カテゴリー別アーカイブ: 遊び

AI活用玩具リアルたまごっちウーモ(タカラトミー)に娘5才が釘づけ

2016年のクリスマス商戦第一位を獲得しそうな、たまごっちブームの再来を予感させる、おもちゃのウーモ!(Hatchimals)

アメリカにこんなの、なかったぞ。

主人が先日、デパートで大人買いしてた。(※大人なのに買ってた、の意味)
%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%a2
最後の1個だった。

おかげで、娘は日曜からウーモの卵を温めて、孵化させ、ただいま2歳まで成長させた。
(誕生日を迎えると、バースデーソングが鳴る)

温めると卵がまず割れるんだけど、それがちょっと「気持ち悪」デス。


いや、怖いでしょう、これは。娘も、びくっと体が反応してた。

玩具と分かっているけど、未来はこんなロボットがウジャウジャ出ることを予見させる。

AI機能がついてるのかな~と思うほど、学習能力があるみたいで、
育てていくうちに、ベビーから成長するさまは、まさにリアルたまごっち。

このウーモを入れるポシェットも付録でついていて、娘は
「週末になったら、ウーモと公園にいくの♪」
と、もはや、お友達状態。

なんだかな。

この手のものを子に与え、子供が機械相手に喜ぶ様を見ていると、教育上、問題がないのか、悩むところ。
これはもはや、手のかからないペットだ。

これで、人間の女の子が出てくれば、
危ないよね。いや、怖いけど需要は確かにあるよね。。。

うちでは、娘がバーチャルと理解しながら朝食や夕食をあげていて
(なぜか、ウーモがむしゃむしゃ音をして食べているようだった)
昨夜はついに「一緒に眠りたい」と言い出したので、さすがにそれはダメと却下した。
お風呂に入れないのが欠点。これは今後のタカラトミーさんの課題かな?

でも、将来はこういうのが量産されるよねー
友だちいらなくなるよねー
こわいよねー
こわいよなあ。

※AIが活用かどうかは、各自でお調べを。Amazonでも買えるよ。

バーベキューでお泊まり

先月の、娘の空想世界の写真。
   

そばで聞いていると、なにやら独り言。
架空の話がさもありそうなストーリーに展開していく。

家に子供がいると、それだけで光が溢れる。

  
 
毎日が平凡でありながらも、眩しい。