タグ別アーカイブ: サンフランシスコ

日系企業のハロウィンパーティー

午前中訪れた会社でお昼近くになり、ハロウィンパーティーに混ぜていただいた。


*せっかくだから、どうぞと仮装グッズを貸してもらった真ん中の私。

12時半、サンフランシスコ行きの無料シャトルバスに乗り、サンノゼ空港からサンフランシスコ行きの電車に乗った。

初の電車はなかなか良かった。旅情気分になる。

が、私はともかく眠くて、終点まで爆睡。

その後、初のウーバ体験を済ませ、約束した人との打合せをしたら、あっという間に夕方。

近くで、IOTオープンハウスをやっていた。


私に馴染みがあったのは、ベビーモニター。使いづらそうだけど、着眼点は共感できる。
アメリカだからなのか、サンフランシスコの中心街で、まるで画廊のようにIoTグッズの展示がひっそり置いてあったのには驚いた。消費者とIT機器の距離が生活に近い。この感覚が日本にもあるといいな、と思った。(デジタル機器の浸透が早いので)

その後、夜になり、同僚と別れ、私は地下鉄で友人宅へ向かった。
彼女とは知人を通して、知りあったが、再会は7年ぶりで、会うのは数度目である。

寸前に彼女の家を調べると、宿泊先のサンノゼから遠く、
地元の人に聞いたら、車で1.5時間とかかるというので、やっぱり、会うのは難しそう、と電話口で言うと、

「でも、これが今生の別れになるかもしれないんだし、
貴方の声を聞いたら運転する気になったから、ともかくいらっしゃい」

と言う。

先週義父を亡くした私に、この言葉は今いちばん利く。ともかく、行こうと思えた。

初の地下鉄@サンフランシスコ。
浮浪者が寄ってきてやや怯むも、もたもたしている暇はなく、何かあったら逃げよう、
と思いながら切符を買う。

ところが、買い方がいまいち分からない。
困っていたら、浮浪者が助けてくれた。人は見かけで判断してはならぬ。
ありがとうと心からお礼を言い、さっさと改札口へ向かった。

私の隣にこの人が座っていて、世間話をしていたらウマが合った。

※私の友人ではない

別れ際に、ハロウィンが好きか、と聞かれたので、好きじゃないと答えたら、
それでも、といって手にしていたガイコツのハロウィングッズをくれた。私の娘へのお土産に、という。

ぜったい、うちの子いらないな、と思ったが、その好意をむげにもできず、
こちらは返すものがなにもないので“God bless you”と神さまの祝福を送った。
すると、あちらも“God bless you”といって、互いにクリスチャンだと知り、和やかに別れた。

そして、駅に友人が車で迎えに来てくれた。
私たちはあっという間にいろんな話をした。
自分が結婚したこととか、彼女の今の仕事や生き方、また大統領選の話まで。

彼女もまたクリスチャンで、神様のくださったご縁に感謝だった。


ご馳走になったシャンパンとお肉。

なお、帰りは車で40分ほどであり、私の一番心配していた点は無用であった。

まさしく、主の山に備えあり、を実感した瞬間であった。