よなよなダンスに見る和田アキ子と、私の叔父さんの不死鳥ぶりがハンパない

 和田アキ子のYONA YONA DANCEを、小学四年の娘がアレクサに歌わせ始めたのはいつだっただろう。 
 在宅勤務をする私の背後に流れるブルースに、(なぜ昭和のR&B女王、和田アキ子を娘が知っている?!)と訝しがりながら、仕事が終える頃になると、忘れていた。
 
 それが今夜、娘がまた、「アレクサ、和田アキ子の“よなよなダンス”かけて」と命令しているので、「なんで、知っているの?」と聞いたら、彼女は、「和田アキ子って女の人?それとも男の人?」と言う。

 ググってみて、YouTubeを見て、なるほど…と理解した。

和田アキ子が全面に出るのではなく、イラストを使ってTikTokで流行らすこの感じは、まさにイマドキ!

私は、フレデリック氏(TikTokでバズる楽曲を熟知するプロデューサー)を知らず、このヒットが練りに練った戦略の下に実を結んだ、当然の結果であったとしても、今の娘世代(小学生)に、昭和のゴッド姉ちゃんこと、和田アキ子が華麗に蘇ってきたことが、ものすごく、うれしかった。

私は何度か曲を聴いて、頭の中に何かが駆け抜けていったのを見逃さなかった。

なんだろう、この感じ…。最近、どこかで経験した…。

そうだ!!!!!
レビー小体型認知症になった、私の叔父さんにそっくり…!!

昨年蛭子能収さんがレビー小体型認知症になった報道があったが、その少し前に、私の叔父は、レビー小体型認知症と判明した。
叔父のそれは、蛭子さんよりずっとひどく、単独で外出はできず、一歩の歩幅はちょこちょことしか歩けず、じっと座っていられず、呂律が回らず、議論好きな叔父のお喋りは遠い過去になり、別人へ変貌していた。

大きな体は痩せ、私は、もう余命が短いことを覚悟して、友だちに祈りをお願いし、一人でお見舞いに行くのが怖くて、夫についてきてもらうほどだった。

その叔父が…なんと、まさにアッ子さんのように、不死鳥のごとく、蘇ってきた。世田谷区の映像が送られてきたのは、3日前だ。なんと公の場で、自身の病を喋るという講演会でパネルディスカッションに登壇するまでに回復・・・!!!これはすごい、事件だ!!!

「ねえ、神さまってすごいわよね。今までの彼がやってきたテレビの仕事も、人間関係も、すべてが益とされたのよ。苦労してきたことも、すべてが無駄じゃないのよ」と、母が驚嘆していた。

私は、そんな叔父に、聖書の詩篇103を贈りたい。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。

あなたの若さは、わしのように、新しくなる。

まさに叔父は、蘇ったのだ。

by 桜子

あわせて読みたい関連記事