働く女の現場から

NTTグループの東海林桜子です。

いま女性の社会進出が当たり前の世の中で、
企業や業態を問わず、多くの女性が悲鳴をあげています。

本日は東海林桜子が、働く女性の現場をレポートします。

No.1【セクハラ】

東海林桜子 「セクハラを受けているんですね?」

Cherry    「いやー、そういうとオーバーですが・・・。女性だから、
         というので、よくからかわれています」

東海林桜子 「ほう。例えばどんな?」

Cherry    「例えば…って言われちゃうと、すぐに出てこないですけど」

東海林桜子 「では、昨日はどんな日でしたか?」

Cherry     「ああ、確かに色々言われました! 
         今でこそ仲が良い方なので、私もまったく気にしていないんですが、
         知り合った当初はかなり戸惑いましたね・・・」

=========(Cherryの昨日回想シーン)=========

PM2:00 クライアントを訪問する。

 「こんにちはー」

お客様、ちらっと私の顔をみる。
私、いつも指定の会議室の席に座る。

 「あれ、今日は綺麗じゃない?」

おっと、また来た。しかし、私もたくましいんだぞ。

 「今日、です。」

お客様 「そうだね、ハハハ」

しかし、敵もさるもの。15分後に攻撃は再開される。

「なにか、いつもと違うね・・・。
 あっ、わかった!眉の形を変えたでしょう?」

上司、驚いて私を見る。「気づかなかった・・・」

私 「いや、まったく変えてませんから。」

お客様 「ううん、絶対なにか変えてるよ。色かな?」
 (と言いながら眉を化粧する仕草をする)

※実はいつもと若干違うアイブローを使っていたが、
 しかしプライベートに顧客への説明責任はないのでスルーする。

30分後、パソコンを叩く私の手元を覗き込んだお客様。

 「あれ、今日はどうしたの!?マニキュア、塗ってないね。
  わかった!彼氏のとこ?ん!?(家から)直行!?」
 (といって、手であっちの方向を示すジェスチャー)

私、無言で笑顔。 (よくみてるな~・・・)

※香港へ行っていたため、マニキュアケアが出来なかった。
※個人的には非常に気になっていた。

お客様 「ほら、だれも君のことかまってくれないでしょう?
      だから(僕が)かまってるの」

そこから30分後。7人会議の席でコンテンツ話をしていたときのこと。

お客様 「ウエディングコンテンツを生かすか、削除するか。
      ここに独身女性が二人いるからねえ、どうしようか」

私     「・・・」
      ※この話と自分が独身の関連性はゼロ

他社女性 「・・・」
       「削除しておきましょう。削除したら私の婚期が延びるかも
        しれませんが、そうしましょう」
    
私、吹き出す(笑)

お客様  「そう?そうね(笑)」

私は思わず大声で言った。 「独身とこのコンテンツに何の関係もないから!!」
 

・・・すでにタメ口になっていたのは言うまでもない。

※ただいま私のセクハラ体験募集中⇒sakurako*magnet-net.sakura.ne.jp/sakurako-wp/images
(*を@に変換してください)

※実話ですが、顧客との関連は良好です。
※顧客もホントは非常に良い人です。