タグ別アーカイブ: 子育て,イライラ,不安,二歳,イヤイヤ

2歳児を育てる私の悩み(2)

朝、夫に言った。
「・・・私、いま、ちょっと(娘と)マズいかも。」

「うん、目を見て、僕もそう思った。きみ、一人の時間を持った方がいいよ。」

だけど、娘を預ける良い場所が見つからない。
保育施設に預けようとしても、娘のポツンと立つ姿を見ると、可哀想で預けられなくなってしまう。

「そう言いながら、きみが精神的にやられる方がよっぱど困る」と、夫。

それはそうだ、と思い、慌てて一時保育を探した。
すると、運の良いことに2時間預かってくださるところが見つかった。

さあ、ならば、保育をお願いするまで何をして過ごそうか。

お部屋の掃除機をかけようか、あるいは、、と右往左往していたら、
「ママー!おっぱい!!!」と、娘。

・・・私は事情があって自然卒乳派だ。だから自業自得なのだが、自分に余裕がないとき、授乳は高ストレスだ。

「そうだ、イチゴ食べる?」
と、授乳以外に興味を持つよう促しても、
「いらない。ママ、おっぱいがいいの!」
と娘は主張。
彼女が泣けば、私も別の意味で泣きたくなる。

ああ・・・もう、自分の時間がない!
働いてるママが羨ましい!
保育園に預けられるママが羨ましい!!

発狂しそうだったので、部屋の片隅で頭をかいたが、
芝居のような行為でストレスは飛ばず、
私は娘に背中を向け、顔を隠し、
「助けて、助けて」とブツブツ
小声で祈りともいえない何かを発した。

ああ、ホントに私、マズイよ
( i _ i )

そう思って、泣く娘を預けた。
やはり、そんな状態の私でも、
娘が泣くと、預けるのが辛くなる。

だが、今は私のメンテナンスが大切だ。
カフェに入って、紅茶を飲んで考えた。

私はなぜイライラするのだろう。
何に私は苦しんでいるのだろう。

単なる「育児疲れ」ではない。
育児は結構、好きだ。
だけど、昨日から今日は頭がオカシイ。

いろいろ考えて、答えを見つけた。
2歳娘を育てて、辛いこと。

それは、
娘の全人格と健康が私1人に100%かかっている
という重責だ。

世のお母さんは、みな子育て経験者だ。
だから、悩む必要はホントはなくて、多分、私が真面目すぎると思う。

だけど、私は娘が大切で、特に神様から預かった賜物があると思うから、私の自堕落で彼女に傷をつけたくないのだ。

神様は聖書でこう言っている。

●明日のことは明日が心配します

●空の鳥を見なさい。
種蒔きもせず、刈り入れもせず、
倉に納めることもしません。
けれども、あなたがたの天の父が
これを養っていてくださるのです。
あなたがたは、鳥よりも、
もっとすぐれたものではありませんか。

だから、私の重責は、神様に委ねていない証拠だ。

何か壁にぶち当たるたびに、
結局は自分の信仰の弱さを思い知ることになる。


2歳児を育てる私の悩み

数日前、何がきっかけだったか分からないが、
突然、娘の顔を見て憎らしくなった。
娘を可愛いと思えなくなった。

夜、ママー!と白い歯を見せてにっこりと笑いかけるべべが、スローモーションのように笑顔を消していく。
能面の私に気づき、口を閉じて唇を一文字に結ぶと、
じっと上目づかいに私を見て、眉間にシワを寄せた。

まずい、まずい

と私は思い、
笑わねばと思うものの、笑えず、
せめてふつうの顔をしよう、
と装うものの、

娘は私を見ると、また眉間にシワを寄せ、悲しい顔をした。

娘を連れて、寝室で真っ暗の中、祈った。

「神様、助けてください。助けてください・・・。」

娘と仲良くやれるように、というようなことを祈り、「アーメン」と言ったら、
娘が私の腕の中で「アーメン」と言った。

まだ起きていたのだ・・・!!

そして暗闇の中でこう言った。
「ママ・・・よろしくね。よろしくね。」

ドラマだったら涙が出る場面だ。
私は泣かなかったが、娘に対する申し訳なさでいっぱいだった。

どうして、急に娘が可愛くなくなったのだろう。
むしろ、べべはどちらかといえば聞き分けがいい。

明日は子育て出来るだろうか。
不安を覚えて、その夜、眠りに落ちた。