子育ては忍耐?それとも自分磨き?

先週木曜日に私が拝聴した「乳幼児の育ちのみちすじ講座」で、「子育ては忍耐なのか、それとも自分磨きなのか?」という問いがあった。
それに対する教授からのアンサーは、ママは試されている、ということだった。

世界中のどこにも、一人として同じ子供はいない。
その子供たちに対して、どこまで肯定的に受け止められ、傾聴することができるか、と。

子供の個性というのは不思議だ。
広い世の中で数え切れないほどの人が、一人一人違ってみんないい。
神様がなさった御技は実にすばらしい。

というわけで、東京成徳短期大学の寺田清美教授から伺ったお話を、全国のママへシェアし、自らのために記録する。(この講座は渋谷区民向けの講座で、保育園関係者もいらしていた。私は一歳児の母として拝聴して実によかった。それはこの講座を企画された方自身が「私が育児をしているとき、知っていたらよかった」というご経験に基づくものだったからだと思われる)

あわせて読みたい関連記事