2014年渋谷区保育園申込嘆願書

さっきの続き。
今年、私がどのように申し込みしたかというと、
こんな感じ

つまり、受かるわけないと思っていたので、
応募が始まるや否や、さっさと提出(申込順にして3番目程度)。

去年、申し込んだ際、1時間余待たされて子連れで苦労したので、
朝早く提出して、混雑を避けたのだ。(これは大正解でした)

提出時に面談らしきものがあり、
そこで訴えると、担当の人がメモをとってくれる。
が、去年アピールしても役に立たなかったので、
今年は一切、訴えなかった。

むしろ、
「どうせ落ちると思うので・・・」と
非常に可愛くない態度をとり、淡々と書類を出した。

つまり、嘆願書は出さなかった。そしてアピールも一切しなかった。
だけど・・・受かった!

受かった、という表現が正しいのかどうか疑問だが、
私の場合は、第二希望の保育園内定がとれた。

ちなみに第一希望の保育園では入園者枠が1名だった。