁寧に話しかけてくれる。
観光名所に停まれば、彼も私と共に降りたって、白い手袋をはめたまま、
うやうやしく、お付きの人らしく、私に傅いてくれる。

(なんだか、すごく、いい気持ち・・・!)

境内を見渡せば、、このような観光をしているのは自分だけのようであった。
心なしか視線も感じて、私は書きながらそのわけに今気付いたのだが、
そうだ、あれは、観光タクシーではなくて、ハイヤーだったからだ・・・!

しかし、そんなことは、その時は気づかなくて、優雅な時間とラブリーな体験に、
単純に喜んでいた。

後日。


 「バカ野郎!!」
 

と、大きな怒鳴り声が飛んできて、上司にものすごい勢いで怒られた。

 「いくら使ってもいい、とは言ったけど、(領収書が)1枚じゃねーか!
  どうやって、こんな額になったんだ!?」
 
 「え!?観光タクシー!? お前、自分で観光して、そのつどタクシー使えよ!
 こんなんじゃ、領収書、切れねーだろ!!!!」

 そのときの私は世間知らずだった。
 お金の出所や仕組みなんて何も考えず、ただ言われた通りをすればいい、
 と言葉だけを信じていた。

 若かった。

 ・・・本当に若かった。

 いまでも思い出す、京都タクシーの思い出である。  by桜子

 追伸:結局、自費清算しました・・・。