妊婦は泣く

以前書いた落ちこぼれ妊婦の日記に少なくない反響を頂いた。

昨日などは、ふだん話をする機会がない某課長が、
わざわざ私の席まで来てくださって、

「ブログ、読んだんだけど、うちのかみさんの場合は・・・」

と、ご自分の家庭事情を打ち明けてくださり、
とてもうれしかった。

また、経験者(現ママ)からは、

‘その気持ち、わかる~!’といった声と同時に、
‘こんなものじゃないから。これからもっと泣くから’

という恐るべき助言を賜り、私を恐れおののかせた。

しかし、冷静に考えてみると、

思えば私自身も、今なお、親の悩みの種だから、
子は、誕生した瞬間から親を泣かせる存在として
永遠に君臨するのだろう。

じゃあ、なんで、子供を産むのかって

そういう存在を持つことに、
思わず眉をしかめちゃうけど、

子供とか、親とか、

計算で作れるわけでも、

なれるものでもなく、

まさしく、神様がそういうふうにした、としか
言えないような

これぞ、まさに

『人生』。

ああ、これから大変だ(××)。


人は女から生まれ、人生は短く、苦しみは絶えない。
花のように咲き出ては、しおれ、影のように移ろい、永らえることはない。
(ヨブ記14章1~2節)

人生の年月は七十年程のものです。
健やかな人が八十年を数えても 得るところは労苦と災いにすぎません。
瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。
(詩編 90編10節)

追伸:私の発言によって、元気を失った胎児のその後だが、
   3日後あたりから、回復。これも、夫が毎日、
   〝ママが言ったことは気にするなよ~。僕は待ってるよ~。
   安心して出てきてね~〝と話しかけてくれたおかげである。m(__)m